カテゴリ:食べ歩き( 19 )

エキスパート打ち上げランチ(LA ROSA DEL VIGNETO)

エキスパートの1期も無事終わり、先日、講師3名で打ち上げランチをしました。伺ったのは、広尾のラ ローザ デル ヴィニェート。
以前の「イタリア好き」の「ピエモンテ編」のパーティーの料理が素晴らしかったので…….。
是非もう一度 後藤シェフのお料理を頂きたかったのです。
今日は、頂いた芸術の様なお料理の画像をご紹介します!
d0128354_235493.jpg

左からチーマ・白レバーのムース・穴子蒸し ウニ添え・鯵のエスカベッシュ・タコのテリーヌ
d0128354_23541218.jpg

野菜の出しが効いたミネストローネには、サマートリフがたっぷり!
d0128354_23541514.jpg

パスタは全て手打ち キターラ・ガルがネッリ・イカスミのタリアテッレ
d0128354_23541786.jpg

鯛のポワレには、さりげなく茄子のムースが添えてあり、相性が抜群でした!
d0128354_04462.jpg

ドルチェは3名が違う種類を楽しませていただきました。

日本の旬の食材を取り入れたイタリア料理、バター、生クリーム、ニンニクは極力使用しないシェフのこだわりがスゴいです!
そして、中庭のある、ゆったりとした空間は相変わらずゆったりと食事ができました。
さて、今週からエキスパートの2期が始まりました。
2期は中部イタリアの料理を極めます!
適度に食べ歩きなどをしながら、ますます、素敵なお料理ご紹介したいと講師共々、決意を新たにしたランチ会でした〜。
by la-fonte | 2012-08-25 22:30 | 食べ歩き

仙台のアルフィオーレ

学校協会の総会の前に、仙台のアルフィオーレでランチをしました。
こちらの目黒浩敬シェフは野菜・ハーブ・生ハムに至る迄、自分で作れる物は、自分の畑や工房でつくってしまうという方。他の材料も地元の物のみ、まさに
「地産地消」素材と味にこだわった独創的なイタリアンのお店です。
以前、情熱大陸で取り上げられた事もあるのでご存知の方も多いかもしれませんね〜。実は仙台で総会決まったときに、行ってみたいけれど〜、「一人で行くのはちょっと寂しい!」っと思っていたのです。
でも、総会の数日前に三田でお教室をされている、順子先生が誘ってくださってラッキーでした。
d0128354_16225229.jpg
お店は坂の途中にあります。眼下に広瀬川を臨む素敵なロケーション。もう少し上って行くと自家菜園があるそうです。
d0128354_16231898.jpg
店内はオープンキッチンになっていて、シェフとお話しながら食事が出来ます。生ハムも下がっていて、イタリアのトラットリアに来た感じです。お料理を御紹介します。
d0128354_16234714.jpg

5種類の生ハムは全て手作り、特に仙台味噌と柚子胡椒の風味の物が美味しかったです。
d0128354_1624858.jpg

    グリーンアスパラのムース。アズパラの風味が際立っていました。
d0128354_16243073.jpg

筍と山菜のタリオリーニ 木の芽がたっぷり添えられて春がお皿に凝縮されていました。
d0128354_1625775.jpg

三陸沖で穫れたお魚のポワレ葉タマネギのソテーに仙台味噌で作った蕗味噌風味のリゾットが添えられていました。
d0128354_16253749.jpg

ティラミスとジンジャーと柚子のシャーベット。

どれも、ナチュラルな素材を使っているだけだけあって、全体的に優しいお味ですが、大地からのしっかりとした息吹を感じました。
ところで、目黒シェフがイタリアで一番好きな街はボローニャだそうです。私も大好きで、比較的長く生活をしていた街なので、なんだか嬉しくなって、親近感がわきました。澄んだ目をした素敵な青年でした〜。そして、仙台は「海が近いし!山が近いし!米が美味いし!」っと故郷を愛してお料理をしているのがとても良くわかりました。
d0128354_1626256.jpg
ということで、最後に順子先生と3人で記念撮影をしました!!
機会があったらまた是非行ってみたいと思います!
丹誠込めた素材を使って、心を込めたお料理をありがとうございました。
by la-fonte | 2012-05-26 16:49 | 食べ歩き

人気フレンチ オゥベック

 今日は、コペンハーゲンの人気シェフ ラスムス・オゥベックさんのフレンチレストランへ行きました。噂どおりの洗練された料理&ワイン、とても美味しかったです!!
d0128354_3394385.jpg

