<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「日系ヘルス プルミエ」に取材協力しました!

 プルミエは40代・50代の女性が何時までも美しく、健康に入れることをコンセプトの雑誌です。取材を受けることになって初めて手にしたのですが、かなり興味深く読み入ってしましました。美容・健康・衣食住と歳を重ねた女性だからこそ、こだわりたい内容が満載!一言で言うと「心も体もアンチエイイング!」がテーマ!かな?
若さを保つて人生を楽しく生きるって、大切ですものね~。同じ歳を重ねるなら、楽しく過ごしたいです。o(^-^o)(o^-^)o これから私もプルミエの読者になるつもりです。
そして、私が今回取材を受けたのは、食のページ、テーマは「うま味」。
昆布・かつお・シイタケは和風の代表される「うま味」ですが、トマト・チーズ・ポルチーニの中にもたくさんのうま味があって、「地中海食もそれを生かしている」という内容でした。
「うま味」って1908年、つまり今から100年前に日本人が発見したって知っていましたか?五つの味は酸、苦、甘、辛、鹹(しおからい)ですが、6番目の味として昆布の味の成分グルタミン酸が、帝大の池田博士によって発見され、氏によって「うま味」と命名されたのです。
実は、私は、とても、「うま味」にご縁があります。d0128354_2253228.gif
数年前に味の素さんの御協力で「イタリア料理とうま味」という小冊子(写真のGが私のです。)を出させて戴いた事がありましたし、その後、同じテーマの講演会で講師を務めたことも事もあります。「あの頃はうま味の勉強を良くしたな~!」って記憶の奥に沈んでいたことを色々思い出しながら2時間に渡る取材を受けました(^O^)/
今回は紙面の関係で写真は載っていないのですが、ライターの方に私がお話した事がたくさん詰まっています。(名前はちょっと出ています。)
よかったら読んでみてくださいね。(下は記事が載っているプルミエの最新号です。)
 
d0128354_22534122.jpg 
そう言えば、急に秋めきました。夏の疲れが出る頃ですね~。
「夏の疲れ解消集中ケア」 って?
「野菜のアンチエイジング力」 へ~!
「漢方スキンケアで、素肌力アップ」 ですって!
ちょっと、私、プルミエの読み過ぎ?
考えすぎもストレスかもしれません(-.-;)

また、残暑が戻るそうなので、皆さんも
御自愛ください (^^)!
by la-fonte | 2008-08-26 23:04 | 最近。。。

ラフォンテレストラン 秘蔵のワインを開けました!

8月9,10日(土日)二日間限定でラフォンテレストランがオープンしました。
前回同様、スタジオオリーブの鈴木理恵先生とのコラボレーション企画。
土曜日は7名・日曜日は5名の方にご来店いただき、私達も楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 今回は季節柄、南イタリア料理が中心になりました。写真が前菜の盛り合わせです。d0128354_0244182.jpg
詳しいメニューはこちらからどうぞ!
http://www.lafonte-cs.com/event_img/event21.html
お肉はプーリア地方の代表料理、「サルシッチャのインボルティーニトマト煮込み」でした。
合わせて、私がセレクトしたワインはパトッリリオーネ1997年。
プーリアの代表ブドウのネグロアマーロ90%とマルバジーアネッラのブレンドなのですが、この地方には珍しく、ブドウを干して作ります。
プーリアきっての高級赤ワインで、日本ではかなりの値が付いているようです。
d0128354_0251859.jpg今回お出ししたのは、5年程前に持ち帰ったものです。
(60ユーロ位だったと思います。)
知人のソムリエ ルイジが選んでくれました。「10年は大丈夫だから、最低3年は開けてはいけないよ!」と言わたので大切に寝かせておきました。
1997年と言えば、ラフォンテの開講と同じヴィンテージ!それだけに思い入れも深く、「10年経ったし、いつ飲もうかしら?」と機会をうかがっていたのです。
今回は素晴らしいお客様にご来店いただいたので、思いきって開けてしまいました!
言葉で表現出来ないくらい、美味しかったです。

ラフォンテの歴史を感じ気がしました!(オーバーですね。)
ワインを更に楽しむために、参加者の男性が、思わず、ミモレットとエポワスチーズを買いに走ってくれました。熟成させたチーズにも負けないフルボディーでした。

 実は、ラフォンテには秘蔵のワイン蔵があって、私がイタリアから持って帰って来た、魅力的なワインが眠っています。
20年は大丈夫と言われた「バローロ」や大金をはたいた「サッシカイア」等など….
 次回のラフォンテレストランで開ける決心をするかもしれません。
 是非、ご来店くださいね!
by la-fonte | 2008-08-21 00:31 | ワイン

東京湾の花火で素敵な再会!

 8月10日(日)ラフォンテレストラン終了後、東京湾の花火を見に行って来ました!
図々しくも、知人のご主人のお知り合いの事務所マンションに、当日アポでお邪魔してしまいました。(かなりのふてぶてしさ!!)
そこは田町駅から海に向かってしばらく行った所、お部屋は高層階。d0128354_0104458.jpg
目の前が東京湾でガラス張りの角部屋からは、右手にレインボーブリッジが迫り、左後ろに東京タワーが見渡せて、ベーエリアの素晴らしい眺望でした。
(こんなお部屋に住んでみたい!)
海には屋形船が浮び、船灯りも涼しげです。
お部屋に集まった人は30~40人!皆が歓喜の声を響かせて、バルコニーで潮風を受けがなら、夜空を彩る花火!堪能しました!!
d0128354_0131617.jpgもちろん片手にはビールにシャンパン。
夏って本当に良いですね!
(太るけど大好きです!)

