<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Buon abbinamento!(素晴らしい相性)

八月ももう終わりだと言うのに、まだまだ暑いですね~。
皆さん、お元気ですか? 私はこの暑さにも全く食欲が落ちることなく食べまくっています。先日、久しぶりに六本木のシクロにベトナミアンを食べに行きました!
美味しかったです。o(^-^)o
そして来週は、中華料理・イタリアン・ワイン会と予定が続いています!(^^)!
夏バテ予防には楽しく食べて飲むしかないです!
 それはそうと、今週の中級Ⅰコースはサルデニア料理の特集でした。
d0128354_22485479.jpgアンティパストがハチミツで野菜の甘みを引き出した、「夏野菜のサルデニア風マリネ」。プリモピアットが独特の手作りパスタ「フレーグラの魚介ソース」そしてセコンドピアットが「鯛のカタラーニャ風」でした。すべて2年前、サルデニア在住の藤田智子さんが企画したイベントで教えて戴いたメニューです。そう、サルデニア島を心から愛する彼女からの直伝…
どれもライトな味わいで暑さに疲れた体を優しく労わってくれる料理ばかりでした。
合せたワインはサルデニア唯一のD.O.C.G.「ヴィルメンティーノ ディ ガルーラ」。私の好きな白ワインの一つです。トロピカルな香りが印象的な華やかな味わいで、アルコール度も13.5%と高いので夏には濃厚過ぎる感もあります。
でも、メインの「鯛のカタラーニャ風」とベストカップルでした。
この料理、玉葱ソースをマリネするときにオレンジとレモンを皮ごと加えるのですが、それがワイン香りとの共通項なのか?本当にガルーラにピッタリだったのです。
あまりにも合ったので写真をお届します~。(#^.^#)
それから、上級コースはアブルッオ州のお料理を特集しました。d0128354_2249346.jpg
アブルッオは、あまり知名度の高くない中部イタリアの州ですが、実は海も山もあり食材もとてもバラエティーに富んでいます。
アンティパストは、「トマトのリピエーノ」プリモピアットが「ピーマンと子羊のラグー」そしてセコンドピアットがサフランを使ったマリネ「魚介のバステーゼ」でした。(バステーゼはバスティア海岸の地名から来ています。)

ワインはメインに合せて白のトレビアーノダブルツッオにしました。
こちらは優しい柑橘系の味わいでアルコールも低くさらっとしていて夏にピッタリです。
サフランを使った繊細な香りのメイン料理を引き立ててくれました。
やっぱり郷土料理と地ワインって「Buon abbinamento!」素晴らしい相性なのですね~。改めて思いなおした今週のレッスンでした。
by la-fonte | 2010-08-28 20:47 | ワイン

夏のジャルディーノ(お庭)

 我が家の庭は南向きなので、今、夏の太陽を植物たちがたっぷり受けています。
特に元気なのが、レモン・オリーブ・バジルです。
3種類の緑は少しずつ色合いが違うので、グリーンのグラデーションって感じ。
ダイニングが庭に面しているので、食事の時など室内からの眺めも緑が涼しげでとても気持ち良いです!
本当に、小さな庭なんですが、それぞれの植物の産地にちなんで、レモンは「アマルフィー地区」バジルは「ジェノバ地区」オリーブは「トスカーナ地区」と私の中で決めています。(家族にも呼ばせています。)d0128354_17313138.jpg
アマルフィー地区のレモンは、ご覧の通り!順調に大きくなっています。
今年は実が4つなのですが、その割には枝が伸びすぎてしまったので、最近はこまめに剪定をしています。
かなりたくさん切り落としました。「シトラスの香りの葉、捨てるにはもったいないな~」と思っていたら、ひとつ良い活用法を思いつきました。それは、ガーゼに包んでバスタブに入れる事です。お湯が薄く緑になって、天然の入浴剤って感じでとても気持ちがいいんです!
お風呂あがりもさっぱりです。
この前お友達に話したら「お洒落なバスタイムだね!」って羨ましがっていました。
ジェノバ地区のバジルはほとんど毎日お料理に作っています。
今週のレッスンの「フレッシュトマトとナスのスパゲッティー」にもたっぷり使いましたので、召し上がった生徒さんもいらっしゃいますよね~。
d0128354_1732554.jpg
今はバジルの最盛期、摘んでも摘んでも元気に伸びて来きます!お庭の中で、今一番元気な地区。8月の末にはバジルペーストを作る予定です。
今年もバジルを練り込んだパンをレッスンでお出し出来そうですよ!!
トスカーナ地区のオリーブも枝が元気に伸びています。今年植えたのはまだ小さめですが、植樹して4年目の方はもうすぐ2階の窓に届きそうな感じです。
今年は花が咲いたのに、実がならなかったのは残念でした。
来年に期待の地区ですね。
実がならなくても、オリーブは葉の形が綺麗だしオリーブグリーンは見ているだけで気持ちが落ち着きます。
写真は今度お届けします!
 と言う事で、今回は夏のジャルディーノ(お庭)の御報告でした。
by la-fonte | 2010-08-21 17:41 | 最近。。。

