<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

オリーブ摘み取りの季節

 皆さん! ボナセーラ! いえ、こんばんは (^O^)/
月曜日にイタリアから戻り、やっと体調も気分も日本のペースに戻りつつあります。
帰国後、初レッスンは基礎Aコース、テーマは「オリーブオイルの種類」です。
料理の使い分けを中心にレッスンを進め、地方別にエキストラバージンオイルのテイスティングを行っています!北はリグーリア地方・中部はウンブリア地方・南はプーリア地方です。比べてみると、北の繊細さ・中部のエレガントさ・南の力強さを実感します。d0128354_2343936.jpg
それにしてもオリーブオイルって、地域や種類や摘み取り時期によってどうして、あんなに香りや味が違うのでしょうか?本当に不思議です。
それを料理に生かせた時、本当に嬉しい気持ちになります。

ところで、イタリアではオリーブの摘み取り時期は10月中旬から2月にかけて行われます。
北イタリアは11月頃からなので、今回、南イタリアなら、「イタリア滞在中にオイル作りに間に合うかも?」と期待していたのです。
そして、プーリア地方に着いたとき、オリーブの実の熟れ具合を見て「今年は温かいからちょっと微妙かも??」と思ったのですが、なんと帰国前日「少量だけれどオイルを作りますよ!」とフラントーイオ(オイル屋さん)から連絡を戴けたのです!
d0128354_235104.jpgそして、見に行ってきました o(^-^o)(o^-^)o
オイルを作るには、オリーブをペースト状にした後に、フィルターにかけるのですが、私達が行ったときは、ちょうど作業が始まってまもなくでした!
工場中、フレッシュなオリーブの香りで満ちていました。
時間がなくてオイルになるまで見届けられなかったのは残念ですが、
なんとか、間に合ってよかったです!
画像は上が、プーリア州のオリーブ畑、下がペースト状にしている所です !(^^)!
 イタリアに行って、改めてイタリアの大地の力とオリーブオイルの美味しさを痛感しました (*_*)
by la-fonte | 2008-10-30 23:19 | お料理教室

アリベデルチ(^O^)/ イタリア!

d0128354_10292313.jpg皆さん
ボンジョルノ!
プーリアに来て4日経ちました。イタリアでも1〜2を争う面積の広い州です。
幸い天気にも恵まれて、青空の元、真っ青なアドリア海、広大なオリーブ畑やワイン畑に点在する、いくつかの街を訪ねました。様々な時代が残した建物は、とても興味深かったです。
もちろんニネッタおばさんから、お料理レッスンも受けましたo(^-^)o
素朴な家庭料理、本当に美味しかったです。今日はアドリア海のポリニャーノの街の入り江とアルベロベッロ郊外の昔ながらのトゥルッリの画像をお届けします。
たくさんのイタリアでの思い出をスーツケースに詰めて、もうすぐ帰国します。
では皆さん!
チベディアーモ!
o(^-^)o
d0128354_10295014.jpg

by la-fonte | 2008-10-27 10:30 | 旅行

ナポリからプーリアへ

d0128354_9565068.jpg今日は移動日、朝早くナポリを後に、専用車でプーリアのアルベロベッロへ向かいます。途中、塩田で有名なマルゲリータ サボイアとカステル デル モンテに立ち寄りました。イタリアで1番規模の大きい塩田は、紀元前から脈々と受け継がれてきた塩作りの方法が取られています。
自然を生かして今も手作りに近い製法が使われているのです。
ナポリ王国に献上されていた貴重な塩は、その頃、王女の名にちなんでマルゲリータサボイアと街の名前にもなりました。古代に思いを馳せ、感動の時間を過ごしました。
そしてカステルデルモンテ、いつ訪れても素晴らしい中世の傑作、感動の世界遺産です。
今日は一日に二回、感動した、塩田とカステルデルモンテの画像をお届けします。
では皆さん〓
アリベデルチ (^O^)/