 花火はもちろん良かったのですが、テーブルに並んでいたパスタにラザニアが美味しかった事!
実はマンションのオーナーさんは、イタリアンのフランチャイズの社長さん。
並んだお料理はお店のアドバイザーをされているシェフが腕をふるったとの事….。
シェフにご挨拶をすると、なななんと、それが以前、西麻布で「アンティキサポーリ」と言う伝説のお店をやっていらした高橋シェフだったのです!
残念ながら、6年前に閉店してしまったのですが、リーズナブルで美味しかったので、私、良く通っていました。真面目に研究を重ねられたお料理はとても勉強になりました。


確か、ラフォンテでパーティーをした事もありました。もちろん覚えていてくださいましたヨ。
その高橋シェフ、その頃は独身だったそうなのですが、先日は素敵な奥様と可愛いお子さん同伴でした!(グスン)
 今は青山のお店の総料理長をしていらっしゃるそうなので、今度伺いたいです!

「ご縁がある方って、また会えるのね~!」ってなんだか納得してしまった。
(そろそろ、昔、あこがれていた人に再び出逢えないかな~。ってぼそっと独り言)
とにかく、とにかく、花火が演出してくれた?夏の夜の素敵な再会でした!
by la-fonte | 2008-08-13 00:29 | 最近。。。

秋刀魚をイタリア風に!

 暦は立秋を過ぎたとのいうのに、今日の東京はこの夏一番の猛暑日だったそうです。
北京オリンピックも始まり、応援も過熱、まだしばらく暑い日々は続きそうですね。
   「頑張れ日本!」
そんな中、ラフォンテの8月の中級メニューは一足先に「夏の疲れを癒すイタリアン」がテーマで、メインには秋の味覚の秋刀魚を使いました。d0128354_23141017.jpg
写真は築地から届いた物です。(新鮮でしょ!)
作り方は、塩・胡椒した秋刀魚に「ローズマリー・セージ・タイム」で作ったハーブオイルを絡めてしばらくマリネしてオーブンで焼き上げるだけ、とても簡単です。
香ばしく焼き上げたら、食卓で「バジル・イタリアンパセリ」の香りを移したバージンオイルをかけていただくと爽やかさが増してくれます。
秋刀魚のしっかりした味をハーブ達が引き立ててくれるのです!
美味しく作るコツは、加熱する事により香りを増してくれる個性の強いハーブとフレッシュのまま香りを添えてくれるハーブを使い分ける事です。d0128354_23145377.jpg
鰯・鯵・鯖などでも美味しくできますよ!
ちなみに、青背のお魚はEPA(エイサコペンタエンサン)がたっぷりで血中コレステロールを下げて血液をサラサラにしてくれ、ヒアルロン酸と共に美肌にも効果があるのですって…..。
健康で美人になるためにも、色々な料理方法でもっと召し上がっていただきたいです!
こんな風に、秋刀魚もハーブの使い方をマスターすれば、立派なイタリアンに仕上がります。まだ走りで少し高めですが、お盆が明けると1尾100円以下とグッと安くなるそうです。まさに庶民の味方ですね。
夏の疲れを癒すため、今年の秋は秋刀魚をイタリアンに!
是非、挑戦してみてください!
by la-fonte | 2008-08-08 23:22 | お料理

野菜中心の韓国料理で夏を乗りましょう!

皆さん!今日から8月ですね。夏の疲れは出ていませんか?
毎年、「夏も元気に、夏太り!」が恒例の私も、さすがに食欲と体力が落ちています。
そんな時、食欲を増してくれるのがアジア料理です。
先日もケアキ坂近くの「シンガポールカフェ」でランチ、青山の「タヒチ」でベトナムディナーと、辛味とスパイスで体を元気付けています!
そこで、今日は最近時々お邪魔している「韓国旬菜 こさり」をご紹介をさせて戴きます!
d0128354_021722.jpgグルメで有名なマダムの「一押しのお店!」としてお連れ戴いたのですが…。
さすがに彼女の推薦とあって、ものすごく気に入ってしまいました!
まず、お店の雰囲気が素敵で、スタッフが感じいいのです。
そして、何より味付けが優しくて、ちょっとヘビーな韓国料理のイメージが変わってしまいます。何しろお店のコンセプトが
「化学調味料を使わない 野菜中心の韓国料理」ですから….。
「野菜中心で自然なテイスト」 何だか、
イタリア料理に似ていませんか?
「化学調味料で韓国の伝統の味が失われつつある。」と危機感を感じていると言う
オーナーの大城さんは、「野菜ソムリエ」の資格を持ち、毎月現地に行って情報収集を怠らないそう…。
韓国でも見つけるのが難しい、「3年熟成キムチ」は、大切に手荷物で持って帰っていらっしゃるそうです!
(味わってみる価値ありです!)d0128354_0214640.jpg
上の写真は「3年キムチとナムル」下の写真は「豚肉の煮込みと野菜ステック」(お肉と一緒に野菜が美味しくいただけます。)
他にチゲ鍋や冷麺も美味しかったです。(お酒好きの方!マッコリも!!ヨ)
お店のインフォメーションを載せておきますので、夏の疲れた体を労るためにも是非いらしてみてください!
私と一緒に元気になりたい方は誘ってくださいね!

韓国旬菜 こさり  
港区南青山3-2-6  モリヤサンライトビル1F
TEL/FAX 03-5474-0855
by la-fonte | 2008-08-01 00:32 | お料理