<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2015年 イタリア旅行記 サルデニア編 最終回

さて、生徒さんとの旅行の最終地は州都のカリアリ。
たまたま、5月1〜4日の聖エフィジオのお祭りの
初日に当たりました。
聖エフィジオはサルデニアの守護聖人とされていて、伝統的な
民族衣装で着飾った人たちが、聖エフィジオの像を乗せた山車とともに
聖地のノーラまで行列します。
d0128354_05010456.jpg
各村で民族衣装や音楽が違うそう、夢のように素敵な衣装でした。
ボタンやアクセサリーが綺麗で皆さん加工された、
ペンダントヘッドやイヤリングをお土産に買って帰えられました。
d0128354_05013163.jpg
サルデニアの女性は美人が多いので驚きました。
4日の夜にカリアリに戻るのですが、私はテレビの
サルデニア地方局でその様子を見ることが出来ました。
夜のお祭りの様子も幻想的で素敵でした。
サルデニアの人々の信仰の深さを感じました。
d0128354_05095421.jpg
さて、お祭りを見た後は、カリアリの街巡りです。
街歩きも楽しかったですが、高台から見た、塩田の様子は壮観でした。

d0128354_05083089.jpg
最後の食事は、歴史地区にあるリリックに行きました。
こちらは、「イタリア好き」のサルデニア号にも載ったお店です。
8時半の開店と共に、入ったのでっjすが、あっという間に満席。
美味しくって、楽しくってとても良いお店でした。

参加された生徒の皆さん、楽しい旅をされたようで、何よりでした。
私も、懐かしい人達との再会、素敵な人達との出逢い、
たくさんの思い出が出来ました。また是非戻ってきたいです。
Arrivederci sardegna! Grazie tutto!

私はあと、数日サルデニアに残り、フラスカーティーに立ち寄って戻ります。
そのお話はや現地からご紹介できなかった旅のエピソードは、
日本に戻ったらまた、ゆっくりblogでご紹介したいと思っています。

d0128354_05522568.jpg
皆さんはどのようなゴールデンウイークを過ごされたでしょうか?
最後に今回の旅の出発地、アルゲーロのカポカチャの写真をお届けします。
ここが、地中海の蒼さを実感したサルデニアの旅の始まりでした。
と言うことで、2015年春 現地からの
イタリア旅行記にお付き合い頂きありがとうございました。

Ci vediamo a La fonte ( ´ ▽ ` )ノ



◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから

by la-fonte | 2015-05-05 04:11 | 旅行

2015年 イタリア旅行記 サルデニア編 その5

ヌオーロを後にして、私達はオリスターの件に向かいました。
ここは、ボッタルガと甘口ワイン
ベルナッチャオリスターノ ワインで有名な地域です。
産地で有名なカブラスの街のボッタルガ屋さんで、
日本では高級品の「ボッタルガ」皆たくさん買いました!!
d0128354_03283495.jpg
もちろん、ランチはボッタルガのスパゲッティーでした〜。
私も一杯買ったので、日本でも作ります。
地元のトラットリア「ジーノ」で味わってみて今回学んだコツは、
ニンニクを効かせ過ぎない事だと思いました〜。
あくまでもボッタルガが主役ですね。
d0128354_03202796.jpg
さて、サルデニアの魅力と言えば、雄大な自然。
オリスターノの後は、カリアリ県のゴンノストラマッツォの
アグリツールズモに滞在しました。
10年程前から付き合いのある、ミケーレ クスクーザ さん
が経営しているのですが、羊はもちろん、馬・ロバ・山羊・豚っと
たくさんの動物がいます。
私達は、そんな自然を満喫しました。
d0128354_03220942.jpg
ミケーレさんの所では、「ペコリーノサルド」を作っています。
チーズを作る過程をしっかりと見学して、美味しいチーズを頂きました。
また、お料理も自給自足、私達も手伝って作った夕食は
自然を頂いているようで、とっても美味しくて楽しい楽しい夜でした。
最後に私達が散歩した、オリスターノ県のタロスの遺跡の写真をお届けします。
d0128354_03495258.jpg
ここでも、遺跡の前に広がっているのは、透き通るような美しい海でした。

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


by la-fonte | 2015-05-04 08:02 | 旅行

2015年 イタリア旅行記 サルデニア編 その4

コスタズメラルダを後にして、ヌオーロ地方の内陸の街
「オリエナ」へと向かいました。
「パーネ カラザウ」アルビーノ&ルチアの工房を訪ねるためです。
d0128354_06142421.jpg
最近双子のママになった ルチア。
「母は強し?」相変わらず力強く一枚一枚 丁寧に焼き上げていました。
カラザウにポーチドエッグ&トマトソースを組み合わせた、
「パーネフラッタウ」くるくると巻いて
卵がトロリと出てきたら「頂きます〜!!」美味しかったです!
d0128354_06133733.jpg
さて、オリエナでもう一つの楽しみがありました〜。
それは、4ツ星ホテル「Su Golgone」での滞在。
緑多いオリエナの自然をうまく利用した素敵なホテルです。
郷土料理を頂ける、レストランもとっても美味しいのです!!
(写真禁止だったのでお届けできないのが残念!)
数年前の滞在も良かったですが、今回も、旅の疲れを
ゆったりと癒すことが出来ました。オリエナへ行く方お勧めですよ!

