<   2010年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

バルセロナ食べ歩きその2

皆さん
オーラ(^O^)/

d0128354_10591220.jpg旅も四日目、天気は快晴、気持ちの良い青空が広がっています!
今日はベイエリアのバルセロネータ地区へシーフードを戴きに行きました。海も真っ青です。
魚貝のサラダ&イカのフリット&ムール貝のワイン蒸しをタパスで戴い後は、カタルーニャの名物料理、フィデウアを注文しました。フィデウアは、シーョトパスタのパエリアなんですが、今年の麻布十番祭の露店で偶然食べて…
是非、本場の味を試したかったんです。
魚貝のうま味の吸って超美味しかっです。
スパニッシュだけど、ラフオンテメニューに入れてしまうかもです。


d0128354_10595147.jpgということで、今日は、お料理の写真を二枚お届けします。ではまた
アデイオス
by la-fonte | 2010-09-30 11:00

バルセロナ食べ歩き

皆さん オラー!
私のバルセロナ滞在も三日目です。そこそこ土地勘も出て来て、楽しく過ごしています。
そして旅の楽しみのひとつ、食べ歩きもしっかりしていますョ。
昨日はカタルーニャの郷土料理の老舗、ゴシック地区の「ロス カラコレス」へ行きました。このお店、エスカルゴのトマト煮込みが名物でグリル料理が豊富です。骨董品を集めた調度品や、迷路のようなお店の作りに歴史を感じました。値段はちょっと高めだったけど…美味しかったので、まぁ満足でした。

d0128354_10235840.jpgそして、今日は郊外に住む増渕トモコさんに新市街のサリア通りの「ビィバンダ」に連れて行って戴きました。カタルーニャで有名なシェフのプロデュースのお店でタパスをお洒落に出すことで、最近の人気店だそうです。カバと一緒にタパスを楽しみました。
モダンアートな店内、すご〜く気に入りました。サービスもコストパフォーマンスも最高で大満足でした。
明日はベイエリアのバルセロネータ地区へシーフードを戴きに行く予定ですo(^-^)o

d0128354_10243392.jpg左の写真は街角で見つけたデリカと食料品ののお店です。なかなか素敵でしょ!デリカは何品かテイクアウトしてアパートで楽しみました。オシャレな店構えなのに、家庭の味って感じでした。
ではまた報告しますね。
アデイオス!
by la-fonte | 2010-09-29 10:27

バルセロナ街歩き

皆さん ブェナスタルデス!
バルセロナは晴天です。日本はいかがですか?

d0128354_1402654.jpgさて、今朝は早起きしてサグラダファミリア聖家族教会へ行きました!さすが世界遺産、大感動〜!教会の上に登りバルセロナのパノラマも楽しみました。ゆっくり見学して、帰る頃には昨日より長蛇の列(*_*)と言うことで午前中の予定は完璧でした。

アパートで小休止の後は、街の中心のグラシア通りに繰り出しました。通りの途中で曲線を描く奇抜な外観と装飾を施した建物の前で立ち止まりました。ガイドブックを見ると「カサ バトリョ」で1870年代にガウディが建てた邸宅を改装した物だそう…聖家族教会といい、さすがバルセロナが誇る建築家ですねぇー(^_^)またしても大感動〜でした。




d0128354_1403897.jpgその後、昨日に引き続きランブラス通りに行きました。通りの中程で、絵描さん達が露店を広げています。ピカソを思わせる明るいタッチのおじさんのショップで立ち止まり、一目惚れ!二枚ゲット。
仲良しの友達へのお土産に良いかもp(^^)q
と言うことでバルセロナの芸術を街歩きで感じた一日でした。
夜はフラメンコのタブラオへ行こうと思います。
また別な街の顔に出会えそうですね。
では今日はこの辺で、アデイオス!
by la-fonte | 2010-09-28 10:14 | イタリア

バルセロナに着きました!

皆さん
オーラ!コモエスタ?と言うことで、今バルセロナです。スペインは6年ぶり4回目なんですが、この街は初めて…前から憧れの港町だったんです。。

d0128354_16195149.jpgサグラダ ファミリア聖家族教会の近くのアパートを借りました。窓から教会が見える素晴らしいロケーション!
広いキッチンにリビングの2LDK、ここに二人はちょっと贅沢な感じです。
午前中、張り切って、サグラダファミリアへ行くとすごい行列!まだ、時差ぼけが残る私達には待ち時間が辛いので、見学は明日にしました。

d0128354_1620445.jpg今日のところは、教会の近辺をお散歩をしてMarketでお買い物をし、簡単にパスタとオリーブとサラミでお昼にしました。
バカンスの始まり!教会の屋根を眺めながらバルコニーで至福のランチタイムでした。
午後はランブラスから港まで散歩して…。夜はBALでタパスかなぁ~。