シンプルな看板、ディナーの予約は10日~2週間がベストと言うから、かなりの人気店。
今回、行けたのはラッキーでした。
d0128354_3401817.jpg
ホタテのソテーのオランデーズソース添え なんとソラマメがツルごと入ってました~。全体を新鮮な野菜の風味が味を引き締めていました。
d0128354_341016.jpg
キノコのラビオリ カプチーノ仕立てソース 白ワイン サンセールを合わせました。
d0128354_3422344.jpg
d0128354_3441182.jpg
ビーフステーキには、ブルゴーニュのボルネイを合わせました。常時フランス中心に300種類以上のワインが有るというから素晴らしいですね~。ボルネイ美味しかったです~。
d0128354_345366.jpg

デザートは、滑らか~な クレームブリュレにパッションフルーツのアイスクリーム。

     今夜のコペンハーゲンのディナーも大満足でした。
by la-fonte | 2012-04-15 03:59 | 食べ歩き

中華名菜 「孫」

先日、料理学校協会の先生方と、六本木の孫 成順(ソン セイジュン)さんのお店に行って来ました。
d0128354_15181929.jpg

孫さんと言えば、NHK「あさイチ」では、イタリアンの落合さんと日本料理の中嶋さんと共に、夢の三シェフ競演でお馴染です。(私の大好きな番組で必ずみています。)
孫さんは中国国内でも20名しかいない、中国料理最高位「特級厨師(とっきゅうちゅうし)」を25歳にしての資格を取得したという鬼才の料理人です。
なので、予約を取った1ヶ月以上前から、楽しみにしていました。
いくつかお料理を御紹介します。
d0128354_15193727.jpg

前菜の盛り合わせは、ヌーベルシノワ(新中華)を思わせる、繊細で優しいものばかり。
d0128354_15201344.jpg

優しい味付けの白菜の煮込みの上には、クコの実と冬虫夏草が添えてありました。
漢方の流れをくむ料理の様ですね。
d0128354_15204987.jpg

蟹の卵白炒めは口の中でとろけそうでした~。
d0128354_15212731.jpg

フカヒレは白湯(パイタン)仕上げ、とても上品でした~。やっぱりお出しが良いのでしょうね~。
d0128354_15221487.jpg
贅沢な乾燥アワビの煮込み。戻すのに数日かかるし、味をしみ込ませるのもかなりの技術なのでしょうね。感動の美味しさでした~。
d0128354_1523174.jpg

金目鯛の姿蒸しは、素材の良さを生かした逸品。
その他に、クラゲの和えもの・トウミョウ炒め・黒酢の酢豚・魚の揚げ煮込み
食べた品数は?10品以上。そして最後は、麻婆豆腐
d0128354_1523511.jpg

山椒の辛味がとても印象的で、今までの上品なお料理の〆に相応しい力強い味付けでした。
d0128354_15242376.jpg

デザートはマンゴー・ゴマ・ココナッツのプリンの盛り合わせ。こちらで落ち着きました。
孫さんお料理は宮廷料理の流れくみながら、郷土の料理をベースに、西洋や日本料理の要素を取り入れている感じを受けました。
されから、器がどれも素敵で、お料理をより引き立てていました。
そして最後は、記念写真。
d0128354_15251765.jpg
お料理も美味しかったし~、人間味があってとても感じの良い方なので、料理の感激をこめて思わず手を握り合って撮ってしまいました。
これだけのお料理なので、それなりのお値段ではあるのですが、体に優しい上品な中華を戴きたい方にはお勧めです。
by la-fonte | 2012-02-25 15:31 | 食べ歩き

浅草のイルポルトーノ

 浅草はあまり行かない地域なのですが、近くに住む友人と待ち合わせて雷門&吾妻橋そばのイルポルトーノでランチをしました。
1階がピッツエリアで2階がトラットリアです。エントランスがとても可愛く飾られていて、黒板に書かれたメニューがとてもイタリアっぽいです。昨年11月にオープンしたそうです。
d0128354_22262234.jpg
今回はサラダ・アンティパスト・ピッツア・メインのコースを戴きました。
上がマルゲリータ、下が魚介とフンギ(キノコ)です。
d0128354_22284562.jpg
d0128354_2229079.jpg

