<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2015年 イタリア 旅行記 その4 プーリア編

中部&南イタリア最後の訪問地は プーリア州。
美味しいものがたくさんある地方として、知られていますね〜。
今まで、何度来ただろう???
日本人の味覚に合うので、この地方の料理は作るのも食べるのも大好きです。
小さな街を幾つか訪ねた後、モノーポリにあるチーズ工房へ
行きました。こちらは、以前生徒だった、竹島さんが研修していた所です。
そんなご縁で、朝早くから伺いました〜。
d0128354_22475028.jpg
モノーポリはアドリア海側の街です。

d0128354_22490675.jpg
プーリアらしく白い石造りのかわいい街でした。
d0128354_22504624.jpg
こちらは、3時間以上寝かせた生地。

d0128354_22513124.jpg
お湯を加えて、練り上げて、引きちぎりながらモッツアレラを作って行きます。
とても、暑そうな作業でした。

d0128354_22493701.jpg
こちらのカセイフィチョでお仕事をしているマリアさん。
スカモルツァで豚の形を作ってくれました〜。
竹島さんには、「チーズをたくさん教えたので、
日本できっと美味しいチーズを作ってくれるだろう!」っと言っていました。

d0128354_22524805.jpg
作ったモッツアレラは毎朝、お得意さんに運ぶそうです。
おやすみはなく、365日作っているそうですよ!
(動物相手だから、仕方ないです〜え。)

d0128354_22542671.jpg
小さな車に乗せて、販売にも行くそうです。
写真には撮れなかったのですが、ここはブラータも美味しです。
1日しかもたず、持って帰れないので、食べて味の記憶にとどめました〜。

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから



by la-fonte | 2015-04-26 22:56 | 旅行

2015年 イタリア旅行記 その3 バジリカータ編

モリーゼの次は、バジリカータにやってきました。
サッソの街マテーラに向かいます。
d0128354_05580967.jpg
何度も来ている街ですが、いつ来ても、石で
出来た不思議な街に魅了されます。
自然の石でこんな大きな街を作り上げるなんて、人間ってすごいな!
d0128354_05592702.jpg
街の中にはサッシ(洞窟)を利用してお店にしているところは多いです。
この一つ、今回は、昨年のイタリア好き「マンマのフェスタ」
で来日した、オステリア「ピーコ」へ伺いました。
入り口は小さいのに、地下に3階、石造りのとっても、素敵なお店です。
d0128354_06125733.jpg
バラエティーに富んだ アンティパスト。
唐辛子をフライにしたものは、この辺の名物です。
このあたりの産物をうまく使っていました。

d0128354_14552000.jpg
パスタはカバテッリとマケロンチィーニ
素朴な味わいです。
d0128354_14582630.jpg
セコンドは、秋と春に旬を迎えるキノコ「カルドンチーニ」
をつかった、豚肉のタリアータ。お肉の味がとっても濃かったです。
d0128354_14562677.jpg
ロルチェは3種類 ほぼ完食!!

d0128354_06100480.jpg
フェスタで活躍してくれた、エンツォ&エンツァ
と記念写真、すごく歓迎してくれて、嬉しかったです。

d0128354_04431568.jpg
夜のマテーラも素敵ですよ!
バジリカータのハイアルコールなアリアニコでほろ酔い気分でしたが、
とっても気持ちの良く、散歩しながら、ホテルに戻りました。



◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


by la-fonte | 2015-04-25 04:41 | 旅行

2015年 イタリア旅行記 その2 モリーゼ編

アブルッツオの次は、お隣のモリーゼ州へ行きました。
20数年何度もイタリアを旅した私ですが、イタリア20州の中で、
唯一行っていない州がモリーゼ州でした。
d0128354_04252706.jpg
アドリア海沿いの街、テルモリ
のんびりとした、漁港のある街と言った感じです。
魚をとるための小屋が海に突き出ていました。
d0128354_04253019.jpg
城跡のある海沿いは、気持ちの良い、散歩道でした。

d0128354_04264153.jpg
地元でも、美味しいと評判のL`operaと言う、トラットリアへ行きました。
偶然ですが、「イタリア好き」のモリーゼ特集で載ったお店でした。
d0128354_04260384.jpg
セモリナ粉で作った、素朴なパスタに、魚介のソースがよく合います。
d0128354_04263775.jpg
こちらは、魚のスープ「ブロデット」アドリア海では、
この呼び方が一般的です〜。
あとは、カンポバッソ言う内陸の街にも行きました。
こちらも、のんびりとした良い街でした。
こちらは、また機会があったら、ご報告したいと思います。

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


by la-fonte | 2015-04-24 16:13 | 旅行

2015年 イタリア旅行記 その1 アブルッツオ編

4月20日からイタリアに来ています。
不定期かつシンプルではあります、ブログで旅行記をお知らせいたいと思います。
d0128354_14434002.jpg
ローマから車で3時間弱、アブルッツォ州のスルモナに来ました。

d0128354_14405870.jpg
2年前に来て、素敵な街だったので、しばしの立ち寄りです。

d0128354_14353282.jpg
アペニン山脈の麓のこじんまりした街です。

d0128354_14392012.jpg
アーモンドやフルーツをお砂糖でコーティングしたコンフェッティの
発祥の街 店先を綺麗に彩っています。

d0128354_14381716.jpg
ブーケみたいで可愛い!!

d0128354_14401599.jpg
アブツッオっと言えば、羊のペコリーノチーズ。

d0128354_14421503.jpg
2年前にお世話になった、リストランテ ジーノの食材屋さんに行き、
味見をさせていただきました。熟成したのと、フレッシュのもの、両方おいしかったです。
今回は時間がなくて、お食事をさせていただかないのが、残念です。
では、またご報告します〜。

