<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

二月大歌舞伎

 先日、両親と歌舞伎座さよなら公演へ行ってきました。
午後の部で演目は1.「壺坂霊験記」2.「高杯」3.「籠釣瓶花街酔醒」でした。
特に、3は数年前私が歌舞伎を初めて見た時の演目で主役が勘三郎と玉三郎と同じキャストだったのでどうしても今の歌舞伎座でもう一度、見たかったのです。d0128354_22243855.jpg
最近は歌舞伎は人気があってネットがつながりづらく3枚続きのチケット、やっと取りました。
 それにしても、籠釣瓶では、相変わらず、勘三郎の鬼気迫る演技は素晴らしく、玉三郎もとても綺麗でした。花魁物は衣装が美しく、うっとり見ていました。
玉三郎ふんする八橋花魁が切られた瞬間の艶めかしさはぞ~っとしました。
終演後、両親に感想を聞くと、二人とも口をそろえて「籠釣瓶も綺麗だったけれど、壺坂の方が良かった」というのです。
「壺坂」は三津五郎と福助の二人芝居。
けっこう地味~な芝居でした。
セットもシンプルでテーマは「夫婦愛」って感じでした。盲目の夫が妻に迷惑をかけない様に、谷底に身投げをしたのを知って、妻が、後追い自殺みたいな古風なものです。
私にはピンと来ないというか・・・現代では有り得ない話?
両親に理由を聞くと、どうもこのお話は、彼らが若いころ一世を風靡した、浪花節(浪曲)、「妻は夫を労わりつ、夫は妻を慕いつつ」の一節の演目だったとの事。「良い話だよね~。」皆さん知っていましたか?
私は知りませんでした。d0128354_22251628.jpg両親の世代(70代です。)には、あの手のお話が美談だったのでしょうね。結局、一度は死んだ沢一お里は観音様の御慈悲で生き返り夫の目も見えるようになるんです。素晴らしい大奇跡!!そうですね、こんな風に観音様が見ていて下さるなら、私も家族愛について考え直して、親孝行しないと….。
それより、今回、歌舞伎座で食べた焼きたての「きんつば」がすご~っく美味しかったです。坂上家全員大絶賛でお土産で箱で買って帰りました。
行く方は試してみてください。
今の、歌舞伎座も4月までですね。
あと1回は行きたいところです。
とにかく親子で楽しい時間が過ごせて良かったで~す。
by la-fonte | 2010-02-22 22:35 | 最近。。。

春を告げるヴェネツィア料理


 立春も過ぎ、暦の上では春だというのにまだ寒い日が続きますね。
イタリア人にとって春を告げる行事と言えば、そうカーニバルです。
仮装した人が街を練り歩くヴェネツィアのカーニバルはとても有名ですよね。
今年は2月6日~16日で行われているそうです。まさに今が真っ盛り!
ヴェネツィアの美しい風景に仮装にマスケラ(仮面)をした人々が映えてそれは幻想的なのでしょうね。d0128354_0132093.jpgヴェネツィアには何度か行った事のあるのですが、残念ながらカーニバルの時期に当たった事がないのです。是非、一度は行ってみたいものです。
そうそう、今年は知人の濱田さん御夫妻がいらしているので、お戻りになったら御話を聞くのが楽しみです。
出発前、御縁あって今回のご旅行のお手伝いをさせて頂いたのですが、なんと濱田さん奥様は今年79歳・御主人も70代後半。仲良く元気に70代でイタリア旅行なんて素晴らしいですね~。北~南へ2週間の旅だそうですよ!
 それはそうと、先週の中級Ⅱコースのテーマはカーニバルに合わせて「春を告げるヴェネツィア料理」でした。
前菜は「ホワイトアスパラとホタテのグリル ハーブソース添え」(写真上)でした。簡単に出来るのにちょっとレストランぽいでしょ!
ホワイトアスパラはヴェネツィアの近くのバッサーノ デル グラッパが産地として有名なのですが、実は2月から4月の季節限定の野菜。日差しが強くなると栽培過程で土をかけても葉緑素が出来てしまうそうです。日本でも、この季節みかけるようになりました。
d0128354_01498.jpg以前4月にヴェネツィアを訪れた時ホタテと合わたのを食べて美味しかったので再現してみました。
アスパラのほろ苦さと甘みのあるホタテがベストカップルです。アスパラは苦味が残らない様に茹で上げるのがポイントです。
パスタは「ヴェネツィア風 クロスターチェのパスタ」(写真下)。クロスターチェは甲殻類の事ですが、今回は海老と蟹の両方を合わせました。
ヴェネツィアはトマトが取れないので、お料理にもトマトを入れる事はまれです。
今回もタマネギと白ワインで仕上げて、春らしく菜の花を合わせラックペッパーで味にポイントを付けました。
そして、私がセレクトしたワインは「ピノグリージョ」しっかりとした酸味とほのかな甘みが前菜にもパスタにも素晴らしい??アビナメント(組み合わせ)だったと思います。
メインは「トレビスのスカロッピーネ」ドルチェはバレンタインに合わせて「チョコレートケーキのドージェ風」。
フルコースでヴェネツィアの春をお届け出来たと思うのですが・・・。
参加された方、お味の方はいかがでしたか?

