<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一年ありがとうございました(#^.^#)

 皆さん、どんな年末をお過ごしですか?
私は、29日からお休みを戴いて、「自宅でのんびりとしています。」と言いたい所ですが、いつも出来ない所の、お掃除に明け暮れています。それにしても、一年の汚れを落とすのって大変です。(*_*)  (ついでに、一年の心のアカも落とさないとね!!)

ところで、ラフォンテでは、12月26,27.28日の3日間、恒例のイタリア風おせち料理講習会を行いました。
今年も、イタリアの郷土料理をベースに、9種類のオードブルを作りました。
d0128354_23555252.jpgメニューは私が作り続けて来た伝統料理や郷土料理にアレンジを加えた物、そして今年出逢った料理の中から迷いに迷ってセレクトした物でした。
自分で言うのもなんですが、中々美味しく美しくそして楽しく、「今年の集大成の講習会になったかな~」と思っています。
お重に詰めたイタリアンも中々でしょ!
参加された方々、いつもより説明が多くて実習も忙しいレッスンにもかかわらず、御協力ありがとうございました。お友達や御家族と楽しんでいただけましたか?
一品でもレパートリーに加えていただければ嬉しいです。

さて、下の写真は一昨日、家族で食事に行った帰りに立ち寄った東京タワーのショットです。タワーも今年は50周年、なんだかますます輝きが増していた気がしました。
展望台からの夜景も綺麗でした *…☆***・・*☆**…*・・☆**…* 
d0128354_014470.jpgこのタワーの2008年の文字も、今日1日になってしまいましたネ。
今年は、皆さんにとってどんな年でしたか? 
きっと、出逢いあり、別れあり、再会あり、そして、喜んだり、悲しんだり、感激したり、色々な出来事があったことでしょうね。
思えば私にも様々な事があったな~。でも、そんな中、皆さんのお陰でなんとかラフォンテの1年を刻むことが出来ました。
今年も素敵な方々に御入学を戴きましたし、今までの生徒さんとも、レッスンやイベントを通して、ますます心を重ねることが出来た気がします。
今思えば、プライベートも含めたら、ちょっと大変な思いもあったけれど・・・・・
本来、マイペースなせいかしら?
どんな事も前向きに受け止められて、いつも心が安定していました。
きっと皆さんや友人そして家族の支えのお陰ですね。 o(^-^)o
この、今までの出逢いや様々な思いが、良い方向へ進んで行くように、来年へそして未来へとつなげて行きたいと思います。
いつも感謝を忘れず、人間としても成長できるように・・・・。

もう、足音が聞こえる2009年はどんな年になるのでしょう!
「新しい年は、私が大好きで大切な方々が、いつも健康で笑顔でいられる年になりますように!」心から願っています。
本当に一年間ありがとうございました。 m(__)m
by la-fonte | 2008-12-31 00:22 | お料理教室

大人になてもクリスマス p(^^)q

皆さん、Buon Natale!
クリスマスの夜をいかがお過ごしですか?
子供の頃はもちろんの事だったけど、今でもクリスマスにはサンタクロースが心に秘めた願いを叶えてくれるような気持ちになりませんか?思わぬプレゼントを戴いた方も多いのでは・・・・何と言っても一年に一度の聖なる日ですから f^_^;
なんて言う私は、な~んも特別なことは無く、一日お仕事で、夜は、インスパイリングに行ってボディーを鍛えてきたのですけれどね。(とにかく体が資本ですからねp(^^)q )
d0128354_22423777.jpgでも、昨日のイブはクリスマス特別講習会が終わった後、ヒルズとミッドタウンにイルミネーションを見に行きましたよ!とにかく人が多くてカップルばっかりで圧倒されました(*_*)が、さすが人気スポット、とても綺麗でした。
そう言えば、たまたま、通りかかったヒルズのアリーナで「Holy Night concert 2008」クリスマスコンサートをやっていました。ノルウェー王国のオスロ室内合唱団の歌声!天から降り注ぐ天使の歌声のような気がして、とても神聖な気持ちになりました。そして、大屋根プラザの「クリスマスマーケット」も覗きました。ドイツのイメージだそうですが、色取り取りのクリスマスグッツを並べたお店を見ていると心が弾みます、やっぱり大人になってもクリスマスって楽しくて素敵だなぁって思いました。 (#^.^#) 
ところで、ラオフォンテのクリスマス講習会はオードブル3種類と焼き菓子2種類を作りました。
オードブルはトマトのファルシーのサラダ・サーモンのムース・鴨のグリル赤ワイン風味、焼き菓子はアマンディーヌそして、イタリアのクリスマスでお馴染みのパネトーネ。
d0128354_22431757.jpg
このように、オーナメントやキャンドルと共に、並べると華やかでしょ!見かけばかりでなくテイストも中々だったと思うのですが…参加された皆さん、御家族や恋人、お友達と楽しんで戴けましたか?
私はアシスタントさんと、今日クリスマスランチで戴きました!
「食前酒はシャンパン・サーモンにはシャルドネ・鴨にはカベルネよね~。パネトーネにはアスティスプマンテでしょ!」なんて思いながら、仕事中なので、ぐっと我慢しました。
辛かった(>_<)