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


by la-fonte | 2015-04-22 14:44 | 旅行

エキスパートコース 3期 その4 ヴェネト・フリフリヴェネチアジュリア・トレンティーノアルトアディジェ州

イタリア料理を通して食のプロを育てる
ラフォンテ エキスパートコース
3期では北イタリアの食文化につてい学んでいます。
第4回目は北イタリアの3州。
ヴェネト・フリフリヴェネチアジュリア・トレンティーノアルトアディジェ州です。
アドリア海に面した地域では豊富な魚介類が食べられ、
山岳地方では、ドイツ・オーストリアの影響を受けた料理が食べられます。

ごく一部しかご紹介できないのが残念ですが、画像をお届けします。
d0128354_23493949.jpg
こちらは、チーズのお好み焼き?フィリーコです。
焦げ具合がいい感じに出来ました〜!!
d0128354_23501445.jpg
ヴェネトはアスパラの産地として有名。
特に白アスパラの質の良さは有名です。
d0128354_23493848.jpg
目玉焼きを添えたビスマルク風。
サンダニエッレの生ハムを添えました。
d0128354_23493748.jpg
ヴェネトはポレンタが良く食べられます。
ソースはバッカラのヴィチェンツァ風&イカスミのソース
d0128354_23494932.jpg
珍しい詰め物パスタ「チャルソンス」
中にはアマレッティのクッキーや燻製したリコッタチーズが詰めてあります。
d0128354_23502942.jpg
この辺りのアドリア海は蟹の産地。
蟹をたっぶり使ったリングイネです。
d0128354_23493468.jpg
ヴェネチアが発祥のカルパッチョ
今回は鹿肉で作りました〜。トレビスのほろ苦さか合いました。

d0128354_23500553.jpg
ヴェネチアの代表的な焼き菓子、バイーコリ・エッセ・ザレッティ。
ザバイオーネを添えて、頂きました。

これで、ラフォンテエキスパートコース3期生のレッスンがすべて終わりました。
ワインに料理にっと、ちょっと、ハードな内容でしたが、
皆さん頑張りました!付いてきてくれてありがとう!
イタリア郷土料理の楽しさを理解していただけたら、嬉しいです。
これから、食の世界でますますご活躍くださいね!

次回は、2016年開講予定!イタリア料理の専門家を目指す方々、
受けてみられてはいかがでしょうか?

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから







by la-fonte | 2015-04-18 22:00 | お料理教室

エキスパートコース 3期 その3 ピエモンテ

イタリア料理を通して食のプロを育てる
ラフォンテ エキスパートコース
3期では北イタリアの食文化につてい学んでいます。
第3回目はワインの銘醸地としても知られるピエモンテ州です。
フランスに国境を接するこの州、
州都トリノの街はフランスナイズされた優美さがあります。
海がなくオリーブオイルもトマトも採れないこの州、イタリアンのイメージとは
多少違うかもしれませんが、美味しいお酒のあるところには、美味しい料理あり!
美酒美食に溢れたこの地方の魅力的な料理の数々、
ごく一部しかご紹介できないのが残念ですが、画像をお届けします。
d0128354_23481951.jpg
ヴィッテロトナート
茹でた仔牛肉にタップリかかっているのはツナソース。
海のないピエモンテらしい料理です。
d0128354_23482010.jpg
菊芋(トピナンブール)のスフォルマート
ベシャメルソースがベースになっています。
香りが高く、食感が面白い!!
d0128354_23482039.jpg
キャベツのバーニャカウダ煮込み。
残ったバーニャカウダのソースでも簡単に出来ます〜。
d0128354_23481887.jpg
卵タップリの
ピエモンテの手打ちパスタ
手前はタヤリン・奥がアニョロッティーです。
d0128354_23482112.jpg
タヤリンは鳥レバー&ドライイチジクのソース
と合わせました。白トリフがあると最高なんだけど〜!!
d0128354_23482238.jpg
お肉の詰め物をした、アニョロッティープリン
セージ&クリームで合わせました。
d0128354_23482220.jpg
牛フィレ肉のゴルゴンゾーラソース。
このチーズにはクルミがピッタリなんです!!

d0128354_23525088.jpg
ドルチェはチョコレートプリンの「ボネ」
さすが、ピエモンテどの料理も日本で有名になったものばかりですね〜。
では、最後に2014年にイタリアの50番目の世界遺産になった
「ピエモンテの葡萄畑の景観」の画像をお届けします!
d0128354_18452501.jpg
Ci vediamo a presto!

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


by la-fonte | 2015-04-02 21:53 | お料理教室

エキスパートコース 3期 その4 べネト

イタリア料理を通して食のプロを育てる
ラフォンテ エキスパートコース
3期では北イタリアの食文化につてい学んでいます。
第2回目はアルプス山麓の二つの州。
ヴァッレダオスタ州&トレンティーノ・アルトアデジェ州がテーマ。
厳しい自然と戦いもある反面、山の恵みをたっぷり頂ける地方です。
アオスタはフランス&スイス、トレンティーノはドイツ&オーストリアと
イタリアながら、異国のテイストが楽しめる奥深い食文化が根付いています。
素朴で静かながら、この土地でだから味わえる魅力的な料理の数々、
ごく一部しかご紹介できないのが残念ですが、画像をお届けします。

d0128354_23493909.jpg
d0128354_23493468.jpg
d0128354_23493631.jpg
d0128354_23502942.jpg
d0128354_23494932.jpg
d0128354_23500553.jpg
◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


by la-fonte | 2015-04-01 23:55 | お料理教室