フラスカーティー その2 イタリア最終日

フラスカーティ滞在2日目は知人に郊外の湖に連れて行って頂く事になりました。
実は〜、この日が今回のイタリア滞在、最終日でした。天気はまずまず〜
車で30分、長めなトンネルを抜けて見えたのが緑色の
NEMI湖 ローマ出身のイタリアの友人が「美しい湖」
と以前話してくれ、一度は来てみたい〜っと思っていました。
ローマから日帰りできる、ちょっとしたドライブコースって感じですね。
街も可愛く、センスの良いお店がたくさん。ここは、イチゴの産地だそうです。
天井からぶら下がっていたサラミの種類の多さにはびっくり。
私も、イチゴのリキュールを1本買いました。(ラフォンテにあります!)
さて、フラスカーティーに戻ってランチをしたのが、
有名店 Cacciani(カッチャーニ)、以前、高輪台に同じ名前のお店がありました。
ここで修行した方が名前をいただいて開いたのだそうです。
エレガントな盛り付けと優しい味わいは素晴らしかったです〜。
知人と別れて、出発まで街をぶらぶら、お買い物したり、広場でぼーっとしたり、
のんびりと散歩しているのが何より贅沢な時間でした〜。
イタリアの良さは、こういう中都市にもあるな〜っと思います。
写真はジェラート屋さん、おじさんも気軽に話しかけてくれました。
最後に、今回のイタリア旅行 最後のジェラートの写真をどうぞ!
フラスカーティーとても素敵な街でした!!

さて、私がローマを出発して1時間半後、ダビンチ空港で火事がおこったそうです。
私は飛び立ってしまったので、日本に戻って知りました....もちろん空港は閉鎖!
イタリアの知人達は私の行方をとても、心配していたようです。
確かに〜、もし、巻き込まれていたら1日以上は空港で足止めでしたね。

今回は、こんな感じで、ギリギリで助かった出来事もありました...
っという事で、なかなかラッキー続きの思い出深い旅でした。

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから



# by la-fonte | 2015-06-10 22:52 | 旅行 | Comments(0)

フラスカーティー その1

春のイタリア旅行 最終地はローマ郊外のフラスカーティーに滞在しました。
白ワインで有名な街ですね〜知人が住んでいるので、ガイドして頂きました。
美しいドゥオーモ(大聖堂)が街のシンボルです。
その前のPiazza(広場)がとっても落ち着きます。
丘の上には、ロマー時代の遺跡が残ります。
緑が綺麗な季節、爽やかな風が吹き抜けて行きました。
POGGIO DI VOLPIという綺麗でハイセンスなカンティーナ。
レストランもありました。5種類程、ティステイングさせていただきました。
日本にも幾つかのアイテムは入っているみたいなので、見つけてみます。
この辺りはPorchetta(子豚の丸焼き)が有名です。
こんな可愛い売店も街角にあります。
ハーブを巻き込んで皮をカリッと焼き上げます。
パニーニにしても美味しいのですよ!
20年前くらいに近くの街、アレッチァでポルケッタのレポートでテレビの仕事。
「ポルケッタのパニーニ」私が食べるシーンが放映された事、懐かしい思い出です。
街のチェントロのレストランでディナー。ローマ近郊はやはりお肉が中心です。
サルデニアに比べて、塩味がちょっぴり濃いめかな?
帰り道 高台からローマの夜景が美しかったです。

ということで、到着1日目は終了!翌日は郊外へ行きました。
次回、ご報告しま〜す。
◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから



# by la-fonte | 2015-06-02 23:47 | 旅行 | Comments(0)

2015年 イタリア旅行記 サルデニア編 最終回

さて、生徒さんとの旅行の最終地は州都のカリアリ。
たまたま、5月1〜4日の聖エフィジオのお祭りの
初日に当たりました。
聖エフィジオはサルデニアの守護聖人とされていて、伝統的な
民族衣装で着飾った人たちが、聖エフィジオの像を乗せた山車とともに
聖地のノーラまで行列します。
各村で民族衣装や音楽が違うそう、夢のように素敵な衣装でした。
ボタンやアクセサリーが綺麗で皆さん加工された、
ペンダントヘッドやイヤリングをお土産に買って帰えられました。
サルデニアの女性は美人が多いので驚きました。
4日の夜にカリアリに戻るのですが、私はテレビの
サルデニア地方局でその様子を見ることが出来ました。
夜のお祭りの様子も幻想的で素敵でした。
サルデニアの人々の信仰の深さを感じました。
さて、お祭りを見た後は、カリアリの街巡りです。
街歩きも楽しかったですが、高台から見た、塩田の様子は壮観でした。

