<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

40年間 お疲れさまでした!

 本日、2010年3月31日をもって、私の両親のお店が閉店しました。
川越市役所の前にある、街の食堂という感じの小さなお店でしたが、中々の趣のある建物でひそかな人気の繁盛店でした。
特に評判だったのが、麻婆豆腐で辛さも適度な「優しいおふくろの味」と言う感じ、私が大好きだった味噌ラーメンは白みそ・赤みそにバターを練りこんだ濃厚な仕上がりでした。d0128354_2372934.jpg
(写真の上がニラレバ炒め・麻婆豆腐 下の写真が味噌ラーメンです。)
どちらも、両親が工夫を重ねて作り上げた味で、私の味覚を育ててくれた料理なのかもしれません。
お店が開店したのは1970年3月。
ですから、私がまだ幼い頃です。
父はいわゆる脱サラ組で、根っからの商人ではなかったので、手伝っていた母はとても大変だったと思います。
私が小学校の頃は、お店を始めて間もなくでしたから、彼らはお店を軌道に乗せるべく、必死に働いていました。春も夏もまとまった休みを取らなかったので、両親と長期旅行をした覚えはありません。
私がイタリア留学中は是非とも遊びに来て欲しかったのですが、「貧乏暇なし!」っと言って一度も来る事が出来ませんでした。
川越も今でこそ、日帰り観光で注目されていますが、以前はかなり静かな街。
そんな中で、市役所の役食のように大損もせず大儲けもせず、コツコツと正直にやってきたお店でした。
以前は昼夜の営業で忙しくしていましたが、子供達が独立した後は、ランチタイムのみのマイペース営業になりました。
そんな折、お店d0128354_2381333.jpgが都市計画地に当たり取り壊す事になった事に合わせて、年齢も考えて暖簾を降ろす事を決めたようです。
思い出一杯の昭和の建物がなくなるのはとても寂しい気持ちです。
お店も両親も40年間本当にお疲れさまでした!

ラフォンテは開校して、今年で13年目、両親のお店の半分にも満たないわけですね。
「目指せ40年!」とはいかないまでも、ふたりを見習って私もこれから頑張って行こうと思います。
両親にはこれからは、ゆっくりと第二の人生を楽しんでもらいたいです。
近年中にでも、両親のためにイタリアツアーを組まないといけないですね~。
by la-fonte | 2010-03-31 22:05 | 最近。。。

5分咲きの桜の中 嵐の湯へ行きました!

 それにしても、昨日まで寒かったですね~。皆さんは体調を崩されていませんか?
私は花粉症もなく、至って元気です。
そして、今日は、金曜日でラフォンテはお休み!
午前中は特別予定が無かったので、六本木~十番界隈をウオーキングしました!d0128354_2329727.jpg
春の薄日の中、気持ち良かったです。
そう、桜はどうかしら?っとヒルズの毛利庭園も通ってみました。
ご覧の通り桜は5分咲きf^_^;でした。
ヒルズでは、今日26日から、28日日曜日までイベント「春まつり 2010」が開催されています。
私が通りかかった午前中は庭園周辺にカフェや屋台を用意していましたよ!残念ながら「春まつり」満開には当たらなかったですね。でも明日の夜あたりいってみようかな~。
確か、焼きそばとかおでんとかありましたよ~(#^.^#)。(そそられるでしょ!)
それにしても、「毛利庭園」のソメイヨシノ・枝垂れ桜、そして六本木さくら坂のソメイヨシノは毎年本当に綺麗です。桜のライトアップは毎日17時30分~23時、4月中旬まで行われるそうですので、レッスンの帰りでも皆さんも良かったら行ってみてくださいね。
そして午後、遊びに来てくれた友達とおしゃべりした後は、昨日までの冷えを改善するため、「嵐の湯」へ行ってきました。
d0128354_23293836.jpgグランドハイアットの前にある「天然温泉薬石浴」なんですが、皆さんご存じですか?「生命体誕生鉱石15種類」を混ぜた岩盤浴なのです・・・
その鉱石のパワーが素晴らしいのです。
行った日は体がポカポカして、良く眠れて、次の日はお肌がつるつるです。
実は私3年前から時々おじゃましています。
でも、最近はフィットネスの岩盤浴が多かったので、今日は久しぶり・・・
やっぱり大理石の岩盤と違って湿度も適度にあり、本当に気持ち良かったです。
人間の体って体温が1℃上がると免疫力は約60%活性化するそうですよ!
風邪をひいたとき熱が出るのも、体温を上げて免疫力を上げようとする防衛反応なのですって!嵐の湯に通うと平均体温が上がって、免疫力アップだそうです。
興味があったらサイトを見てみてください。
http://www.arashi-yu.com/roppongi/index.html
今、とても体調が良いので、また通ってしまいそうです p(^^)q
桜と嵐の湯、今日はまったくイタリアンと関連性のない話題で申し訳ありません。
それにしても、なんだか今年は桜が長く楽しめそうで嬉しいですo(^-^)o
by la-fonte | 2010-03-26 22:28 | 最近。。。

川越はミモザが満開! 東京では桜が開花!

