<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

春のイタリア研修 ヴァッレダオスタ編 その4

ヴァッレダオスタ編最後は、今回出会ったこの地方の食材のご紹介です。
d0128354_15542362.jpg
ポレンタはプリモピアットとして食べたり、セコンドピアットの付け合わせに欠かせないもの、乾燥キノコもたくさん出回っていました。
d0128354_15525399.jpg
ヴァッレダオスタと言えばやはりチーズこれはフレッシュ系です。
d0128354_15512244.jpg
良質なミルクが取れるからいろいろなタイプの美味しいチーズが出来るのですね。
d0128354_15532380.jpg
フォンティーナチーズ各種、あ〜ワンホール持って帰りたいp(^_^)q
d0128354_15550093.jpg
フォンティーナチーズを使ったフォンドゥータ繊細なチーズだから出るこの味、
やはりアオスタの空気の中で食べないと〜ヽ(;▽;)ノ
d0128354_15535391.jpg
そして、ハーブやスパイスやフルーツを漬け込んだグラッパ、寒い地方に欠かせないデッジェステイーボ(食後酒)〜
ここは自然が厳しいためか、皆で助け合い生活をしている感じ伝わってきて、人々がほんとう優しく、心温まる旅ができました。またいつか戻って来たいです。
今回お世話になった方々ありがとうございました。


by la-fonte | 2014-03-29 17:02 | イタリア

春のイタリア研修 ヴァッレダオスタ編 その3

アオスタのアグリツーリズモ、レ セクレイル。2013年イタリア好きマンマのフェスタでも、素朴でここを温まるお料理を日本に紹介してくれました。
その時、ベッペ&グローリーご夫妻のアテンドしたご縁で伺った訳ですが〜こんなに素晴らしい料理がいただけると思いませんでした。 お料理をご紹介します。
d0128354_16482503.jpg
フレッシュシェーブルチーズのデイップ。ハーブとペペロンチーノが練り込んであります。地元の黒いパーネにピッタリヾ(@⌒ー⌒@)ノ
d0128354_16483528.jpg
ポロ葱のグラタンスープ。葱の甘さととろけたフォンティーナチーズに焦がしバターで、体が温たたまりました。
d0128354_16484215.jpg
ポレンタに添えられたサルシッチャの煮込み。素朴なポレンタに絡めながら頂くと美味しすぎて〜幸せが溢れました。
d0128354_07295128.jpg
りんごのトルタ。上にあしらったリスのデザインが可愛い〜 レちなみに宿の名前のセクレイルはイタリアでリスの意味だそうです〜シンボルトルタですね。
d0128354_07342150.jpg
2日目の夕食、山羊のプロシュートとビーツとポテトとラルドで作ったサルシッチャ。冬に仕込み1年をかけてたべるそうです。赤ワインにピッタリ(^_^)
d0128354_07304794.jpg
フレッシュのシェーブルチーズだけを使ったニョッキ。美味しすぎてペロリと平らげました。
d0128354_07312306.jpg
地元のワインに合わせたセコンドは、仔山羊の煮込み。スパイス&ほのかなハチミツ が、初めての味でした。ここでしか食べられないお料理ですね。
d0128354_07355739.jpg
孫のラウラさんが作ったチョコレートのトルタ。しっかり、ノンナ グローリーの血を受け継いでいますね。
2日目の夕食のテーブルには桜の花のアレンジが……
日本は桜の季節だからという心遣いも本当に嬉しかったです。
素晴らしいお料理、素晴らしい家族でした。

by la-fonte | 2014-03-29 07:41

春のイタリア研修 ヴァッレダオスタ編 その2

アグリツーリズモ レ・セクレイルには40頭の山羊が居て毎日朝夕2回搾乳して、いろいろタイプのシューブルチーズを作っています。
山羊は今が出産の季節で仔山羊は今年もう50頭生まれたそうです。
d0128354_16451161.jpg
生まれて2週間の仔山羊達。
d0128354_16462483.jpg
こちらはフレッシュチーズ。
d0128354_16472535.jpg
15日熟成
d0128354_16464973.jpg
こちらはもう少し熟成させるそうです。
いろいろなタイプのチーズを食べ比べられてとても勉強になりました。