お天気は良好です。
また、ご報告しますね。
それではアディオス!
by la-fonte | 2010-09-27 16:21 | 旅行

ノンナ(おばあちゃん)の味

 急に秋めきましたね。季節の変わり目、皆さん体調など崩されていないですか?
 ところで、前回のエキスパートは「マルケ地方」がテーマでした。
アドリア海側のちょっと地味な州ですが、音楽家のロッシーニや画家のラファエロが生れた街があり、芸術に思い入れのある州、派手さはないけど、小さくて素敵な街が点在していて、なかなか味わいの深い場所ですよ!
d0128354_20302360.jpg実は私も、小林先生もマルケ地方に程近いロマーニャ地方で修業をしていました。(時期はずれますが・・・・)となったら、私たちを育ててくれた郷土料理を伝えるべく、二人とも張りきらないといけないですよね~。
と言う事で今回はマルケでもロマーニャでも食べられるお料理をセレクト!アンティパストは、無発酵のパン「ピァディーナ」(写真上)、プリモピアットは手でねじりながら作る「ストロッツァプレーティー」(写真下)を選びました。
実は、私が働いていたレストラン「カザーレ」にはネッラと言うノンナ(おばあちゃん)が居て、彼女のレシピでお店に出していました。二つとも、私にとってネッラノンナの味です。特にピァディーナで作ったパニーニはレストランの看板メニューでした。
もちろんエキスパートの皆さんに、大評判でしたよ!なにせ、ノンナ直伝ですからね~。
それはそうと、ネッラノンナ元気かな~。
d0128354_203136.jpgたくさんの日本人研修生が修行しているレストランだけど、私、泣いてばかりいたから覚えていてくれているんじゃないかしら~。
(良く慰めてくれました。)
そんなノンナの味を皆さんにお届け出来て、嬉しかったです。
他のコースでも近いうちに御紹介しますね。

さて、私、土曜日からスペインとイタリアへ行ってきます~。
バカンスも兼ねますが、メインはラフォンテメニューに取り入れる、美味しい物探しです。
今回はバルセロナから、カタルーニャのホテルレストラン「エルス カサルス」まで、足をのばし料理レッスンを受けて来ます。
とても有名なレストランで、知人の増渕とも子さんがお仕事をされているお店です。
滞在期間は3日、短いので厨房に入る事は出来ないのですが、とも子さんの計らいで、シェフのお母さんが私にお料理を教えてくれることになっています。
スペインのノンナの味ですね。
どんなお料理が習えるのだろう~。楽しみです。
イタリアは今回、ピエモンテとリグーリアです。
夏に「リビエラに行きたい~!!」のつぶやきが通じたようですね。
ピエモンテではもちろん、白トリフにバローロ。
リグーリアでは、魚のスープにベルメンティーノかしら??
シャケトラのデザートワインも味わって来ようっと・・・・。

現地から、出来る限りブログで御報告しますので、お楽しみに!!
by la-fonte | 2010-09-23 20:39 | お料理教室

群馬県から ペペロンチーノ ロトンド

先週の金曜日、群馬県前橋の鈴木さんから宅急便が届きました。
鈴木さんはラフォンテ講師の小林先生の実家のお父様です。
中を開けると、「わ~カワイイ (#^.^#)」
出て来たのは、真っ赤な「ペペロンチーノ ロトンド」でした。
日本語に直すと「丸い唐辛子」って感じかな?
一見、チェリートマトか小さいピーマンの様に見えるのですが、軽く噛んでみるとやっぱりピカンテ(辛~い)。d0128354_2231156.jpgイタリアでは、香辛料として使う事もありますが、辛味がマイルドなので、中身をくり抜いてリピエーノ(詰め物)をしてオイル漬けにして保存することが多いようです。家庭でも作りますが、瓶詰でも売られています。
それにしても、日本ではほとんど見かけないフレッシュの「ペペロンチーノ ロトンド」が何故?群馬県から? それは、5年前に遡ります。ラフォンテで、小林先生他、数名の生徒達とトスカーナの家庭にホームステイしたのは2005年秋の事。そこは、キャンティ地区にも程近い素晴らしいロケーションでした。
その折、野菜の勉強も兼ねて、野菜や種がたくさん売っているお店に連れて行ってもらいました。小林先生はそこで、家庭菜園が好きなお父様へ何種類か種を購入し日本へ持って帰りました。(国内に種を持ち込むのはいけない事ですが(-.-;)まぁ、もう時効と言う事で・・・)その中に、「ペペロンチーノ ロトンド」の種もあった訳です。
それからお父様・・・ダメな年もあったけど、毎年、チェレンジし続けていたとの事でした。一昨年は収穫出来た事けど、昨年はダメだったとか・・・・
そして、2010年の猛暑が幸いしたのか、今年は大豊作だったんですって!(^^)!
ラフォンテにお裾分けしていただいた、こんなに可愛い姿を目の当たりにしたら、オイル漬けを作らない手はありませんよね~。っと言う事で、土曜日エキスパートコースの皆で急きょ作る事になりました。o(^-^o)(o^-^)o
下の写真は中をくり抜いて、茹でて、ツナ缶・ケッパー・アンチョビで作ったリピエーノ(詰め物)を入れたところです。
その後、保存瓶に詰めてオイル漬けにしました。
バージンオイルの香りが移った方が美味しいので、食べられるのは2週間後です。
そう、次回のレッスンのお楽しみ~っと言う事になりなりました。
(ピッタリのワインを探さないと・・・)
d0128354_1614013.jpg
 それにしても、5年かけて収穫した「ペペロンチーノ ロトンド」、イタリアの小さな種が日本の大地に根付くなんて~。なんか感動的ですねp(^^)q。
諦めないでいれば時間をかけて、「花咲き実がなる事もあるんだなぁ~」なんて、赤い実を見ながら思っていました。

