<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

生そら豆とペコリーノ&ベリーとバルサミコ

今週の中級コースは「初夏の爽やかなイタリアン」をテーマにメニューを組み、シチリアの白ワイン「インソリア」を合わせました。メニューは、
■そら豆とペコリーノのパンツェロッティ■オレキエッティのフレッシュトマトソース■スペアリブのカチャトーラビアンカ■ベリーのマチェドニア バルサミコソース
アンティパストの「そら豆とペコリーノのパンツェロッティ」は、イタリア人の食材の組み合わせをヒントに私が考えたオリジナル料理です。
d0128354_023317.jpgフォカッチャの生地に茹でたそら豆とペコリーノを包みこみオーブンで焼くのですが、結構な自信作です。洋なしやメロンのような甘い果実香、フレッシュな味わいの「インソリア」にピッタリでした。
実はこの料理の、ヒントにしたのは、トスカーナの定番の食べ方・・・
春から初夏トスカーナでは生のそら豆と羊のチーズ「ペコリーノトスカーノ」を前菜で戴きます。
数年前の春、ピエンツァで泊ったアグリツーリズモ(民宿)で夕食の折、テーブルの真ん中にサヤ付きのそら豆と大きなチーズが無造作に置いてあり、イタリア人は皆手づかみで美味しそうに食べていました。テーブルは見る見るサヤで一杯!
「話には聞いていたけど、生のそら豆なんて、消化不良を起こさないかしら?」と思ったのですが、豆の甘さがチーズの塩分とピッタリで不思議な美味しさ・・・。
その後、私も病み付きになり、この季節には必ず試します。
「メロンと生ハム」「ゴルゴンゾーラと蜂蜜」みたいな一見ミスマッチな組み合わせの一つですね。
イタリア留学中、食材の不思議な組み合わせを知るたびに、「イタリア人の味覚って斬新~」と思ったのを覚えています。
d0128354_0233891.jpgそれから、デザートの「ベリーのマチェドニア バルサミコソース」も中々ですよ!
ベリーとピッタリなバルサミコ、本来、12年以上熟成させたトラデシッショナルを使うのですが、今回は3年物をゆっくり煮詰めて蜂蜜で甘みを加えました。それを、カットしたベリーにかけて2時間ほどマリネします。今、エキスパートコースの実習を担当されている、小林先生に以前教えて戴きました!
彼女もイタリア留学中、食の組み合わせをヒントに考え付いたようですよ。
今回は私のアレンジで「ラズベリー・ブルーベリー・ストロベリー」にバニラのジェラートを合わせミントも添えました。(写真)とてもお洒落でしょ!
小林先生、素敵なデザートを御紹介戴きまして、ありがとうございました。
by la-fonte | 2010-05-29 21:21 | お料理教室

今年はレモンとオリーブです!!

 皆さん 先週は夏の様な日が続きましたね~。
我が家の庭ですが、今、レモンとオリーブの花が咲いています!
去年、ブログで報告させて戴いていたレモンの木は昨年より50cmは大きくなって葉も豊かに茂りました。レモンリーフって握手をするとレモンの爽やかな香りがするのですよ!
知っていました?
そして、今年は、たくさんのつぼみと、白く可憐なお花を付けています。d0128354_2340679.jpg
写真を撮って来たのでお届けします!!
去年はリモンチェッロが2リットルしか出来なかったのですが、今年はその3倍は出来るかもしれませ~ん。
今年も温かく見守りながら、大切に育てよ~っと・・・
今度、オリーブの写真も撮って来ますね~。
そう言えば、昨年作ったリモンチェッロ、今、エキスパートの生徒さんにデジェスティーボ(食御酒)として召し上がって戴いています。
我ながら美味しく出来たつもりでしたが・・・「色があまり出ていなくてどうかしら??」と思っていたのです。でも「ナチュラルな味が美味しい!」と中々の評判です。
d0128354_23403995.jpg実は、アマルフィー産の物と飲み比べてもらっているのですが、「負けてない!」と評価を戴きました。(まぁ、作った本人を前にあまりネガティブな事も言えないでしょうが・・・・皆さん優しいですね~。)
確かに、イタリアから来たものはどうしても保存料が入っていますものね。その点、我が家は「無農薬有機栽培」ナチュラルさの点はは勝っているかもしれません。
それからそれから、先週の晴れた日にバジルとルッコラの種も捲きました。
8月頃には、また、レッスンで登場させますので楽しみになさっていてください。
皆さんも、ハーブの苗を植えるなら梅雨入り前の今です!

自分で育てるとお料理がより美味しくなる気がします。
では今年も、時々登場する「レモンとオリーブの観察日記」をお楽しみに!
by la-fonte | 2010-05-23 21:38 | 最近。。。

爽やかな季節ですね~

 5月も半ばを過ぎました。風も心地よく過ごしやすい季節です!
今、私の大好きなジャスミンが花盛り!
昨日、写真を撮って来たのでお届けします~。
芳しい香りを放ちながら、眩い日差しの中揺れる可愛い白い花。d0128354_2157152.jpg
新緑の季節から初夏にかけて咲くジャスミンの花を見ると、私は決まってイタリア映画の「La storada(道)」を思い出します。
冬季オリンピックでフィギュアスケーターの高橋大輔さんが、テーマ曲に選んだ事でも話題になりました。
心に残る名作、もう一度見直そうかしら・・・
去年、イタリア気分にも書いたので興味がある方は読んでみてください。
http://www.lafonte-cs.com/itallian_img/0905.html
なんて、1年前のエッセーの宣伝をしてしまいました。