ラフォンテの12月のレッスンは全コースクリスマスメニューだったので、腕をふるった方も多かったのでは?もし良かったら皆さんが挑戦したお料理を教えてくださいね(^O^)/

クリスマスが終わると今年もあと一週間ですね~。
ラフォンテは明日から、イタリア風おせち料理講習会です。
今年は、イタリア地方料理のテイストを取り入れたオードブル9種類を作ります。
そちらの方は、また、御報告しますネ (^O^)
皆さん、寒い日が続きますが、年末の忙しさで体調など崩されませんように!
by la-fonte | 2008-12-25 23:03 | お料理教室

文化交流のお手伝い

 良く晴れた12月15日の月曜日!朝早くからジョルジョと鎌倉に行ってきました。
と言っても遊びではありません。
9時45分、鎌倉駅到着、そのまま直行したのは鎌倉市役所の市長室でした。
d0128354_22101977.jpg実は、鎌倉在住のフードジャーナリスト八巻元子氏が「鎌倉市とピエモンテ州の食文化交流コラボレーション企画」を提案され、それに市長さんが興味を持たれ、是非ジョルジョと会いたいと言う事で実現した顔見せ会だったのです。
何故私がそんな席に?
っと思うでしょ!
なんとなんと、私がジョルジョと市長さんの通訳という大役を任せられたのでした。
突然のジョルジョからの申し出にはじめは断っていたのですが、「イタリアの食文化を良く知っていて、ピエモンテでも生活した事がある、kayanoが適任!」とおだてられ、(-_-)
覚悟を決めたのでした。 (>_<)
工場見学や料理レッスン、もう少し軽い乗りの通訳はこなして来たもの…
私の通訳で「企画が実現するか否か?」と言う大役。そんな公式の同時通訳は初めてで、前日の夜は良く眠れませんでした。
クローゼットの奥にしまってあった、黒のスーツ、着たのは何年振りでしょうか?
そして、静まり返った市長室の空気、緊張しました。 (:_;)
食という共通語はある物の、何と言っても私が二人の橋渡し役…。
話の核心から、軽い話まで、私の通訳で緊張の空気が流れたり(*_*)(*_*)、その場が笑いで和んだりo(^-^o)(o^-^)o…。
精一杯頑張ったつもりですが、市長さんの固い日本語を訳す単語が見つからなかったり、ジョルジョが知らない表現を使ったり、とにかく冷や汗物でした! (-.-;)
たった、1時間のミーティングが何時間にも感じられたんですよ~。
d0128354_22301897.jpgそうそうこの様子、「江ノ電沿線新聞」と「かまくら春秋誌」各2月号に掲載されるそうです。近くにお住まいの方、機会があったらご覧になってくださいネ!
写真は市役所から許可を頂き、公開させていただきます。
私の左隣が金澤副市長さん、右隣が石渡市長さん、その隣がジョルジョ、後は八巻さんの関係の方々です。
なんだか、自分が自分では無く、空を飛んでいるような不思議な感覚でしたが、皆さん「良かった!」と褒めてくださいました。
とにかく終わった今となっては、とても良い経験をさせていただき、皆さんに感謝です。
ジョルジョは次回3月に来日予定で、その時にこの企画が実現してイベントを行う事になりそうな気配です。何といっても、市長さんの食文化への思い入れを感じたのです!
酒屋さんの八代目で御自信もワインアドバイザーの資格をお持ちなのですって!