鈴木さ~ん ありがとうございました。
エキスパートの生徒さん大喜びでした。
(もちろん私が一番o(^-^)o)
これからも、お待ちしております~。
by la-fonte | 2010-09-19 21:30 | 最近。。。

食育インストラクター研修会

9月11日12日の土日は食育インストラクター資格認定の研修会でした!
場所は服部学園、二日間で6つの講義があり、1級取得を目指して、私なりに頑張って受講してきました。
そうそう、急きょ、食育活動報告とレシピのレポートを提出しなけばならない事が7日火曜日に判明し・・・4日間で仕上げるのに必死でした~。
d0128354_012556.jpgそれにしても、9月10日金曜日に代官山の【タツヤ・カワゴエ】に御一緒することになっていた方々、ドタキャンで本当に申し訳ありませんでした。
早々と予約してくださった丸ちゃんごめんなさい!!久々に会えるのを楽しみにしていた若ちゃん、申し訳ない。
でも、どう考えても前の日に優雅に食事に行っている場合ではなかったのです。
(結構気が小さいもので…)
私が行かなかった事で、川越達也さん、とてもがっかりされていたそうですね。
「イケメンシェフ」として今、時の人にそんなふうに思って戴き、年上の女性としてはかなり光栄です。
(オバサン入っててすみません。)
【タツヤ・カワゴエ】必ず必ず近いうちに、出直しますのでお許しください・・・・。
それにしても先週は、仕事が終わると、机に向かい・・・
勉強&レポート制作、まるで普段のツケが回ってきたみたいな週でした~。
でも、研修会はとても良かったですよ!「健康増進」「食の環境」「食の伝承」「食の安全性」どの講義も素晴らしく納得する事ばかりでした。
「私も、もっと広い視野で食に関わらなくてはいけない!」と思った二日間でした。
特に印象に残ったのが三國清三の「食育活動」の講義でした。
三國さんといえば、四谷の「オテル ドゥ ミクニ」d0128354_02185.jpgの有名なオーナーシェフです。
そんな方が、子供の味覚教育のため、2000年から小学校でフランス料理を作って食べる、「KIDSシェフ」の活動を行っているそうです。フランス料理を通して食育に取り組む姿にとても感動~しました。思わず著書の「味覚を磨く」の本を買って読んでいます。納得する事、ばかりです。
読み進めば進むほど、「オテル ドゥ ミクニ」に食事に行きたくなります。思えば、15年以上前に一度行ったきりなのです。
【タツヤ・カワゴエ】「オテル ドゥ ミクニ」と行かなくてはいけないレストランばかり~。
 さてと、それはそうと、資格認定の試験は?
結果が出るのは少し先ですが、取りあえず、ベストを尽くしたので「合否はどうでも・・・良し!」と言う事にしておきます。
by la-fonte | 2010-09-14 22:10 | 最近。。。