d0128354_957587.jpg

by la-fonte | 2008-10-26 09:57 | 旅行

ナポリ散策

d0128354_19283832.jpg今日は、ナポリ最後の日。
サンタルチア港の前にホテルをとった私達は手ぶらで街に繰り出しました。
10月にはめずらしく青空が広がり、目の前に広がる地中海、気分は最高です。
o(^-^o)(o^-^)o
ナポリ王国の繁栄を忍ばせる、プレシビシート広場、ガレリア、
王宮。重厚な建造物に感動しながら、庶民的なスパッカナポリへ向かいました。
途中、目に留まったのが美味しそうなドルチェ(^O^)
そうです、ナポリはお菓子の宝庫。ババ、スフォリアテッラ、デリッイァ等、地元で人気のお店「メリー」で一つづつ選び、頬張りながら歩きました。

d0128354_19285423.jpg
陽気な街ナポリでは、そんな事も出来てしまいますo(^-^)o
スパッカナポリでは庶民の生活の息吹に触れて、本当に楽しいナポリ散策でした。
もちろん何事もありませんでした。

今日はスパッカナポリ入口に立つ記念碑と街の様子の画像をお届けします。
では皆さん CIAO〓
by la-fonte | 2008-10-24 19:37 | 旅行

カプリ島で驚きの再会


d0128354_9361050.jpg
皆さん
コメ スターテ?
お元気ですか?
ナポリ郊外は携帯の電波状態が悪くて、ブログがあまり更新出来なくってごめんなさいm(__)m
ナポリのあとはソレント周辺に三泊しました。アマルフィ、ポジターノ、カプリ島、リゾート気分に浸りつつ食べ歩きやアグリツーリズモで料理レッスンを受けました。
そういえば、カプリ島では八年前のラフオンテツアーでお世話になったウンベルトさんに偶然会いました。こんな事ってあるのだなって、ご縁の不思議さを感じました。(*_*)

d0128354_9362125.jpgウンベルトさんも感激してリモンチェッろをご馳走してくれました!
皆さんにはポジターノの街の風景と魚介のフリットの映像をお届けします(^-^)/
今日はナポリ散策です。
でまた、アリベデルチ!
by la-fonte | 2008-10-23 09:36 | 旅行

ナポリでお料理レッスン

d0128354_9274161.jpgナポリ二日目は朝から快晴〓夏を思わせるような暑さです。
私達はフニコラー(ロープウェイ)に乗って、お料理の先生 マリネッラさんのお宅に向かいます。街の中腹に位置する彼女の家はまるでリゾート地のビッラの様。テラスからは右にベスビオ火山、正面にカプリ島、左にイスキア島が臨めます。陽気なマリネッラさんはナポリマンマの典型、ナポリの伝統家庭料理を二品習いました。メニューは、近いうちにラフオンテで公開しますので、お楽しみに!

上の写真は野菜たっぷりのパスタソース、下はレッスン風景です。本当に美味しく、楽しい時間でしたo(^-^)o
午後はソレントのアグリツーリズモ、明日はアマルフィ海岸へ行きま〜す。
では皆さん アリベデルチ! (^O^)/

d0128354_929368.jpg

by la-fonte | 2008-10-23 09:30 | 旅行

ナポリの初日はピッツアダミケーレ

d0128354_17562920.jpg皆さん
ボナジョルノ!
昨夜、ツアー参加の皆さん無事にナポリで集合出来ました(^O^)
ナポリ最初の夜のお食事は、ナポリ一の人気ピッツエリァ、ダ ミケーレに行きました。土曜日の夜とあって、いつにもまして、すごい行列(*_*)
整理券をもらって待つこと一時間、やっと入れました。ここのメニューはマルゲリータとマリナーラの二種類のみ、どちらもとても美味しかったです。


d0128354_175832.jpg
シンプルな店内に香ばしいピッツアの味わい、ナポリに来た事を実感しましたp(^^)q
皆さんにはダミケーレの行列とピッツアの画像をお届けします。
明日はマンマから習った、ナポリ料理教室のご報告をしま〜す。
by la-fonte | 2008-10-20 17:58 | 旅行

ルペストレ最後のチェーナ(夕食)

