<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

たまには、ソーメンをイタリア風に...

 2月のブログでもご紹介した「お取り寄せサイト いーくちこむ」前回は福島県いわき市の漁船大徳丸から活のベニズワイガニでした。
購入された生徒さんも結構いらっしゃいましたよね~。
私も自宅で取り寄せて「カニパーティー」を開きました。

さて、今回は季節柄、奈良県桜井市の「手延べ三輪素麺」です。
ほんまもんの三輪ソーメンは11月~3月の極寒期に製造され、二日間の工程により十分熟成され、天日干しを用い自然乾燥で作るのだそうです。d0128354_1633951.jpg
確かに腰があって美味しかったです。
詳しく見たい方はこちらからどうぞ!
「http://www.soumen.info/」
素麺の製造過程などとても興味深いですよ。
さて、今回、ラフォンテは三輪素麺を使って、「チェリートマトのケッカ風」(写真上)と「冷たいペスカトーレ」(写真下)のメニューをご提案しました!
イタリア風なので、バージンオイルとバジルの香りを際立たせました。
先日、上級コースで生徒さんと一緒に作り、試食をして戴いたのですが、評判は中々でした。
近々公開予定のレシピを一足先に公開しちゃいます。

ケッカ風はこちらのURLからどうぞ!
http://www.e-cuchi.com/recipe/tokyo/lafonte/checca.htm
ペスカトーレはこちらのURLからどうぞ!
http://www.e-cuchi.com/recipe/tokyo/lafonte/pesca.htm
どうですか?作れそうでしょ!d0128354_1641455.jpg
 梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね。実は元気印の坂上もちょっと夏バテ気味です。
皆さんも、夏バテなどしないように、水分の取りすぎに注意して、バランス良くしっかり食べてください!
そんな中、日常の食卓に、和風のソーメンも良いけれど、時にはイタリア風に仕上げてみるのも、食欲が増進されて良いかもしれません。

「いーちこむ」はいろいろな食材がお取り寄せ可能です。
興味がある方はこちらからどうぞ! http://www.e-cuchi.com/
by la-fonte | 2008-07-22 16:21 | お料理

「吾亦紅」しばしのお別れ…

 「毎日暑い日が続いておりますが、お元気でお過ごしですか?」
と達筆なお便りが昨日届きました。先日、閉店した吾亦紅の山崎孝子さんからです。
お店の、お片付けにお忙しいながらも、お元気でお過ごしの様です。
彼女とは、人生そしてお料理の先輩として、今まで色々と情報交換をさせて頂いて来ました。
思えば、「吾亦紅は1996年4月1日に誕生し、一期一会を大切に13年の歳月を過ごさせて頂きました。たくさんの思い出と教訓に感謝申し上げます。」
d0128354_23124687.jpgと、閉店のご挨拶状を頂いたのは、6月の初めの事でした。

私が初めて吾亦紅に伺ったのはオープンして間もない96年秋の事でした。
「日本とイタリアのお袋の味を作る二人を是非会わせたい!」
と、当時の「主婦と生活社の広告部長」をされていた「故 中村一郎氏」が私達を引き合わせてくださったのでした。中村氏は20代の頃から仕事でお世話になり、開校時のラフォンテのブレイン的な存在でした。それは、山崎さんの吾亦紅にも同じ事の様でした。
中村さんと囲んだテーブルには、和え物・煮物・焼き物…懐かしく、温かいお料理が並んでいたのを覚えています。(上の写真は大根とイカの煮物です。)
突然、中村さんが2000年に他界された時は、山崎さんと共に早すぎた死を悼み思い出話などし、二人に素敵なご縁をくださった事に心から感謝しました。

d0128354_23443647.jpgそれにしても、吾亦紅の
6月23日の閉店はあまりに急な知らせでした。年末に伺った時はなにも言ってなかったのに…。
でも、お店を閉めるのは「ビルが再開発に入り次なる場所をゆっくり探す」と言う理由で「吾亦紅」の火が消えるのでは無いとの事で安心しました。


先日うかがった折、初めて中村さんとお食事をした思い出の席で記念撮影をしました。
その日も、山崎さんは素敵な笑顔で迎えてくださり、どのお料理も変わらない懐かしさと温かさに溢れていました。
たとえ以前の吾亦紅のお店が無くなっても、中村さんにはもう会えなくても、温かいお料理を囲んだ思い出は決して消えることは無いでしょう!

‘‘感謝,,で始まった閉店の挨拶状は
「ほんの少しの充電が大事かと…そう信じて再会を楽しみに!」
と結ばれていました。
寂しいけれど、吾亦紅とはしばしのお別れ…
でもまた、山崎さんの「お袋の味」を頂ける日を心待ちにしています。
取り合えず、13年間お疲れ様でした!
by la-fonte | 2008-07-14 23:21 | お料理

時にはのんびりと小江戸巡り!