by la-fonte | 2014-03-28 01:46 | イタリア

春のイタリア研修 ヴァッレダオスタ編 その1

ミラノからバスに揺られて2時間半バダノ平野を抜けたら4000メートル級の山が迫ってきました。そしてヴァッレダオスタ州の州都アオスタに着きました。
今回が3回目なんんですが、8年ぶりです。
d0128354_761534.jpg
宿はマンマフェスタで昨年、私がアテンドさせて頂いたベッペ&グローリーご夫妻が営むアグリツーリズモ・レ・セクレイル。アオスタの街から車で登る登る30分、標高は1500メートルだそうです。
d0128354_14234377.jpg
窓からの眺めが最高^ - ^
伺って知ったのですが、通常オープンは4月1日なんですって(O_O)
つまり私たちのためだけに開いてくれたというわけです。
予約時に言わないところ に優しさを感じますね〜。
d0128354_7545166.jpg
温かい雰囲気のリビング、居るだけでおちちきます。
d0128354_792823.jpg
お昼に出して下さった、チーズ&サラミ&パン、全て自家製。
d0128354_710636.jpg
15日熟成させた山羊のチーズも最高に美味しかったです。しばらく山の生活を楽しみながらのびり過ごします。

by la-fonte | 2014-03-27 07:00 | イタリア

春のイタリア研修

25日から4月7日までイタリア研修でイタリアに来ています。
d0128354_19161754.jpg

昨夜遅くミラノに着きました。
d0128354_1962559.jpg

ちょっと寒いです。
d0128354_1951516.jpg

でもこれからもっと北、フランスの国境のバッレダスタ州へ向かいます(^○^)
8年ぶりです。友達や知り合いに会うのが楽しみです〜。
モンテビアンコを眺めながらフォンティーナチーズ&ワイン 楽しみです〜(^○^)
また御報告しますp(^_^)q
by la-fonte | 2014-03-26 19:24

トスカーナとリグーリアの食事会

小春日和の3月16日日曜日、地方料理を楽しむ会を開催しました。
9名の生徒さんに加えて、イタリア人のゲストが2名とても楽しい会になりました。
お料理とイベントの様子を御紹介します〜。
d0128354_17194158.jpg
さえこさんの差し入れ、フランチャコルタCa`del Bosco で乾杯!
d0128354_17191125.jpg
サラメ&プロシュートにクレシェンティーネを添えて

d0128354_17192097.jpg
トリッパのサラダが大評判!!
d0128354_17191703.jpg
ムール貝のパン粉焼きは地中海の味わい!!
d0128354_17192482.jpg
トスカーナのおなじみの前菜 鶏レバーのクロスティーニ

【アンティパスト】

・ピンツィモニオとEXバージンオリーブオイルの食べ比べ
・パンツァネッラとフォカッチャ
・トリッパのサラダ
・シラスのフリッタータ
・ムール貝のパン粉焼き
・クレッシェンティーネと鶏レバーペスト、アフェッターティ
d0128354_17190730.jpg
白インゲンのズッパは軽いトマト仕立て〜
d0128354_17184724.jpg
大理石のモルテイオでジェノベーゼを作っています〜
d0128354_17205920.jpg
手作りパスタと和えています〜
d0128354_19035193.jpg
2種類のパスタの盛り合せはトスカーナ対リグーリア

【プリモピアット】

・白いんげん豆のミネストラ
・コルツェッティ モルタイオで作るフレッシュジェノヴァソース
・ウサギ肉のラグー パッパルデッレ
d0128354_17222565.jpg
カッポンマグロ 魚介類をを白ワイン蒸しにしています〜。
d0128354_19033506.jpg
カッポンマグロは魚介と野菜のバランスの良い一皿です〜
d0128354_17185581.jpg
料理に合わせていったい何本ワインを空けたっけ〜??
【セコンドピアット】
・カッポンマーグロ (リグーリアのお魚料理)
・ビステッカアッラフィオレンティーナ風 豚肉のハーブグリル
d0128354_17203179.jpg
ドルチェで締めくくり
【ドルチェ】

・ストロベリーのスプーマ
・チェンチ(トスカーナのカーニバルの揚げ菓子)
・パンドジェーヌ(ジェノバのアーモンドの焼き菓子)
d0128354_17201711.jpg
実習もしながらお料理を仕上げて行きました〜
d0128354_19040298.jpg
コルツエッティーを手作りにしました〜。
d0128354_17195627.jpg
ピエモンテからはジョルジョ、ヴェネトからはジャンニが参加してくれました。
d0128354_17271524.jpg
最後にみんなで記念撮影 とても楽しい会でした。
今回は、昨年に引き続き静岡から参加してくださった、
君塚栄一郎さんが素敵な写真を撮ってくださいました〜。
皆さん 美味しく素敵な時間をありがとうございました。次回もお楽しみに!!!