楽しかったルペストレ五日間の滞在も最後の夜になってしまいました(-_-)
週末に向かって皆さん忙しそうなので、最後の日は感謝をこめて、厨房でお手伝いすることにしました。玉葱にニンニクをどれだけ剥いたでしょうか?その後山のような玉葱をスライス、ソフリット(炒め)。土日に八十人の来客があるそうです。なんだかイタリアで修行していた頃を思い出しました。
でも厨房にいると途中で味見も出来るし、とても勉強になります〓今回、いろいろ教えてくれたジョバンナをご紹介します(^-^)/
ルペストレの厨房で13年間、マンマの味を守り続けています。
愛情溢れた素敵なシニョーラでした。
彼女も帰り、1番遅いお客様が帰ったのが11時半、明日の出発も早いので、一足先に部屋に戻っていると、ジョルジョから厨房へ御呼び出し〓
良く働いてくれたから目玉焼きに白トリフ、おまけにバローロを合わせようと言う。
え~こんな時間に〓
忘れていました。ここはイタリア(>_<)
d0128354_21391013.jpg

夜中に食事をするのも修行時代を思い出してしまいました。しかも厨房にゆくとジョルジョの奥さんまで、待っていてくれました。
バニラ香を放つバローロにピッタリのトリフの味わい。
ルペストレ最後の食事は忘れられない物になりました。
さてと明日からナポリ〓ラフオンテツアーの始まりです。皆さん無事に到着するかしら?私は体調もイタリア語もグッドコンディションo(^-^)o
次回のナポリからの報告をお楽しみに〓
では、皆さんアリベデルチ〓
d0128354_21392437.jpg

by la-fonte | 2008-10-18 21:40 | 旅行

秋のリビエラ旅行

昨日、ピエモンテ州の隣リグーリア州にジョルジョファミリーと一泊旅行に行って来ました。数ヶ月前に、イタリア気分で書いた世界遺産のチンクエテッレそして近くのポルタベーネレの10月の風景が見たくて、そして美味しい〓魚介料理が食べたくて、ジョルジョにお願いしたんです。どの街も、夏の華やぎのあとの落ち着いたシックなイメージでした。
d0128354_16112849.jpg

d0128354_16124949.jpgそれにしても、いつ行ってもリビエラには独特の雰囲があります。チンクエテッレは世界遺産として持て囃された、華やかな面もあるけど、もともとは自給自足の素朴な漁村。
泊まったアグリツーリズモでは忘れてた、温かいおもてなしの心を思い出させてくれました。
皆さんにはカラフルなポルタベーネレのたたずまいと、海辺でいただいたスカンピ(手長海老)のニョッキの画像をお届けします。
d0128354_16123287.jpg

by la-fonte | 2008-10-18 16:13 | 旅行

ピエモンテのカンティーナ見学

 今日までにカンティーナはボスコとトスティーに行きました。
両方ともプロセッコ・スプマンテの製造過程の見学だったのですが、ボスコはメトドクラシコ(シャンパニュー方式)トスティーはシャルマン方式の製造方法をみせていただきました。比べることが出来て、とても興味深かったです。
(もちろん、テイスティングもしましたよ)
両方とも、日本に輸入されている有名なカンティーナですが、どちらも歴史的な建造物の中とは考えられない、テクノロジーを駆使した環境でワインが造られていました。
その設備は素晴らしく、やっぱりピエモンテのワインビジネスってすごいなって思いました。
上はボスコの地下のカンティーナで撮ったものです。
d0128354_1713344.jpg


下はトスティーの瓶詰めの様子の写真です。
d0128354_1742859.jpg


ところで、これから、携帯電話でブログをアップすることになりそうです。
私の知識が乏しいのか?やはり、ネットがつながりづらいのです。
メールをくださっている方、お返事が思うように出来なくてごめんなさい。
少しボリュームは少なくなりますが、旅の様子を少しでもお伝えできるように頑張りますね。
戻ってから見ることになるかも知れませんが、皆さんのコメントも楽しみにしています。
by la-fonte | 2008-10-17 17:07 | 旅行