<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

味の素グループ創業100年記念セミナー

4月16日(木)ホテルオークラで行われた、お料理研究家・料理学校関係者対象,味の素株式会社100周年の記念セミナーに参加してきました。
第一部は京都・瓢亭 十四代 当主 高橋英一氏の「だし・うま味を効かせた日本料理」の講演でした。
和食にとって、出汁は命と言われますが、昆布・鰹節の割合・引き出すタイミング・温度、どれをとっても学ぶ事ばかりです。試食した「白魚と筍のしんじょのお吸い物」本当に美味しかったです。
実は、こんな私も20代の頃は会席のお稽古に通って繊細な日本料理も作っていたのですよ~。
あの頃は、和食の奥の深さに感動していました。
その頃の事も思い出しながら聞いた高橋氏のお話、ゆっくり和食を味わいたい気持ちになりました。
そして、第二部は「世界で注目されるうま味の新しい価値について」の講演でした。d0128354_2347621.jpg
「うま味」は1908年池田菊苗博士が「グルタミン酸」を発見され、それをうま味と名づけたのだそうです。
今では、苦味・塩味・酸味・甘みと並ぶ5つ目の基本味として世界中で注目されています。
そう、なんと発見から今年で101年目、味の素さんは発見の次の年の創業なのですね。
講演でお話がありましたが、「うま味」が理解できるのは、日本人がトップ、そしてその次がイタリア人なのだそうです。確かにイタリア料理には野菜・乳製品・キノコ類のうま味を生かした料理がたくさんあります。和食とイタリアンの間にはやっぱり共通点が多そうです。
そう言えば、数年前、味の素さんの協力で「イタリア料理とうま味」を執筆した事がありました。あの頃は、うま味について様々な本なども読んだのですが、最近ちょっと遠ざかっていました。これを切っ掛けに、世界で注目されるうま味について勉強しなおそうと思いました。
(「イタリア料理とうま味」の小冊子御希望の方は教室にまだ数冊ありますよ~。欲しい方はどうぞ!)
d0128354_23474169.jpg第三部は懇親会でした。そこには、雑誌やテレビでみかける有名な先生がずら~っり....。
(サインなど戴かなかったので安心してください!)
私がお料理を始めた頃にお世話になった懐かしい先生方にもお目にかかれたし、一緒にお仕事もした味の素の方々ともゆっくりお話できました。
そうそう、前列のテーブル席にお座りだったのは、70~80代の大御所の先生達。すごい貫禄で皆さんお元気。私なんて若手って感じです。
私も、まだまだ頑張らないとね。
今日は、色々な意味で触発された有意義だったセミナー参加の御報告でした。
by la-fonte | 2009-04-17 23:58 | 最近。。。

イタリアのアブルッツォ州の地震

4月6日に起こったイタリア アブルッツォ州「ラクイラ」の地震、死者が250名を超えたようです。
けが人は1000人以上だそうです.。
私はイタリア国営放送(RAI)のラジオ放送を聴きながら仕事をしているので、悲惨な様子がリアルタイムで伝わってきます。被災者や知人を心配する人の口調は少し早口で悲しみに満ちています。
日本にいると詳細な報道がないのですが、現地では痛ましい映像がTVから流れている様です。
ラジオからの実況でも十分悲惨な様子が伝わってきます。
たまたま、6日の午後はローマ出身のドリス先生のイタリア語のレッスンでした。
地震が起こったばかりで、こんな大きな被害になるとは予想も出来ず、イタリア人がどれだけ地震に警戒心が無いかを話してくれました。
確か、64年にはナポリ近郊で、94年にはバジリカータ州で多くの死者を出した大型地震がありました。友達が住む、プーリアのフォッジャも19世紀に地震で街がかなりの打撃を受けたと話してくれました。どの都市も、地震にもう少し警戒心があれば、被害が少なかったのかもしれません。言われて見れば、石造りの建物が多い、イタリアには耐震性を考えて作った家なんて無いかもしれません。
 ローマから95km のラクイラの街、私は無いのですが、ドリス先生は何度か行った事があるそうです。中世のたたずまいで静かな街、カテドラル(大聖堂)がとても美しいとお話をしてくれました。
もう、その街も今では変わってしまっているのですね。本当に悲しいことです。
そう言えば、「1995年の阪神淡路大震災」の折、いち早くイタリアのお友達が電話をくれて、私が元気な事にとても安心してくれた時の事を思い出しました。
幸いアブルッツォには、私のお友達は住んでいませんが、一刻も早い被害者の救出と被害が拡大しないことを願うはかりです。
by la-fonte | 2009-04-08 15:20 | イタリア

川越が舞台の「つばさ」

 早いもので4月に入ってしまいました。
寒さでフェイントをかけられていた桜も、今週から来週にかけて満開ですね。
私も、明日の土曜日はお花見の予定です!
ちょっと明るめな色の洋服で出かけたいと思っています。
やっぱり春は気分が華やぎます o(^-^)o
ところで、今週からNHK朝の連続テレビ小説で「川越」を舞台にした「つばさ」がスタートしました。見ている方はいますか?
私が川越在住と言う事は以前お話しましたが、実は、5歳から川越に移り住み、小学校も中学校も川越市立、高校に到っては「川越女子高校」とうい地元の女子高、つまり、18歳までまったく外に出た事のない地元密着の人生を歩いていました。
d0128354_0353755.jpgそんな愛着のある自分の街が舞台とあれば、「やっぱり見なくては….」毎日見る決心をしました!
今週も欠かさず、見ましたが、実家の裏の土手や、通学路だった町並みが登場しました。100年以上時を刻んで来た「時の鐘」も何度も映りましたし、幼い頃の一大イベント川越祭りまで出てきました。
d0128354_0363328.jpgお話はというと川越の老舗のお菓子屋さんのお話。主人公のつばさは、老舗の和子屋さん「甘玉堂」の娘です。お店は蔵造の町並みの中心にあるお店と言う設定になっています。
そう、川越は小江戸とも呼ばれる、商人の街ですから中心地には今でも由緒正しいお店が、昔の造りのまま残っているのです。(上の写真)
そんな街を舞台に、「つばさも川越の古い文化や伝統をテーマにしたお話?」と思いきや….なんとなんとコミカルな内容でした。だって、突然「川越祭り」でサンバを踊ったりしてしまうのです。(もちろん本当は有り得ません。)
明るい乗りで、川越の文化を知らせてくれるのかしら?
これから半年間、ドラマの展開が楽しみです。
そう言えば最近、土日は人の多さに驚かされます。
駅に人が溢れているのです。以前は無かった気がします。
日帰り観光地として人気が出てきていて、団体の観光バスも良く見かけます。
ヒロインの「つばさ」の台詞にもありましが、私も「川越の街が大好き!」です。
落着いた素敵な良い街ですから・・・。
もし良かったら、ゴールデンウイークに、私の街に遊びにいらしゃいませんか?
季節も良くなることだし、参加者がいれば川越散策会を企画したいです~。
o(^-^o)(o^-^)o
by la-fonte | 2009-04-03 11:10 | 最近。。。