(^-^) 初めての寄席 (^-^)

皆さんはお盆休みどう過ごされましたか?
私は基本のんびり過ごしました。
それにしても、あっという間の夏休みでした。
そう言えば、休み中、初めて寄席へ行きました。
以前より友達から楽しさを聞いていたので、一度行ってみたかったんです!d0128354_032369.jpg
場所は上野の鈴本演芸場。
三遊亭圓歌 一門の寄席で、20年来「納涼名選会」と呼ばれるの夏の恒例行事だそうです。
昔から上野の「鈴本演芸場」って名前は良く聞いていたのですが、なんと、江戸期・安政四年(1857年)に開設なのですって!
と言う事は、150年以上の歴史があるってことです。
寄席も歌舞伎と同じく、江戸の粋な文化が生み出したものなのでしょうね。
行ったのは昼の部、12時半開演で16時半終了、正直4時間という長い時間も耐えられるかしら?と思っていたのですが・・・全く心配に及ばず。
曲芸・漫才・落語・マジック・操り人形、出演者14組、一度も居眠りすることなくどの出し物にも見入ってしまいました!
どれも「磨かれた芸」って感じでした。
ライブであれだけの事をするのですから、日々どれほどの努力をしているのか想像できます。演芸もスポーツもどんな事も、練習や努力なしにはファインプレーはあり得ないですものね~。 料理も同じかな?!
特に圓歌師匠は今年なんと81歳だそうです。d0128354_0356100.jpg
昔からテレビの寄席とかで見ていましたが、テンポの良い喋り口調は今でも健在!
まさに、観客の空気を読んで、空間も時間も圓歌さんに取り仕切られているって感じでした。
あのお年だからこそ行き着いた、円熟した熱演!感動的でした。
また是非、お目にかかりたいです。 
o(^-^)o o(^-^)o o(^-^)o

友達によると「浅草演芸ホール」の寄席も良いみたいなので、時間を作って行ってみようと思います。
皆さんも時には、普段のストレスを忘れて笑ってみるのも良いものですよ!
by la-fonte | 2010-08-17 22:02 | 最近。。。

お菓子の宝石箱

軽井沢のランチ会の締めは、別荘のオーナーさんからのプレゼントパフォーマンス!
なんと、星野リゾートのパティシェ(男性)とパティシェール(女性)の方をお呼びして、目の前で素晴らしいデザートを仕上げていただいたのです!
職人さんのお仕事を目の前で見る機会は、そうそう無いですよね~。感動的でした。d0128354_220118.jpg
 お皿はリキュールをたっぷりしみ込ませたサバランですが、アプリコットのコンポートとバニラアイスが添えてあります。縁には鮮やかなパパイアのパウダーがあしらわれていました。
特にパティシェの方は来年1月にフランスで催される世界大会に出場が決まっているとの事・・・雑誌にも良く登場される方だとか・・・
「えっ、軽井沢にそんなに有名な方が?」と思いきや、どうも毎年夏「軽井沢スイーツ博」が催されていている事もあって、この辺りのスイーツはかなり高いレベルのようです。
後で知ったのですが、この博覧会、スイーツファンの間では毎年話題のイベントのようですね。今年も8月2,3日に終わったばかりとの事でした。
来年は参加してみようかしら?
(もちろん食べる方で・・・)
最後に大~感動したのが、お菓子の宝石箱。
d0128354_21544962.jpg
木枠で出来たアンティーク調のガラスケースの中に、色とりどりのプチガトーが職人さんの手で並べられて行きました。
マカロン・カヌレ・トリフ・ショコラ・ダッコワーズetc.
写真でわかっていただけると思いますが、形や色の配分も素晴らしくて、まるで輝くジュエリーのようでしょ!
それが、軽井沢の緑に映えて芸術作品のようでした。
本当に食べるのが惜しい感じでしたよ~。
でも、食い意地の張っている私は、サバランを戴いた後だというにも関わらず、後先を考えず取りあえず全種類制覇しました!(^^)!
ということで、至福のスイーツタイムを過ごした後は・・・
通例ですが、ダイエットに励む事になりました!
夏休み中大変だ (>_<)
by la-fonte | 2010-08-11 22:06 | 最近。。。

8月16日(月)まで夏休みを戴きます!

