<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

フィノッキオはイタリアの味!

春になって、「美味しくなったな~」って思う物の一つは野菜です。
春キャベツ・新タマネギ等 繊維が軟らかくて甘みもあって、サラダにしても、さっと茹でて塩とオリーブオイルをかけるだけで、いくらでも戴けます。

野菜と言えば、先日、八百屋さんが嬉しい間違えをしてくれました。
ラフォンテは材料を業者さんに、前日、ファックス注文をします。
(お肉もお魚も野菜もとっても良い業者さんに恵まれていて幸せです!!)
d0128354_2336147.jpgその日の八百新さんの注文書には、パック入りのハーブのつもりで、「フェンネル 1パック」と書いたのです…..がしかし、届いたのは立派な「フェンネル 一株」だったんです。
伝票を見ると「800円」ちょっと高いな~っと内心思ったのですが….。
でも、フェンネルは私の大好きな野菜。
イタリアでは日常的に食べるのですが、日本では手に入りにくい野菜の一つです。(イタリア語ではフィノッキオと言います。響きが可愛いのも好きな理由のひとつなのです….。)
配達のおじさんは「家の手違いだから、持って帰ります!」と何度も言ってくれたのですが……。立派なフィノッキオを見ていたら、値段よりも何よりも「食べたい~!」衝動に負けてしまい、個人的に引き取る事にしました!
自宅に持ち帰り…どんなふうに食べたかって?d0128354_23365231.jpg
半分は刻んで「ビネグレットのサラダ」キャンティーのオリーブオイルをたっぷりかけました、あと半分はニンニクとアンチョビたっぷりの「バーニャカウダ」で戴きました!
ほろ苦い清涼感ある香りが口一杯に広がり、本当に幸せでした!
葉の部分も捨てませんでしたよ!

「アリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」のパスタに刻んで入れたり、スープに入れたりしました。800円で3日間、食卓が潤ってイタリアの味が楽しめました。安かったかもね!

皆さんも、「フィノッキオ」を、もしお店で見かけたら試してみてください!
ちょっと高めですが、春の物は格別です。
by la-fonte | 2008-03-29 23:43 | お料理

春って別れの季節?!

皆さん、お彼岸も過ぎ、すっかり春らしくなりましたね。
この季節、生徒さんからはお子さんの卒業式のお話を耳にします。
実はラフォンテでも、生徒さんがひとり卒業する事になりました。
それは、中級コースの田代君。お仕事で大阪転勤が決まったそうです。
先月そのお話を伺った時は、寂しい気持ちで一杯でした。何故なら、彼は長く通ってくださっている、熱心な数少ない男性生徒さんだったからです。
彼が入学したのは、2000年なので、もう足掛け8年ですね。基礎科を2年終えた後は、中級コースで腕を磨き続けていました。
4年前、クラスの数名で彼の家にお招きを受けたこともあります。
ラフォンテで習ったお料理のセレクトが素晴らしく、道具にもこだわっていて、パスタマシンもパスタ専用のお鍋もありました。
確かパスタは手打ちの「パッパルデッレ」でした…。手際が良い上に美味しくて、皆で満足して帰ったのを覚えています。
d0128354_16445637.jpg
そう言えば彼、8年間のラフォンテのイベントには必ず参加してくれていました。
開校3周年・5周年・10周年記念パーティー・六本木ヒルズでのワインの会 等…..。
まるで、ラフォンテの歴史と共に歩んで来てくださったような生徒さんのひとりですね。
ここまで書くと、私が少しセンチメンタルになっている気持ちもわかっていただけますか?

彼の最後のレッスンとなった3月22日(土)、終了後、教室の外で6名の送別会となりました。思い出話に花が咲き、とても楽しいひと時でした。
そして、六本木駅で「またね!」といつものようにさり気なく別れました。d0128354_16454898.jpg


皆ちょっと寂しそうだったけれど、それでも笑顔だったのは、転勤は彼の新しい生活の門出でもある事を知っていたからです。
私としても、8年間学んで来たラフォンテの料理をこれからも作っていただけるなら、とても嬉しいことです。


田代君、今までありがとうございました!大阪でも頑張ってくださいね。
そしていつか又の会える日を楽しみにしています!
by la-fonte | 2008-03-23 16:53 | お料理教室

リカリンの披露宴

 昨日3月15日(土)はラフォンテの掲示板に良く登場してくださる生徒さん「リカリン」の結婚式でした。和やかで素敵な披露宴で、リカリンはとても綺麗でした!
この歳になると、披露宴の出席回数がぐっと減ってしまうものです。それだけに、今回のお招きは嬉しくて、春色のドレスを新調して、メイク・ヘアーもバッチリ決めて出かけてゆきました!d0128354_16112376.jpg
そんなに頑張った理由は歳をごまかす為ではではなく・・・二人の思い出の写真をスライドで流す時の、スピーチにご指名を受けていたからなのです。スピーチが下手でも、可愛さ?で少しはカバー出来るかと思って・・・。そんな事を言うと、皆さん信じてくださらないのですが、私、人前で話すのが大の不得意!!リカリンの依頼を受けた2ヶ月前から、思い出すたび、ず~と、緊張していました~。