私の自宅は川越と言うことは前回お話しましたよね。
川越は徳川の時代に発展した商業の街で、その繁栄から小江戸とも呼ばれていました。
今でも、蔵造りや菓子屋横丁など、昔が偲ばれる町並みが残っています。
都内から日帰り出来るので、ここ数年、観光客が増え続けています。
(来年のNHKの朝の連ドラの舞台にもなるらしいです!)
そんな私の街を先日の日曜日、イタリア語の先生のドリスと友人のマッキーとのんびり散策しました。d0128354_1684583.jpg
先ずは、有名な「喜多院」に行きました。藤棚や紫陽花、花や緑が綺麗でした!
ここは、日光東照宮に家康の遺体を運ぶ前に安置された「仙波東照宮」と家光の乳母の春日の局の「鏡の間」が重要文化財になっています。
解説のテープが流れていますので、是非、中に入ることをお勧めします。
(写真は喜多院でのスリーショットです。)
お昼は、夏バテ防止に効果がありそうなので、鰻を食べました。
川越の名物と言えば、サツマイモのですが、以前は江戸に続く新河岸川で鰻がたくさん取れたようで、有名な老舗のお店がいくつかあります。
創業天保3年、昭和天皇も食事をした「いちのや」さんは西麻布にも支店があり、とても有名なのですが…。d0128354_1691885.jpg
川越の住人としては家族経営で美味しいと評判の「小川菊」さんを選びました。
ローマ大学で日本語をマスターしたドリスは日本の食事が大好きだそうで、川越の鰻に感動!してくれました。
(下の写真がドリスと鰻重です。)
秘伝のタレで、炭火でふっくら焼き上げてあり美味しかったです。
その後は、街の発展を時代別に展示してある川越市の博物館へ行きました。解説してくださった、女性の方の説明が素晴らしかったです。(自分の街なのに知らなかった事がたくさんありました。)
最後は蔵造の街並み散策です。サツマイモソフトや駄菓子を食べながら歩いて、童心に戻りました。

私は川越生まれではないのですが、もう30年以上住んでいます。
長く生活してきた街なのに、こんな風に散策するのは、お友達が来る時くらいです。
でも時には、自分の育った街をしみじみと歩いてみるのも中々良いものです。
皆さんも、是非、一度いらして見て下さい!
新しい中にも風情があって、時にはのんびりと歩いてみるのも中々良いものですよ。
御希望の方には私が御案内させていただきます~。
by la-fonte | 2008-07-08 16:18 | 最近。。。

三井アウトレットパーク

先日の月曜日のお休みに、4月10日にオープンした入間三井アウトレットパークへいってきました。私の埼玉の自宅は川越なので、車を飛ばせば30分の近さ!d0128354_1415793.jpg
2万㎡の広い敷地はガラス工場の跡だそうですが、「緑あふれる埼玉・入間の森に巨大な空間楽しい空間が出来ました!200店舗を越える多彩なショップで楽しくショッピング!」というキャッチフレーズ中には店舗の他に、レストランあり、カフェあり、公園あり、言うなれば「緑に囲まれたちょっとしたアミューズメントパーク」家族でのんびり、一日過ごせます!
そんな様子はネットやテレビで見たりしていたのですが、同時に激混み情報も伝わってきていたので、近いにもかかわらず、今まで行くのを躊躇していたのです。
でも、「そろそろ、3ヶ月経つし、平日なら平気かも~!」と。足を延ばしてみたわけです。さすがに、人は少なくゆっくり見られましたよ!(上の写真は平日の空いているアウトレットの様子、下はイタリアの靴のブランド ブルーノマリーのショップです。)d0128354_1424750.jpg

ところで、皆さんは外国でアウトレットモールって行ったことがありますか?
私が今まで、行ったアウトレットで印象に残っているのは、「ニューヨークのウッドベリーコモン」と「フィレンツェのザモール」です。どちらも友人に車を出してもらったのですが、さほど購買意欲があったわけでもないのに、何故か車一杯の荷物を乗せて帰って来ました! 一度足を踏み入れたら、世界のトップブランドの品が50~70パーセントオフとあって、「中々来られないし、お買い物に燃えない方が損!かも」って感じでした。そうそう、異国でのお買い物にはマジックがあるのですね~。
さて、今回、入間でのお買い物はというと、夏用のバック(4,200円)とアクセサリー(525円)、ラフォンテ用の空気清浄機(3,980円)3点でした。自称「お買い物好き」の私としては、かなり地味です。どれも、半額以下だったのでかなり「お得感」はありましたけどね。
心惹かれる物に出会わなかった訳ではなかったのですが、ニューヨークやフィレンツェの時ほど衝動買いをしなかったのは、何故かしら?
頭の中で購買意欲とともに「またいつでも来られる!」とか「今、必要かしら?」とか、クーリングオフ感情が働いていたのです。つまりとても冷静だったわけです。
お買い物に限らずやっぱり何をするにも、冷静が一番ですね。(最近身につまされます!)
いずれにせよ、200店舗のお店は綺麗に整備されていて見ていて楽しいし、入間は緑に囲まれたとても環境の良い所なので、一度行ってみるのも良いかもです!
でもやっぱり「アウトレットマジック」には要注意ですヨ!
by la-fonte | 2008-07-02 12:15 | 最近。。。