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから

by la-fonte | 2015-05-04 06:01 | 旅行

2015年 イタリア旅行記 サルデニア編 その3

アルゲーロの次は、東のコスタズメラルダに向かいました。
素敵なビッラに住む優雅なシニョーラフランカさんから、
お料理レッスンを受けるためです。
彼女のご主人パウロさんは、ソムリエでもあり大のワイン好き!
そーいえば、あの辺りは、D.O.C.Gのベンルメンティーノガールーラの産地です。
彼とワインのお話をするのも楽しみの一つです。
d0128354_05494041.jpg
私が初めて、レッスンを受けたのが、5年前、久しぶりの再会でした。
手際の良さに加えて、例えば魚介とフルーツとか、
材料の目先の変わった使い方に感動しました。
今回も、魚介中心に美味しいメニューをご紹介頂きました。
生徒さんも、まん丸なアマレッティを上手に作っていました。
レシピのお土産がたくさん出来て嬉しいです〜。
さっそくラフォンテメニューの参考にさせて頂きます。
d0128354_05570526.jpg
コスタズメラスダと言えば、初めて私がサルデニアの地を踏んだのが
近くのオルビア空港。ホテルチェルボでレストラン修行している友人を
訪ねたのが93年の夏の終わりのこと....。
もう23年前か〜.....本当に懐かしさで一杯でした。

ということで、最後に、透き通る海、コスタズメラルダ、ポルトチェルボの写真をどうぞ!


◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


by la-fonte | 2015-05-03 05:47 | 旅行

2015年 イタリア旅行記 サルデニア編 その2

アルゲーロでは、チェントロストリコの路地に佇む
Ristorante 10metoriへ行きました。シェフのシニョーラ ピーナは75歳
15歳からマンマのお手伝いで料理を始めて、もう60年だそうです。
d0128354_03463391.jpg
アルゲーロの名物アラゴスタ(伊勢エビ)を料理前に
見せてくれました。100g 15ユーロ。800g位だったので、
120ユーロでした。結構 高級料理ですね〜。
d0128354_03474708.jpg
魚介のアンティパストを頂いた後は、
パスタはこちらも、名物のリッチ ディ マーレ (ウニ)
もう一つは、カニのトマトを使ったスパゲッティー、
アラゴスタはカタルーニャ風にしてもらいました。
どのお料理もとても美味しかったです〜!!

何より、シニョーラ ピーナが可愛らしくって、あんな素敵なお婆ちゃんに
なりたいと思ってしまいました〜。
アルゲーロにいらしゃる方、お勧めのレストランのひとつです

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


by la-fonte | 2015-05-03 03:25 | 旅行

2015年 イタリア旅行記 サルデニア編 その1

今年のラフォンテイタリア研修は皆さんのリクエストで
「サルデニア島」になりました。
サルデニアに私が、初めて行ったのが1993年 もう22年前の事です。
初めて行った時から、その料理の美味しさと、人々の温かさに、
大好きな地方のひとつになりました。
さて、生徒さんと待ち合わせをしたのは、アルゲーロ スペインの影響を受けた、
こじんまりとした街です。
d0128354_236060.jpg
22年前に偶然 知り合った、マンマ ピエリーナから料理のレッスンを受けました。
d0128354_02541719.jpg
御主人のアントニオさんが、街の郊外に農園を持っていて、
オリーブオイルや野菜など味の濃い新鮮な食材が手に入ります。
d0128354_02585942.jpg
アルゲーロの魚介もとても新鮮。マンマの指示で皆で下ごしらえを手伝いました。
d0128354_02595745.jpg
アントニオさん も、フリットを揚げてくれました。

d0128354_03034733.jpg
街が見渡せる、最上階の素敵なアパルトメント。も出来ました。
こんな、さりげないテーブルセッティングも参考になります。


d0128354_02542159.jpg
出来上がったお料理はこんな感じです。
家庭の温かい味わいのお料理ばかりでした。
とても、居心地の良かった私たちは、アルゲーロに滞在中の3日間、
農園に1回、お宅にはなんと、3回も伺ってしまいました〜。
観光や街歩きも堪能して、とても、楽しい、アルゲーロ滞在でした。
次回はアルゲーロのレストランをご紹介します〜。

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


by la-fonte | 2015-05-03 02:18 | 旅行