その折はもう少し自分で満足が行くお手伝い出来るように、ますますイタリア語の勉強頑張ろうっと!! (^O^)/
by la-fonte | 2008-12-20 22:36 | 最近。。。

マリアからのお礼の電話

 先週、アルベロベッロのマリアから電話がありました。
私が送ったプレゼントが届いたという知らせ…こちらが恐縮するほど何度も「Grazie!(ありがとう)」を繰り返していました。
彼女はとても元気で、日本の不景気をとても心配していました。織物の彼女のお店は、日本人観光客がかなりのお得意様だから気になる事なのでしょうね。d0128354_22543673.jpg
それはそうと、私がマリアに送ったものは実はこの前の旅行の時に彼女から頼まれた物でした。
旅行前に「日本から買ってきて欲しいものはある?」と聞くと「歯を綺麗にする物。小さいのね。」と言うのです。「小さい歯ブラシの事ね~。」と私は思い込み、「いくつ欲しいの?」と聞くとなんと「20本くらいかしら?」と言うのです。
いくらイタリアだって歯ブラシくらい売っているだろうに!
でも、イタリアの歯ブラシって質があまり良くないし、サイズが大きくて使いづらいのよね~。私も生活していた時、持ってくれば良かったって思ったものね~。
それにしても20本なんて、家族一族全部の分かしら?
なんて自問自答しながら、六本木のマツモトキヨシに行き、迷わずなるべくサイズの小さい歯ブラシを20本買いました。
マリアのお家で得意そうに歯ブラシの山を見せると「違~う!これじゃなくて…」と奥へ行き、取ってきたのはなんと歯間ブラシだったのです。
確かに歯間ブラシは小さいし、1パック20本程入っている。歯間ブラシを使う習慣がない私は全く思いつかなかった訳です。(ちなみに私はデンタルフロス派です!)
確かに、歯ブラシを買ってきて欲しいなんて可笑しいと思った!d0128354_22573358.jpg
と言う事で、日本に帰って再びマツモトキヨシに行き、お詫びも兼ねて80本程買って送ったのでした。
その後イタリアに住んでいる日本人に聞くと、やはりイタリアには歯間ブラシは無いらしく、彼女も日本に帰った時に買って行くとの事でした。
以前、イタリア人から「ホッカイロ」とか「アカスリタオル」をたくさん頼まれたこともあったけ!
日本にあってイタリアに、無い物を売り出したら結構当たったりしてね。
でも利益も少ないし、かなり賭けのビジネスですね~。 マリアが心配していた様に世の中は不景気だし、やっぱり大好きなお料理で地道に頑張って行こうっと!
by la-fonte | 2008-12-13 23:06 | 食べ歩き

唐辛子むすめ ピーナ p(^^)q

前回はイタリアから届いた陶器の話題でしたが、今回は私がイタリアから連れて帰ってきた唐辛子むすめピーナを御紹介します。
ピーナと出逢ったのはアルベロベッロの食材屋さんでした。
d0128354_001727.jpgお店のシニョーラ(奥さん)とは顔馴染みで、街を訪れると必ず立ち寄るお店です。
パスタ・野菜のオイル漬け・オリーブオイル・ワイン 等、商品の並べ方のセンスが良いし、家族皆が感じ良いのでついつい長居をしてしまいます。
10月に行ったときも、シニョーラが1年半ぶりの再会をとても喜んでくれました。
可愛く陳列された商品の中で、今回私の目を惹いたのは、胸元が大きく開いた黒いセーターにペペロンチーノ(唐辛子)柄のスカートの陶器のお人形でした。(写真の右下に居ます。)
両手で大きなペペロンチーノを持ち上げているポーズが官能的で中々の美人です。
この陶器人形は隣のカラブリア州の民芸品なのですが、以前、カラブリアで買い損ねて、それが悔やまれてしかたありませんでした。でも、まさかプーリア州で会えるとは…。
大きなスカートの中にはペペロンチーノが詰まっていたのですが、何と言っても唐辛子で有名なカラブリア産、風味が良いので大切に使っています。
d0128354_005013.jpg陶器人形のプライスは14ユーロ(1,800円位)でした。
迷わずに「連れて帰ります!」とシニョーラに言うと割れないように、厳重に包んでくれました。そして「可愛がってね!プレゼントよ!私を忘れないでね。」っとなんと戴いてしまったのです。
本当に、彼女を見るとシニョーラを思い出せるし、嬉しかったで~す。
ピーナと言う名前は私が付けました。
ペペロンチーノのように辛口で燃えるような情熱を持った女性のような気がしたので、南イタリアチックな名前にしたのです。
それにしても、ピーナのプロポーション素晴らしいでしょ!
クッと上がったバストに括れたウエスト…。憧れるな~。
私もますますエクササイズ頑張って、ピーナを目指そうっと!!
これから、ラフォンテの玄関で、情熱的に皆さんをお出迎えしますので、可愛がってくださいね。(#^.^#)
by la-fonte | 2008-12-06 00:12 | 旅行