窯で焼いたピッツアは周りが焦げて香ばしく、生地が厚めなナポリ風です。
下町情緒あふれる浅草でもこんなに本格的なピッツアが食べれるるなんて・・・感動したし、イタリアの味がますます広がりそうで、嬉しかった!!
そして、メインは手作りサルシッチャのトマト煮込み 白インゲン添え。
まさに今週、ラフォンテでやっているメニューなので興味深かったです。
d0128354_22292538.jpg
これにコーヒーが付いて、2480円でした。
ちなみに、サラダ&ピッツアなら、980円、それに前菜をプラスすると1480円です。
プライスもまさに下町価格ですね~。
そして、今回は、評判が良いと言うドルチェ「ババ」をプラスで頂きました。
d0128354_22295638.jpg
盛り付けも、とてもセンスが良いですね~。添えられていた、紅茶のジェラートも美味しかったです。
それから、ワインリストも見せて戴いたのですが、安くて驚きました。
実は~、ランチだったのに「コルボのビアンコ 2800円」を一本行っちゃいました~。
今度は、夜お邪魔したいと思います。   http://www.portuono.com/
by la-fonte | 2012-02-12 22:35 | 食べ歩き

清澄白河でランチ

 私、ちょっと思う所があり、今年から写真の勉強を初めました。と言っても、今は色々な作品を見たり、本を読んで知識詰め込み中って所ですが….。
私の師匠はイタリア写真で有名な篠俊幸さん。10年ほど前からの知り合いなのですが、今回、御縁あって彼の講座に通い始めました。
そのうち、イタリアへ撮影旅行(*´∀`*)てのも良いかも〜。(先走り過ぎ(/ω\)
それは、さておき、先日、講座の野外撮影で清澄庭園庭園へ行ってきました〜。
その時、篠さんに連れていって戴いたイタリアンのお店を御紹介します。
オステリア デル ヴオン チボという古い民家を改造したお店です。
昔はもんじゃ焼き屋さんだったとか ヘー(´ν_.` )ソウナンダ
d0128354_21164710.jpg

建物、中々趣があるでしょ!! 店内も和伊の融合で味がある感じですよ〜。
さて、アンティパストは野菜と生ハムの盛り合わせ〜。ソアベを合わせました。
(脇をしめて、斜め45度から撮りました〜。(*´∀`*) )
d0128354_21173091.jpg
パスタは魚貝のパスタにフレッシュトマトを合わせたもの。
d0128354_21182212.jpg
アーティーチョークと豚肉のラグー。
d0128354_21185179.jpg
アーティーチョクは生を使っているそうですよ!!
メインは沖縄豚のグリル バルサミコソース添え。ワインはサンジョベーゼ ディ ロマーニャ。(ちょっと遠近法を使ってみました。)
d0128354_21194020.jpg
あとは、カワ(・∀・)イイ!! 一口ドルチェのプレート。種類が多くって、女性好みですね〜。
d0128354_21201137.jpg
そしてエスプレッソ。(自然光で撮ってみました。)
d0128354_21203953.jpg
篠さんの前の席だったので、色々とアドバイスを受けながら撮ってみたのですが〜。
写真の道のりは遠そうですね〜。 (~o~) 楽しかったからいいか〜。。。

それは、そうとこのお店、このコースで2,000円だったのです。
あんなに丁寧に作った料理、驚きプライス。 (;゚Д゚)!
ワインを入れても、2,800円でした〜。
優しい味付けで美味しいし〜。近くにあったら通っちゃうのにな (#^.^#)
自分があまり出没しないゾーンにも良いお店がたくさんありそうですね。
もう少し暖かくなったらカメラ片手にいろんな所へ行ってみようかしら〜。
(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*) 
by la-fonte | 2012-01-19 21:30 | 食べ歩き

Ristorante Castellinaでランチ

 西麻布のカステリーナにランチで行ってきました〜。
ラフォンテからも近いので、 前を通りかかる事も多く、以前からちょっと気になっていのです。やはり人気店の様で、ほぼ満席でした。