先週の月曜日は友達が3人、川越に遊びに来てくれて蔵の街を散策しました。
週の初めで観光客はまばらだったのですが、天気にも恵まれて春の日差しの中ゆっくりと散歩が楽しめました。
小道にミモザが満開のお宅を見つけたので皆さんにお届けします。
d0128354_23145821.jpgミモザはイタリアで春を告げる花。
そして、先週の基礎科のケーキはザバイヨーネクリームを使った「ミモザケーキ」。10年以上前にトスカーナでレストランのシェフに教えて戴いた自信作です。(参加された方、かなり美味しかったと思うですが・・・)ちなみに、「ミモザケーキ」(トルタ ディ ミモザ)はイタリアでは、春に食べられるドルチェの一つです。
 さて、そして、土曜日から3連休。皆さんはいかがお過ごしでしたか?春の便りが聞かれる中、遠出された方も多かったのでは?
それにしても、土日はすごい風でしたね~。
土曜日のレッスンの後、お買いものに出かけたのですが、六本木ヒルズではビル風で飛ばされそうで
(O_O)やっとの思いで家に帰りました~。所によっては、屋根が飛んだり、家事があったり、強風でかなり被害が出たみたいですね~。私はなんとか無事に帰れて良かったです。
日曜日はレッスン後、映画に出かけました。今話題の「ハートロッカー」だったんですが、イラク戦争が舞台の映画の重みも相まって、帰り路が超寒かった(-.-;)
d0128354_23155224.jpg月曜日は午後から友達と約束があったのですが、お昼頃時間が出来たので、有栖川公園をお散歩しました。
それと言うのも、午前「靖国神社の桜(ソメイヨシノ)が開花!」というニユースを聞き確かめに出かけて行ったのでした。開花は昨年より1日遅いけれど例年だと6日早いそうですね~。
のんびりと歩いていたら、中庭の桜まで行く時間が無くなってしまったのですが、入口にある池に映る緑が美しかったので、1枚写真を撮って来ましたのでお届けします。
この分だと、来週半ば位が満開でしょうか?
参加予定の4月2日(金)有栖川公園でのお花見まで持つかしら??
今週のブログは取りとめのない春の便りと、特別な事のなかった私の3連休の話になってしまいましたが…。
とにかく、皆さん、短い期間ですが、日本人が一番こころ華やぐ桜を満喫致しましょう!!
o(^-^o)(o^-^)o
by la-fonte | 2010-03-22 23:12 | 最近。。。

ひと足先に満開な夜でした!!

春の日差しが広がった、3月12日金曜日、神楽坂のコントワール アッシュで「春のワインと料理の会」を催しました。  o(^-^)o
当日は、基礎科~上級コースまで12名の方々が集まってくださいました。
ラフォンテは小さな教室なので別なコースの方々が顔を合わせる機会は、多くはありません。なので、初めて顔を合わせた方もいらしたようです。
d0128354_04569.jpgでも、そこはラフォンテに集うお酒と食を愛する同志達!  すぐに打ち解けて、初めから皆さん酔いが回っている様な(*_*)・・・・感じでした。そして、オーナーの炭田広美さんは卒業生。
あんなにもパーティーがにぎやかに盛り上がるのを予測してか?
当日は貸切りにしてくださいました。
まず、食前酒としてお出し頂いたのは、ハイパー・エドシックのシャンパン。赤いエチケットが印象的!かつてはマリリン・モンローが愛飲したエピソードでも知られているそうです!
華やかなラフォンテの生徒さんにピッタリ!上の写真はシャンパンを注ぐ炭田さん、下の写真は嬉しそうにグラスを傾ける私たちです o(^-^o)(o^-^)o
d0128354_052873.jpgお料理は前菜2品・スープ・パスタ・魚・お肉・イチゴのデザートと盛りだくさん。
特にパスタは「春のドルチェビータ」と名付けられた、筍・フキノトウ・空豆の春野菜を白ワイン仕立てにした物。上には生ハムが乗って彩りも綺麗でした。
今度、家族のランチで作ってみようと思います。上手に出来たら御報告しますね~。
ワインの方はお料理に合わせて、ブルゴーニュの白・赤・イタリアのトレンティーノの赤をセレクトしてくださいました。どれもピッタリでした~よ。
さんざん食べて飲んだのに、それでも帰らない私たちに、スペイン・南オーストラリアの珍しい赤も出して下さいました。それで、会費が8000円はリーズナブルすぎ!!!
桜には少し早い集まりでしたが、ひと足先にお話も気分も満開になった本当に楽しい夜でした。幹事のハンティさん本当にお疲れ様でした!