サルデニアの家庭料理

台風が通り過ぎ、暑さもやっと一段落でしょうか?
「秋の気配もそろそろかなぁ~」と言う事で、今週の中級コースのテーマは「サルデニアの家庭料理を秋の食卓へ」でした。
メニューは、「ボッタルガのムース」「ロリギッタスの野菜のラグーソース」「ヤリイカのファルシーのオーブン焼き」「洋ナシのトルタ フランカ風」をセレクトしました。
実は、1年前のサルデニア旅行で教えて戴いたお料理が中心です。d0128354_206280.jpg
「ボッタルガ(からすみ)のムース」はオリスターノの智子さんに連れて行って戴いたレストランで出て来た物を私がアレンジしたものです。
ちょっと高価なボッタルガパウダーですが、たった10gで6人分のアンティパストが作れます~!(^^)!
現地では、お皿にたっぷりと出て来たムースですが、今回はちょっとお洒落にココットに入れてみました。添えてあるのは、サルデニアのカラサウというパンです。
ブルスケッタやフォカッチャにも合いますよo(^-^)o
フルーティーで辛口のヴェルメンティーノと感動的にピッタリでした(#^.^#)
シチリアのインソリアやカタラットとかにも合うかもしれないですね。
(今度試してみよう~っと…)
パスタは、昨年持って帰って来た「ロリギッタス」とう可愛いリング状のパスタを「野菜のラグーソース」で合せたのですが、サルシッチャ(生ソーセージ)と一緒に煮込んで秋向きに少しコクを加えました。色も綺麗でしょ!!
「ロリギッタス」のパスタ工房を見学させて戴いたのですが、なんとひとつひとつネジリながら手作りで作っていたのです~。私も参加しました、難しかったけど楽しかったです。
d0128354_2044010.jpgカラサウもパスタも、とても評判が良かったので・・・
智子さんにお願いしてお取り寄せしようかしら~。

メインの「ヤリイカのファルシーのオーブン焼き」はアルゲーロのピエリーナさんのランチでごちそうになったもの・・・ 
久しぶりの再会感激したな~。

(レッスンでは「イカがイカした料理になりました!」と何度も繰り返していた関西系の生徒さんもいらっしゃいましたが… f^_^;)
「洋ナシのトルタ フランカ風」はラフランスを使った素朴な焼き菓子で、ポルトロトンドのフランカさんから教えて戴いたもの・・・
お料理上手のシニョーラを忘れない様に彼女の名前を残しました。

思えば、あの楽しかったサルデニア旅行からもう1年経つのだな~。
と言う事で、今週はお料理を通して昨年の旅行を懐かしんだお料理特集でした。
by la-fonte | 2010-09-10 20:17 | お料理教室

リストランテ アカーチェ

久しぶりに外苑前のアカーチェに行ってきました。
シェフの奥村さんとはイタリア留学の前から、つまり20年以上前からのお知り合いです。
確か初めてお目にかかった時は、東銀座にあった「モランディ」のシェフをされていました。
時はバブル期だったからか?イタリアンとは思えない繊細なお料理を出されていたのを覚えています。
その後、独立されアカーチェをオープンされたのが15年前。
独立前にイタリア各地に修行の旅に出られた時、私が働いていたレストラン「カザーレ」にも立ち寄られたそうで、シェフからファミリーの話を懐かしく聞いた事もありました。
「カザーレ」のノンナ(おばあちゃん)のお料理がメニューに載っていてた時はすごく嬉しかったです。なにせ、私にとってはイタリア修行の味でしたから(^^ゞ
d0128354_2327573.jpg「アカーチェ」は私の中で、ず~っと好きなお店のリストに入っていて、生徒さんにも良く御紹介しています。いらした方々は皆、満足されています。
そうそう、生徒さんとディナーやランチの会もした事もありました~。

とにかく、奥村シェフの、郷土料理を研究され料理に誠実に取り組むその姿が好きで、行くたびに色々と学ばせて頂いて来ました。あと、ホールを担当されている奥様のさりげないサービスが素晴らしいのです。
いつ行っても、気持ち良く美味しくお食事が出来るお店って少ないですからね~。
最近、リニューアルオープンをされ、メニューがシェフのお勧めコース一つになった御案内をいただいていました。「年齢を重ねられ、旬の食材で一番美味しく作れる料理に全力投球って姿勢なのかな?」と思い、楽しみに伺いました。
今回戴いたのは、前菜が4品・セコンド・パスタ2品・ドルチェの組み合わせのコース。もちろん期待を裏切らない素晴らしい味でしたよ!
上の写真は前菜に出て来た「フォアグラのソテーのイチジクのソース」ほんのり甘いマルサラ酒のソースがピッタリでした。(カンパーニャのグレコ ディ トーフォと合せました。)
パスタ2品「カラスミのスパゲッティー」と「自家製ピッチのトマトソース」は味のコントラストも素晴らしく、美味しかったですよ~。 (#^.^#)
d0128354_23273821.jpg
女性の最後の楽しみはドルチェ・・・(奥村シェフはドルチェもお得意です。)
今回は「ピエモンテ風ボネ」「フルーツのスープ」「トスカーナ風ズコット」の3品からのチョイスだったのですが・・・
私がかなり迷っていると奥様から「宜しければ2種類どうぞ!」と嬉しい御提案o(^-^)o

と言う事で、ご一緒した方と3品制覇してしまいました。
とにかくとにかく、最後まで大満足のお食事でした。(下の写真はズコットです。)
今度は、秋の味覚を戴きに行きたいと思います!
by la-fonte | 2010-09-05 21:25 | お料理