by la-fonte | 2014-03-24 19:10 | お料理教室

Asparagi bianchi (白アスパラ)の季節〜

 白アスパラと言えば、ヴェネト州のバッサーノ デル グラッパがすぐ浮かんできます。もう何年も前だけど〜、早春にヴェネトを旅行した時、ちょうどバッサーノで白アスパラ祭りに遭遇したのを覚えています。
 最近は日本でも栽培されているし、外国産も簡単に手に入る様になりました。
d0128354_16125875.jpg
先日、届いたのは佐賀県産です。ヨーロッパの物に比べて少し細めですが味はしっかりとしていました。アスパラには何故か卵が合います。バターをきかせたオランデーゼソースなんて最高ですね〜。今回は手軽に半熟気味の目玉焼きと合わせました。
d0128354_16130591.jpg
目玉焼きも6ヶいっぺんに焼くと迫力があります。ちなみにイタリア語では
「Uovo all`occho di bue」と言います。直訳すると「牛の目玉」目を想像すると事は日本人の感覚に似ているかな?
d0128354_16131638.jpg
塩味のコンビネーションも考えて、パルミジャーノ&生ハムも組み合わせたビスマルク風。ドイツの皇帝ビスマルクの好物だったとか〜。
しばらく続く、白アスパラの季節、ほろ苦い甘さと香りを楽しみたいと思います。



by la-fonte | 2014-03-12 16:28 | お料理

冬の名残と春の走りで イタリアン

 平成25年12月日本料理がユネスコ世界文化遺産に認定されましたね。
あれから、イタリアンを作り続けて来た私も折に触れてより和食を改めて見直しています。和食を食べに行く機会も以前より増えたかな??
という事で、2月のテーマは和食で良く使われる「走り」「名残」をテーマにイタリアンをコース仕立てにしてみました〜。
d0128354_14381891.jpg
アンティパストは終わりに近い牡蠣をコンフィにしてブルスケッタに仕立てました。
d0128354_14382421.jpg
冬に美味しい豚肉と豆の煮込み、今回はスペアリブとチェーチ、パスタはフジッリ。
まだまだ寒い日がある季節には体が温まりますよ!!!
d0128354_14382060.jpg
こちらは、春にほんのり色づく桜鯛とポロネギのグラタン仕立て。サフラン風味で仕上げました〜。桜鯛の繊細な味とポロネギの甘みがピッタリでした〜。
d0128354_14383023.jpg
ドルチェはパンケーキが流行っているので中にヨーグルトを練り込んだイチゴのパンケーキです。マスカルポーネやリコッタチーズでも美味しく出来ます。
まだまだ、寒い日がありますが〜、日差しの中には確実に春を感じますね。春は野菜がみずみずしくなり、本当に美味しいと思います。旬を頂くのは和食に心髄ですね。
この季節、皆さんもバランスの良い食事を心がけてくださいませ〜。

by la-fonte | 2014-03-11 15:02 | お料理

「イタリア好き」とのコラボイベント その2

ラフォンテとフリーマガジン「イタリア好き」とのコラボその2は、松本編集長を
お招きして思い出のお料理を再現して頂いたり、イタリアの魅力や取材の時のエピソードを伺いました。http://www.lafonte-cs.com/event_img/event47.html
今回のテーマは「リグーリア州」イタリア好きの創刊号がテーマにした松本氏には思い出の深い州です。
d0128354_15472126.jpg
 大理石のすり鉢で本物のジェノベーゼを作りました。オイルはもちろん、リグーリアのタジャスカ種の物です。ちょっと大変だけど美味しいペースとが出来ました。
d0128354_15502193.jpg
前菜は熱々の手作りのフレッシュチーズをはさんだ「フォカッチャ  ディ レッコ 」にエジプト豆の粉の「パニッサ」添えられているのは「シラスのフリット」です。
d0128354_15454890.jpg
こちらも、エジプト豆の粉で作ったファリナータ 焼き加減が素晴しかったです〜!
d0128354_15461724.jpg
こちらは、本誌にも載っているバッカラとジャガイモのペースト。オリーブオイルをふんだんに入れてクリーム状に仕上げました。
d0128354_15463376.jpg
リグーリアの地図を前に、取材の思い出を語る松本氏。
d0128354_15462215.jpg
タコのラグーは、タコ料理専門店「リストランテ・ポリポ・マリオ」で食べたパスタだそうピガートのワインにピッタリでした〜。
d0128354_15544901.jpg
メインは〜、ズッパ ディ ペッシェ
d0128354_15544643.jpg
こんな感じで出来上がりました。美味しくって〜とても楽しいイベントでした。
松本編集長、素敵な時間をありがとうございました。
次回は初夏に南イタリア「プーリア地方」予定しています。

by la-fonte | 2014-03-08 15:54