 皆さんこんにちは!
夏の疲れが出始める頃、いかがお過ごしですか?
ラフォンテは8月8日~16日まで夏休みを戴いています。
私は「お休み中に心も体もリフレッシュ!」と言う事で、普段ゆっくり出来ない事をやろうかな~っと思っています。
小旅行に出たり、美術展に行ったり、ご無沙汰のお友達と会ったり、寄席・お芝居・映画・早朝ウオーキングetc. って所です。
どれも、仕事の合間に時間を見つけてしている事だし、特別代わり映えのない事なんですが・・・まとまったお休みを取ると同じ事も余裕を持って出来そうな気がします。
と言う事で、まずは、8,9日と軽井沢へ行ってきました。d0128354_10301667.jpg
8日(日)のランチは知人の別荘でランチ会をしました。参加者は7名、皆さんにもお手伝いを戴き、私がお料理を担当しました。
アンティパスティ4品・プリミピアッティ4品・セコンドピアット2品、パスタも手作りしたし、全粒粉を練り込だパンも焼きました!
それぞれに合せたワインも私がセレクトしました。(もちろん全部イタリアワイン)
天気が良かったので、バルコニーで食事をしたのですが、下の写真はテーブルに並べたアンティパストです。デザートは、星野リゾートのパティシェの方が担当されたのですが、それは改めてご紹介したいです。
皆さんと別れて、9日は友達と1日ドライブをしました。
実は私、学生の頃、夏の一か月、軽井沢のホテルのレセプションでアルバイトをしていた事があるのです。今から20年以上前の事ですね~。
今は無くなってしまったリゾートホテルですが、当時はグレードの高さが中々の評判で、「ちょっと世界が違う?お客様」がたくさんお越しになっていました。
d0128354_1032447.jpgメインダイニングのお料理は和食とフランス料理、それも素晴らしかったです。
まだ、お料理の仕事を初めて居なかった私ですが、あの1ヶ月でサービス業の基本を教えて戴いた気がします。
ホテルがあった付近のドライブ、とてもとても懐かしかったです。
なんと言っても青春の1ヶ月を過ごした場所ですからね~。

最後に、途中でトレッキングのために立ち寄った、白糸の滝の涼しげなお写真をお届けします~。とにかく、ラフォンテは16日までお休みを戴きます~ので、連絡がおそかったりしたらごめんなさい!
ブログは休まない予定ですので覗いてくださいね!
by la-fonte | 2010-08-10 10:40 | 最近。。。

イタリアの土鍋料理

こう暑いとキッチンに立つのも辛いですよね~。
料理中に熱中症で倒れた主婦もいるとか?
そんな事もあって、ラフォンテの夏のメニューはなるべく短時間で出来るものや作り置き出来るものをセレクトしています。
特に今日ご紹介したいのが、中級Ⅱのメイン料理「子羊のオーブン焼き」です。ポテト・玉ねぎ・トマト・羊のモモ肉など、適当に切った材料を全て土鍋に入れて味を付けたら、ハーブを効かせたパン粉とオリーブオイルをかけてオーブンに入れてしまうだけです。
d0128354_021630.jpgオーブンが回っている30分間は、キッチンから避難して・・・戻ったら出来上がり!!と言うわけです。準備も簡単だし、直火ではないので、付きっきりで無くても良いわけです。
今回使った、写真の土鍋はティエッダと呼ばれるプーリア州の物です。私がイタリアから担いで帰って来ました。
実は、教室には私が持って帰って来た土鍋が4つあるのですが、形によってティエッダ・テガーメ・ピニャータと呼ばれています。どれも鉄分をたっぷり含んだ赤茶色をしています。
土鍋は 【火あたりの柔らかさ】 【遠赤外線効果】 【保温力】 などの利点があります。ゆっくりと温まり、冷めるのにも時間がかかるので、調理中は食材の味をじっくりと引き出し、火を消した後も保温力(余熱)によって、味が染みこむと言うわけです。
食べ比べてみると、普通のお鍋や耐熱皿で作った物と全く違う仕上がりになります。
「とてもシンプルな料理なのに、何d0128354_021526.jpg故こんなに美味しいのですか?」と聞かれましたが、実は半分以上が土鍋のおかげかもしれませんね。
あとは、素材・味付け・愛情でしょうか?
味付けと言えば、盛夏はちょっと塩を強めに仕上げると美味しく仕上がります。
そして、今回のワインはCannonau di sardegna(カンノナウ ディ サルデニア)を合せました。2006年のヴィンテージで
したが、果実味と口の中に残るスパイス香はブラックペッパーとハーブを効かせたラムにピッタリでした!
あの仕上がりで1,600円とはコスパ感十分です。
ラム料理なら全般に合うので、是非試してみてください。
by la-fonte | 2010-08-05 22:30 | お料理教室