盛り合わせのアンティパスティが話題の様で7種盛り合わせ。
シェフが北海道の出身なのかしら?タコ・ホテテ・甘エビ・タラの白子等、北海道の食材が多かったです。
どれもとてもシンプルで美味しくいただけました(~_~メ)。
d0128354_16223160.jpg
二皿目のアンテパスとは「フォワグラのムース」こちらは、お店の売り、自信作のようです。上にはドライフルーツとマルサラ&カラメルソースが掛かっていて、食感のポイントにパートフィルがあしらってありました。自家製の玉ねぎのフォカッチャにピッタリでした。
d0128354_16232497.jpg
パスタは2種の盛り合わせにしていただきました。右がフェットチーネのマグロのホホ肉のラグー・右がイカスミを練りこんだタリオリーニの魚介ソース、サルデニアのカラスミボッタルガがかかっていました。丁寧に作られた生パスタ、とても美味しかったです。
どのお料理も体に優しい感じがしました。
d0128354_1624110.jpg
それもそのはず、このお店、生産者の顔が見える素材選びにこだわっているようで、お店で使う素材はすべて産地を明確にしているのだそうです。なによりお店のゆったりした雰囲気が居心地良かったです。神楽坂にもお店があるようですよ!
d0128354_16244068.jpg
本日は軽いランチだったので、その後、プチフールでしめました。
このコースで、1890円でした。
他のパスタやセコンドピアットも美味しそうなので、今度はディナーで出直して見ようと思います。
by la-fonte | 2012-01-13 16:32 | 食べ歩き

久しぶりのマキムシ

「マキシム」を変形させたような、このちょっと変わった名前のお店・・・・以前はミッドタウンの近くにあって、とてもお気に入りのお店で月一で行っていたのですが・・・・ 
突然「閉店」(´;ω;`) 
でも、2年ほど前に、中目黒に新装開店していました。
ご案内も頂き、気にしてはいたのですが・・・歩いて行けた以前に比べて、中目黒はちょっぴり遠く感じてしまっていました。
でも、やっと先日行けました\(・o・)/!
d0128354_14522599.jpg

d0128354_1453033.jpg
以前はフランステイストの多国籍料理をコースで出していたのですが、ワインをいただく気軽なお店に変わっていました。
でも、シェフのジャンピエール山岡さん(日本人です)も、サービスの寒梅千晶さんもとても元気で大歓迎してくれました。
d0128354_14533042.jpg
ワインもとても素敵に飾ってあります。比較的手頃な、ニューワールドが多いかも〜。
私達は、ピノグリージョ&シャルドネの白
南アフリカのイタリア品種のブレンドの赤、その名も「ザ ゴットファザー」を戴きました。
料理はワインを飲むためのダイナミックな物が多いかも(@_@;)
d0128354_14535469.jpg

d0128354_1454211.jpg
上は、キタアカリとレンコンのアリオ&オリーオ
下は、下仁田ネギの自家製ベーコン焼き
最後の締めのパスタは「桜えびとルーコラのパスタ」パスタは山岡シェフの得意な分野なのでかなり美味しかったです。色も綺麗なので、桜エビの季節には私も作ってみます。
d0128354_14545180.jpg
スイーツもお茶もメニューには無し!
本当にワインを飲むための居心地の良い空間でした(#^.^#)
これから時々伺っちゃおうと思います〜。
by la-fonte | 2011-11-24 15:01 | 食べ歩き

レイ家菜へ行ってきました!

六本木ヒルズの「レイ家菜」と言えば、初めて中華でミシュラン2つ星取り、4年連続してキープしているお店です。本店は中国北京にあるそうです。
今回は知人の御家族に御招待を頂き、雨の土曜日、ディナーで行って来ました!
なかなか自分では行けないお店ですから〜(*^^)v
d0128354_22421043.jpg

とっても重厚感のある、入口ですよね。よく前は通りかかっていたのですが・・
入口を開けると皇太后の黄色い衣が飾ってあります。
d0128354_22423777.jpg
それもそのはず、レイ家の先祖は清朝高級官僚で、西太后の日常食の責任者だったそうです。お店では、その先祖から受け継がれたお料理が再現されています。
お料理を御紹介します!!
 <前菜 なんと15品>
d0128354_2243971.jpg
・特別な豆腐料理 麻豆腐(緑豆と豚肉の炒め)
・中国の精進料理
・茄子の挟み揚げ
・鱈の揚げ物 スパイス醤油ソース
・牛フィレ肉の揚げ物 香味ソースがけ
d0128354_2243462.jpg
・セロリと海老子の酢和え
・海老の錦糸玉子揚げ
・豚肉団子の揚げ物
・香鶏の蒸し物 葱と山椒ソース
・鴨肉と海老のすり身の揚げ物
d0128354_22442336.jpg
・白菜の芥子漬け
・翡翠豆腐
・豌豆餅の揚げ物
・北京風豚バラ肉の燻製
・骨付き豚肉の甘酢味
 <主菜>
d0128354_22451129.jpg