彼女はラフォンテツアーに2回参加してくださっていたので、研修の写真が流れたときに「私の登場!」となりました。
原稿をしっかり作って、本番へ…..。がしかし、マイクを握ると、「私ってどうしたの?」というくらい出てくるアドリブ。と言うことで、原稿をほとんど見ずになんとか無事に終了しました!(良かった)
最後にお話したのは、ラフォンテ研修でピッツァを焼いたときの事でした、「りかさんのピザは一番大きくて、トッピングがあふれそうでした!あのピザを焼いた時のようにこれからは、御主人のために、大きな愛のあふれるトッピングで美味しいお料理を作ってくださいね!」と締めくくりました。可愛く?スピーチしたので、結構会場はかなり和んでたかな?!
ところで、皆さんはいかがですか?大きな愛のあふれるトッピングを誰かに注いでいますか?
素敵な披露宴に出席したばかりなので、今日の私は皆に愛を注ぎたい気持ちです!

イタリア好きのリカリンは、今日からカプリ・アマルフィにハネムーンに出かけるそうです。
いつまでもお幸せに…。
by la-fonte | 2008-03-16 16:31 | 最近。。。

ピエモンテ料理の会

フェスタ デッラ ドンナはいかがでしたか?
女性の皆さんは男性からの感謝を受け取りましたか?
男性の皆さんは女性へ感謝の一日を送れましたか?
さて、私はと言うと….3月8日 以前ラフォンテでもイベントをしてくれたジョルジョが主催した「ピエモンテ料理の会」に出かけて行きました!
台東区入谷にあるイリヤプラスという古い日本家屋を改装した一軒屋で行われました。
イタリア料理とジョルジョ?を愛する40名程の方々が集まった立食パーティー……。
d0128354_2244266.jpgメニューは・バーニャカウダ・鶏肉と子牛のカルピオーネ(マリネ) ポレンタ添え
・ヤギのチーズ モスタルダ添え・自家製フルーツのシロップ漬け、ジャム・へーゼルナッツのクッキー、トウモロコシ粉を使ったクッキー
ワインはジョルジョ自家製のドルチェット・バルベーラ・モスカートでした。
趣のある家屋にイタリアンそして、皆さんの熱気!とても素敵で楽しいイベントだったみたいです。と言うのは、私は初め「ちょっとお手伝い」兼「参加者」のつもりだったのですが…..ジョルジョの勢いで気がついたらどっぷりスタッフに!?
実はイベントには全く参加出来ずに、裏方でお料理や盛り付けを担当していたのです。
イタリア修行時代、レストランで大人数のお料理を作ったことがあるとは言うものの….
40人分の準備なんて久しぶりです。d0128354_225165.jpg
一番大変だったのが、ポレンタ練でした。大きな寸胴に4リットルの水を沸かし、練ったポレンタはなんと1kg !!3人交代でしたももの、だんだん重くなって行く練り上げ作業は15分続きました。(実は次の日、ちょっと筋肉痛でした。)
お客様が帰った後、ちょっとした打ち上げ会をしました。ジョルジョを囲んでスプマンテとバローロを戴きました!
ポレンタ練の大変さ訴えたら、しばしジョルジョがスタッフの右腕をマッサージしてくれました!
これが、今年の私のフェスタ デッラ ドンナの男性からの感謝??まっいいか~!!
でも、大きな手のマッサージはイベントの成功の喜びと満足感に満ちていました。
by la-fonte | 2008-03-10 22:16 | 食べ歩き

フェスタ デッラ ドンナ

皆さん 3月に入りだいぶ暖かくなりましたね。
通りかかりたお宅の庭先から沈丁花の甘い香りがしたり、車窓から満開の梅の花に気がついたり……。やっぱり春って良いですね~。(花粉症に悩んでいる方々ゴメンナサイ!)
ところで、3月のイタリアの行事と言えば、そう3月8日の「女性の日(フェスタ デッラ ドンナ)」です。シンボルは春を告げる花ミモザ。淡い黄色の花束が男性から感謝を込めて女性に贈られるそうですよ!
そして当日、女性達は家事や育児から解放されて、遅くまで女友達とカフェやレストランでおしゃべりを楽しむのですって!d0128354_035470.jpg
街じゅうがミモザの花と女性のグループで華やぐのです。私は一度、ローマで「フェスタ デッラ ドンナ」の日を過ごした事があります。ただ、その時は仕事だったので、ミモザを贈ってくださる男性は近くに居ませんでしたが….。
*写真はモデナで撮ったミモザの花です。
そういえば、日本には女性に感謝する日ってないですよね。
「ひなまつり?」でも、お祝いしてもらえるのは小さい女の子だけだし~。
「母の日?」でも、母でないと関係ないし~。
なんだか残念ですね。そのうち、日本にも「フェスタ デッラ ドンナ」を定着させたいですよね~。
そう言えば、私は毎年、この時期に「ミモザケーキ」を作ります。d0128354_0352862.jpg
基礎科Bコースの3月のメニューにも入っています。トスカーナの出身のシェフに教えていただいたザバイヨーネクリームとマスカルポーネチーズがたっぷりと入った自信作!
ミモザの花に見立てるのはスポンジケーキ…..。

皆さんも、今年から、3月8日にはイタリアのフェスタを意識して、女同士で集いませんか?
by la-fonte | 2008-03-05 00:44 | イタリア