 さて、今週の基礎Aコースのテーマは「春から初夏のイタリア料理」でした。
■グリーンアスパラ 卵とボンゴレソース
■ハーブのリゾット
■スズキのオーブン焼き グリーンピースソース
■ティラミスー
と言ったコースですが、実は、数あるラフォンテのレパートリーの中でも私が気にいっているメニューの一つです。
d0128354_21575668.jpg特に自信作が「アスパラの卵とアサリソース」。実はこの料理、イタリア留学中にトリノのトゥーリンパレスという4つ星のホテルのシェフに習いました。卵とアサリの組み合わせが斬新でした。
それから、メインの「スズキのグリンピースピースのソース」。こちらは、ボローニャのシミリ教室で教えて戴きました。お豆を白身魚のソースとして添えると、共通の甘みが口の中で溶います。初めて食べた時、感動したのを今でも覚えています。
どちらも当時の私には思いつかない、食材の組み合わせ・・・
イタリア人の食材の組み合わせの発想って、素晴らしいなって思いましたよ!
すでにレッスンを受けた方、是非大切な方に作って差し上げてくださいね。

この季節はウオーキングも楽しいですね。最近私は、もっぱら有栖川公園に出没しています。新緑がとても綺麗ですよ!しばらく爽やかな季節を楽しみましょう!ネ
by la-fonte | 2010-05-15 22:10 | お料理教室

サンタバーバラのワイナリー

カルフォルニアから戻って4日経ちました。
昨日から、仕事に追われているので、はるか昔の夢の出来事のようなのですが…
先週末のサンタバーバラ近郊のセントラル・コーストへ行った事を御報告します~。
ロスから、海沿いのハイウェイを飛ばす事2時間、更に内陸部へ30分も入るとサンタマリアバレーに着きます。
ここは、気候や地形がブルゴーニュのコートドールに似ていると言われ、シャルドネとピノノアールを中心に作っている地域です。d0128354_21404599.jpg
山を遠くに臨むぶどう畑は、とても素朴でナパともソノマとも様子が違います。
カリフォルニアがワイン産地として注目されて後、1990年代から開けた新しい産地だからでしょうか? 田舎の風景と言う感じです。
あと、2大産地と違うのは、近郊の人が訪れるくらいで、観光客がほとんど居ないことですね。(穴場って感じです。)今回は、SUNSTONE (http://www.sunstonewinery.com/)とBRIDLEWOOD (http://www.bridlewoodwinery.com/)のお洒落な二つのワイナリーに立ち寄り、ティスティングをしました。
d0128354_21411472.jpg特に、SUNSTONEは15ドルで10アイテムをガーデン・カウンターバー・カンティーナと場所を変えて楽しめます。自然に溢れた雰囲気の中で堪能しました。
どれも美味しかったのですが、絶対に日本に入っていないということで、ピノを1本購入しました。値段は80ドル。友人がデイリーにしているワインが8ドルとの事なので、結構高価ですよね~。
ソノマのメリーエドワーズでも60ドルのピノを購入していますので、飲み比べるのが楽しみです。
普通なら、オーパスワンなんか持って帰るところなのでしょうが・・・
値段はともかく、日本で購入できますからね~。
と言う事で、私のアメリカンな休日は終わってしましました~。
今の悩みは・・・巻いて帰って来た、お肉の腹巻きをどの様に外して行くかってこと・・・。
カリフォルニアで貯めこんできた、体脂肪との戦いがしばらく続きそうです。
by la-fonte | 2010-05-08 21:50 | 旅行

ロスサンゼルス 便り2

ロス滞在、4日目です。
ユニバーサル・サンタモニカ・ハリウッド とりあえず観光スポットを回ったので、今日はゆったりスケジュールで過ごす一日に決めました。
 午前はショッピングに出かけました。d0128354_1544319.jpg私、どの国でも料理器具や食料品の買出しはワクワクしてしまします。家に戻ってお昼はガーデンで2時間かけてランチ、楽しいお喋りタイムでした。自然光で撮った写真をお届けします。
そして、私もそろそろ、クッキング欠乏症って感じなので、夜は友達と二人でキッチンでお仕事になりました。作ったメニューは??プーリア地方の手打ちパスタをトマトソースで合わせて、さらにパエリアを作りました。ロスって海に近いからか魚介類はとても新鮮でした。
ワインは「フロッグリープ」のソービニオンブランを合わせましたヨ!先週訪ねた、ワイナリーだったので親近感がわきましたし、爽やかな飲み口が今日のメニューにぴったりでした。(写真下)
ところで、アメリカには「フードチャンネル」という、料理番組だけを流しているチャンネルがあるのをご存知ですか?30分おきに料理研究家が変わり、時間内に3~4品仕上げます。d0128354_15482786.jpg
今日は、女性3名の人気研究家のプログラムを見たのですが、それぞれのライフスタイルを取り入れてスタイリッシュに仕上がり興味深かったです。
特に、イタリアンの人気者「ジアダ  パメラ ・ デ ・ ラウレンティス」の時間はアバウトな作り方が新鮮で本当に面白かった!(私も結構アバウトで生徒達に有名ですが・・・)
それにしても、「日本にもあんな楽しい料理番組あったら毎日みるのにな~」っと真剣に思いました。
ロス滞在も残り2日、週末はアメリカ版サイドウエイズの舞台、ワインの産地のサンタバーバラに行くことになりした。また興奮の、テイスティングです!
こちらは、日本に戻ってから御報告しますね。
by la-fonte | 2010-05-02 15:56 | 旅行