最後の食事は、歴史地区にあるリリックに行きました。
こちらは、「イタリア好き」のサルデニア号にも載ったお店です。
8時半の開店と共に、入ったのでっjすが、あっという間に満席。
美味しくって、楽しくってとても良いお店でした。

参加された生徒の皆さん、楽しい旅をされたようで、何よりでした。
私も、懐かしい人達との再会、素敵な人達との出逢い、
たくさんの思い出が出来ました。また是非戻ってきたいです。
Arrivederci sardegna! Grazie tutto!

私はあと、数日サルデニアに残り、フラスカーティーに立ち寄って戻ります。
そのお話はや現地からご紹介できなかった旅のエピソードは、
日本に戻ったらまた、ゆっくりblogでご紹介したいと思っています。

皆さんはどのようなゴールデンウイークを過ごされたでしょうか?
最後に今回の旅の出発地、アルゲーロのカポカチャの写真をお届けします。
ここが、地中海の蒼さを実感したサルデニアの旅の始まりでした。
と言うことで、2015年春 現地からの
イタリア旅行記にお付き合い頂きありがとうございました。

Ci vediamo a La fonte ( ´ ▽ ` )ノ



◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから

# by la-fonte | 2015-05-05 04:11 | 旅行 | Comments(2)

2015年 イタリア旅行記 サルデニア編 その5

ヌオーロを後にして、私達はオリスターの件に向かいました。
ここは、ボッタルガと甘口ワイン
ベルナッチャオリスターノ ワインで有名な地域です。
産地で有名なカブラスの街のボッタルガ屋さんで、
日本では高級品の「ボッタルガ」皆たくさん買いました!!
もちろん、ランチはボッタルガのスパゲッティーでした〜。
私も一杯買ったので、日本でも作ります。
地元のトラットリア「ジーノ」で味わってみて今回学んだコツは、
ニンニクを効かせ過ぎない事だと思いました〜。
あくまでもボッタルガが主役ですね。
さて、サルデニアの魅力と言えば、雄大な自然。
オリスターノの後は、カリアリ県のゴンノストラマッツォの
アグリツールズモに滞在しました。
10年程前から付き合いのある、ミケーレ クスクーザ さん
が経営しているのですが、羊はもちろん、馬・ロバ・山羊・豚っと
たくさんの動物がいます。
私達は、そんな自然を満喫しました。
ミケーレさんの所では、「ペコリーノサルド」を作っています。
チーズを作る過程をしっかりと見学して、美味しいチーズを頂きました。
また、お料理も自給自足、私達も手伝って作った夕食は
自然を頂いているようで、とっても美味しくて楽しい楽しい夜でした。
最後に私達が散歩した、オリスターノ県のタロスの遺跡の写真をお届けします。
ここでも、遺跡の前に広がっているのは、透き通るような美しい海でした。

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


# by la-fonte | 2015-05-04 08:02 | 旅行 | Comments(0)

2015年 イタリア旅行記 サルデニア編 その4

コスタズメラルダを後にして、ヌオーロ地方の内陸の街
「オリエナ」へと向かいました。
「パーネ カラザウ」アルビーノ&ルチアの工房を訪ねるためです。
最近双子のママになった ルチア。
「母は強し?」相変わらず力強く一枚一枚 丁寧に焼き上げていました。
カラザウにポーチドエッグ&トマトソースを組み合わせた、
「パーネフラッタウ」くるくると巻いて
卵がトロリと出てきたら「頂きます〜!!」美味しかったです!
さて、オリエナでもう一つの楽しみがありました〜。
それは、4ツ星ホテル「Su Golgone」での滞在。
緑多いオリエナの自然をうまく利用した素敵なホテルです。
郷土料理を頂ける、レストランもとっても美味しいのです!!
(写真禁止だったのでお届けできないのが残念!)
数年前の滞在も良かったですが、今回も、旅の疲れを
ゆったりと癒すことが出来ました。オリエナへ行く方お勧めですよ!

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから

# by la-fonte | 2015-05-04 06:01 | 旅行 | Comments(0)