それにしても、神楽坂の「コントワール アッシュ」相変わらず、手作り感のある素敵なお店、是非皆さんもいらしてみてください!
お店のインフォメーションは以下の通りです。
新宿区神楽坂3-6-40  かぐらビル3F  電話 03-3268-1817 
こじんまりしたお店なので、必ず予約してくださいね!!
by la-fonte | 2010-03-15 22:30 | お料理教室

冬の名残と春のケーキ

先週は暖かい日が続いていたのに、この週末は凍えるような寒さ!
おまけに、金曜日に頑張ったポールストレッチのエクササイズで私は腰痛になってしまい(>_<)土日は仕事に行った以外はお家で静かにしていました。
この腰痛、どうも腹筋がないのが原因みたいf^_^;  今後、鍛えたいと思います。
春めいてきたというのに、何だか色気のないお話になってしまいましたが…
d0128354_035022.jpg気を取り直して、前回の中級コースで合わせた料理とワインのアビナメント(相性)がとても評判良かったので (#^.^#) で御紹介します。
それは、塩タラのサラダと「アルトアデジェ州」のソービニオンモック です。
タラは冬の食材なので、「名残」として使ってみました。
臭みを抜きながら茹でた後は、ほぐしてハーブを加えレモンとマヨネーズで仕上げ、濃縮したバルサミコを添えています。それが、青リンゴ系のすっきりとした酸味と果実味のある白ワインにピッタリだったのです~。
「ソービニオン モック」は羊の象形文字が目印のセンスの良いラベルで以前から好きな一本です。値段は2500円位だったと思います。軽いクリーム仕立てのお料理にとても合います。
是非試してみてください!

 ところで、明日3月8日はイタリアは「La festa della donna」(女性の日)です。
当日 女性は、育児や家事から解放されて自由に出かけて良い日なのですって~。
d0128354_042955.jpgそして、いつもの感謝をこめて、男性から女性に送られるのがミモザの花です。
この季節、お花屋さんのウインドウを鮮やかな黄色に彩っている可憐な花です。
確かに、数年前、3月8日に偶然ローマに居た事がありましたが、街はミモザの花であふれていてとても活気がありました。。
イタリア人にとって、女性の日が終わると「いよいよ春到来!」て感じですね。

 そして、今日、もうひとつご紹介したいのが「春のケーキ」として作った。
イチゴのムースを中に流した「イチゴのズコット」です。
プレーンとココアのスポンジで2色に仕上げました。添えてあるお茶は我が家の庭で有機栽培したミントティーです。
 と言う事で、本日は腰痛の中(-.-;)
「冬の名残のサラダ」と「春のケーキ」の御紹介でした!


明日は感謝心の詰まったミモザの花が届くかしら?!(最後 独り言でした)
by la-fonte | 2010-03-07 22:02 | お料理教室

六本木の信濃屋さん 閉店 (:_;)

2月の最終週は春の様な暖かさでしたね~。
そして今日から3月、最近は薄手の春色のコートで出かける日も多くなりました。
こんなふうに、春の気配を感じると、「今年も別れそして旅立ちの季節が来るな?」と感じるのは私だけでしょうか?
で、私の最近一番、悲しかった出来事が「信濃屋六本木店の2月末日の閉店」でした。d0128354_23491463.jpg
信濃屋さんはラフォンテに近い六本木通りにあった酒屋さんで、フランス風の赤く丸いテントが目印でした。(写真上)
レッスン中に信濃屋さんで手に入るお勧めワインをご紹介した事も多かったので、立ち寄った生徒さんも多いのでは?
私は週1~2回は通っていました。
(どうも、この近辺の顧客ベスト30に入っていたようです。)
お店では、天井まで積み上げられた8段の棚が壮観でした。(写真下)下段には2000~3000円前後のワインが赤・白別に売り上げ順に並んでいて週ごとに見るのが楽しみでした。ランキングではワイン市場の動向が良くわかったし、何よりとても買いやすかったのです。
他にも珍しいチーズ・食材・お菓子が置いてあって、いつも本当にお店に行くのが楽しみでした。d0128354_23494534.jpg

 思えば信濃屋さんが開店したのが2007年の春。この3年間、お店が主催するワイン会に何度か参加させていただきましたし、2年前にはコラボで「イタリア料理とワインの会」をラフォンテで開催しました。
以前ブログでも何度か紹介させて頂きましたが、ワインと料理を合わせて行く勉強会というよりは、食事会の様なものでした。会は各月で5回ほど続いたので参加された方は懐かしく思い出していただけるのでは!?
毎回講師で来てくださった、当時店長さんのダニエルさん、とてもお世話になりました。本当に楽しいイベントでした。他にも、いつも無理なお願いを聞いてくれた副店長の平さん、流暢な英語の元気印の佐藤さん、モルトに詳しい林さん、配達の香取君、レジの可愛い川口さん。
スタッフの方々との思い出は尽きないです。
皆さんは、お店を移られたり、フランスに勉強に行かれたりそれぞれの道を歩まれるようです。
そう、別れの季節は旅立ちの季節でもあるのですね~。
とにかく今は信濃屋六本木店の皆さんへ、「3年間たくさんの思い出をありがとう!」と申し上げたい気持ちでいっぱいです。
ただ、信濃屋さんがなくなるのではなくて新橋店と合併だそうなので、今度はバスに乗ってお買い物に行きたいと思います。
by la-fonte | 2010-03-01 22:30 | 最近。。。