・北京風オマール海老の炒め物
<スープ>
d0128354_22455331.jpg
・海老と魚の浮き袋の宮廷風スープ
(魚の浮き袋はコラーゲンの塊だそうです!)
<デザート>
d0128354_22582834.jpg
・北京風ヨーグルト
クリーミーで優しい爽やかな酸味でした〜。

すべて、一見シンプルなお料理のように思えますが、一つ一つのお料理が丁寧に仕上げられていて、本当に素晴らしいお料理でした。素材の持ち味を生かされていて、格調のある上品な味わいって感じでしたよ。
このような御料理はやはり、レストランでいただくものですね。
スッキリした味わいの、胃にもたれない体に優しい中華料理(#^.^#)
本当に美味しく楽しいお食事でした。 御馳走様でした〜。(*´∀`*)
by la-fonte | 2011-11-19 21:39 | 食べ歩き

ビスボッチャへ行きました!

 天現寺のビスボッチャ、以前は良く行ったのですが、先日、久しぶりに伺いました。
相変わらず店内は活気があり、いつ行っても本場のトラットリアのような楽しいお店です!
今回の女子会5名の楽しい集まりにピッタリです。 !! (・∀・) !!

 私が席に着くと「kayano〜\_(^◇^)_/〜」と笑顔でやって来て出迎えてくれたのが、シェフのジョバンニさん。最後に会ったのは多分12年以上前です。結構、仲良しにしてもらっていて、二人で銀座に焼き鳥を食べに行ったこともありました〜。こちらで仕事している噂は聞いてたのですが・・・お互い忙しく、その日が感動の再会でした〜。
彼は、14年前ラフォンテの開校d0128354_1826097.jpgまもない頃、イベント特別講師でラフォンテに来てくれた事もあります。イベントの件は彼の提案。
とても嬉しいお申し出ではあったのですが、「きっと高くて、講師料なんて払えない〜。」と聞いてみると・・・「いらないよ!イベントはラフォンテの将来のためにね!!」と優しい笑顔。
まだまだ生徒さんが少なかった頃、これから、どうなるのかわからない私には、まるで救い主みたいでした〜。
写真は、白トリフを席まで持ってきてくれた笑顔です。もうすぐ、70歳だそうです!
「お互い元気で、また会えて、すご〜く嬉しい(*´∀`*)!」なんてハグすると、
「kayanoは全く変わらないね〜。若々しさは、ず〜と同じだね!」
なんて、久々にイタリア人男性のお世辞に異様に喜んでしまった私がいました〜。
(この喜び・・・《゚Д゚》・・・・歳をとった証拠ですね。)

さて、料理ですが、こうなったら、ジョバンニにお任せ〜
まずは、antipastoの盛り合わせ。イタリアンなボリューム感 (;゚Д゚)!
d0128354_18264684.jpg
パスタは3種類を少しづつ出してもらいました〜。(なんてワガママな客(@_@;))
一つ目がカネロニ、お肉のペーストがほうれん草を練りこんだバスタで包まれていました。ワインはジョバンニがご馳走してくれた、トスカーナのベルメンティーノ。  m(_ _)m
d0128354_18272185.jpg
二つ目は、オレキエティ。ワインはアルトアデジェのソービにオンを合わせました。
寒い地方のワインだけあって、切れの良い酸が印象的で香りが華やかでした。白ワイン&バターで仕上げたパスタソースにピッタリでしたよ〜。三つ目は手長エビ(スカンピ)のトマトクリーム自立てでした。手打ちのタリオリーニによく合いました。
d0128354_1828183.jpg

d0128354_18301369.jpg
メインはラムだったのですが、ちょっと気張って、赤ワインはサッシカイアのセカンド的なワイン、GUIDALBERTO (グイダルベル)トを戴きました。葡萄畑はサッシカイアと道一本隔てた所だそうです。醸造家はテヌータ・サン・グイード。
カベルネ・メルローのボルドーブレンドに、サンジョベーゼがプラス。重みがあり、マスタードのソースにとてもよく合いました。
d0128354_18304639.jpg
そして外せないのがドルチェですよね。ワゴンで運んでくれます!私達は、チョコレートケーキとフルーツのタルトを頂きました。
d0128354_18312235.jpg
ビスボッチャは大皿料理がとても良く似合うお店なので、大勢で行くのがお勧めです。
私も、またジョバンニに会いに行きたいので、是非誘ってくださいね!
喜んで参加します! (^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
by la-fonte | 2011-11-12 18:53 | 食べ歩き