P.S. さっそく、りかりんがブログでアップしてくだだったので、見てみてください!!
http://ameblo.jp/buonavita-licca
by la-fonte | 2010-02-13 22:11 | お料理教室

L`ESTASI でちょっと優雅なランチタイム

 春を思わせる日差しが広がった月曜日、ワインスクールのお友達とちょっと優雅なランチを戴きました。行ったのは六本木ヒルズ ケアキ坂の「L`ESTASI」です。
ワイン大好きな彼女から「イタリアンを食べながら、ワインと御喋りを楽しみたい!」とのリクエストを戴き、私がセレクトしたお店です。
理由は、イタリアらしd0128354_1234941.jpgいお料理+美味しいワイン+都会の喧騒を忘れられるスペース、全てクリアしいるって感じだったからです。
L`ESTASIは私にとって超高級店なので、近くにあってもそう頻繁に行けないお店です。お買い物で良く前は通るのに、思えば行くのは2年半ぶりでした。
皆さんは行った事がありますか?
店内はイタリアモダンアートを基調にしてシンプルながらとても洗練されいるのです
今日は窓側に座ったのですが、客席の前の広いテラス越しに明るい日差しが入って気持ち良かったです。夜はきっとケアキ坂や遠く臨むミッドタウンのルミネーションでロマンチックなのでしょうね・・・
ランチのコースは4種類あります。迷ったあげく、私たちはアラカルトにしました。
アンティパストの「生ハムとマスカルポーネのスプーマ」から始まって、「牡蠣のグラタン」「ピッツァ マルゲリータ」「アワビとボッタルガのパスタ」「イベリコ豚のグリル」「ペコリーノチーズ」っと戴きました。(良く食べましたね~)ピッツァは本格的な窯で生地を厚めに香ばしく焼いたナポリ風。(上の写真)シンプルで美味しかったです。
ワインは、グラスのフランチャコルタのスプマンテに始まって、プラネタのAlastro(アラストロ)を1本空けました。(昼間から飲みすぎ??)
d0128354_1243771.jpgこの白ワイン、グレカニコ種とシャルドネ種を半分づつ使ったシチリア産。熟したメロンや白桃の香り。ホワイトチョコレートのような甘い香りがして、ボッタルガの塩分とイベリコ豚の甘みのある脂身にピッタリでした。お魚・お肉・チーズと中々守備範囲の広いワインなので、今度レッスンでもお出しようと思います。
ところで、L`ESTASIは「完璧な至福」という意味からついた店名だそうですが、今日は本当に優雅で至福の時を過ごしました。
そして美味しく楽しく食べれる「健康」に心から感謝した一日でもありました。

そうそう、今L`ESTASIはリニューアル3周年記念と言う事で、2月28日までワインが3割引きなのです!  

そんな事も重なって、ラッキーでした!
by la-fonte | 2010-02-08 10:22 | お料理