Buon Natale !

皆さん Buon Natale !
今年もわずかになりました。楽しいクリスマスをお過ごしですか?
ラフォンテの近くはイルミネーションが綺麗です。
私は11月の後半からず〜っとクリスマスの料理を作り続けて来ました。
レッスンのお料理が一つでも、
皆さんのクリスマスのテーブルに並んでいたら嬉しいです。
今日はそのクリスマスレッスンの中で幾つかセレクトして、
画像をお届けしたいと思います。
上級コースの新作アンティパストは「ハムと卵のスフォルマート」
ナイフを入れると黄身がトロ〜っと出てきます。
辛口spumanteやProseccoにピッタリ!!
同じハムを使って好評だったのが、中級コースで作った
「モルタデッラのムース ニョッコフリット添え」
マスカルポーネでクリーミーに仕上げました〜
お友達のお家でクリスマスのケータリングもしました。
(とても楽しい仕事だったので今後も続けたいです。)
プロセッコに合わせたアンティパスティも提案しました〜。
クリスマスといえば、パスタ アル フォルノ
オーブンを使ったパスタ料理です。
こちらは定番の「ラザニアのエミリア風」
おもてなしの新作のセコンドピアットは
お肉をお肉で包んだ「ファルスマルグ」
コスパが抜群で美味しいと評判でした〜。
こちらは、中級コースのローストポーク「ポルケッタ風」
今年はイタリア産の豚肉 ドルチェ ポルコを使いました。

ドルチェは華やかに盛り合わせがいいですね〜。
基礎科&中級コースのドルチェを盛り合わせてみました。
おもてなしコースで作ったナポリの伝統的なドルチェ
「ストゥルッフォリ」リース型に仕上げてクリスマスを演出しました。
今年も届きました、ヴェネト州ロイゾン社のパネトーネ&パンドーロ
クリスマスを前に「パネトーネ&プロセッコを楽しむ会」
を行いました。ノルレイク社のジャンルーカさんが語ってくれた
「プロセッコの魅力」「パネトーネの歴史」
はとても興味深いお話でした。
そして最後に今年の「クリスマス料理を楽しむ会」の画像をお届けします。
メニューは
【Antipasto】
・スペルト小麦のサラダ クリスマス風
・茸のムース ポルチーニ風味
・ハチミツ風味のスイートピクルス
【Primo Piatto】
・クリスマスのカネロニ
【Secondo Piatto】
・詰め物をした ハーブのローストチキン (一人一羽)
【Dolce】
・イチジクとクルミのクリスマスケーキ (15cm一人一台)

ここでご紹介できないお料理もたくさん。
その数は30品くらい??かな?
「今年のクリスマスは何を作ろう?!」って悩みながら〜
皆さんの明るい表情が嬉しくって...クリスマスマジックですね〜
本当に楽しいレッスンをさせて頂き、ありがとうございました。

❤️それでは、改めて素敵なクリスマスをお過ごし下さい❤️

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから


# by la-fonte | 2014-12-24 18:59 | お料理教室 | Comments(0)

エキスパートコース 2期 その2 リグーリア&トスカーナ

イタリア料理を通して食のプロを育てる
ラフォンテ エキスパートコース 
2期では中部イタリアの食文化について学びを深めました。
2回目の御報告はリブーリア&トスカーナのお料理です。
定期的に訪れたいと思う、海の幸にも山の幸にも恵まれた
美しい二つの地方。料理も美味しい物が一杯です!!
アンティパストの1品目はリグーリアの「フォカッチャ ディ レッコ」
中には手作りのフレッシュチーズがはさんであります〜。
トスカーナで良く出て来るアフェッターティ ミスティ
そして、ペコリーノトスカーノ
豆料理が一杯のトスカーナ地方
エジプト豆と野菜の煮込みはナチュラルなテイスト
リグーリアのパスタはトロフィエ&コルツェッティ
皆さん、とても上手に作ってくれました〜!
トスカーナのパスタは栗の粉のパスタ
今年とれた栗の新粉で作りました!
ソースは野菜のラグー シェナ風
ほろ苦い味わいを気に入ってくくださった方が多かったです!
魚のメインは カッポンマグロ
野菜の下に豊富な魚介類が隠れています〜。
トスカーナの「ランプルドット」
今回はセコンドとして戴きました〜。
パニーニにしても美味しいですけどね・・・
トスカーナのドルチェはスキアッチャータ&パンフォルテ

ワインはリグーリアの白&トスカーナの赤
ヴェルメンティーノ&サンジョベーゼ
自然豊かな二つの州を思いながら、今回も地方料理を堪能しました。

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから

# by la-fonte | 2014-11-13 15:59 | お料理教室 | Comments(0)

エキスパートコース 2期 その1 エミリア ロマーニャ&マルケ

エキスパートコースは2期に入り、中部イタリアのお料理を勉強して来ました。
今回から、4回に渡ってお料理の一部を御紹介したいと思います。
その1回目は、エミリアロマーニャ&マルケ州です。
私がイタリア料理の勉強を始めた地方なので、思い入れもひとしおです。
アンティパストはオリーブアスコラーネ
ハム&サラミのアフェッテーティミストも欠かせません。
ワインはヴェルデッキオを合わせました〜。
エミリア地方で仕事をいていた時、毎日の様に食べた
ピアディーナ、今回は生ハム&パルミジャーノをはさみました。
エミリアロマーニャと言えば、手打ちパスタですよね。
タリアテッレ&トルテリーニ
こうして見ると可愛い〜ですね・・・
トルテリーニは生クリームで合わせました。
中から、肉汁がとろ〜ん。ちょっと小籠包に似ているかも・・・
タリアテッレにはラグーアッラボロネーゼ。
定番ですよね〜、パルミジャーノのチーズをたっぷりかけました。

アドリア海の海の幸を煮込んだ「ブロデット」
軽めなトマト味のスープがとても最高に美味しい!!
セコンドのお肉料理は「コニッリオ アル アチェート」
ウサギの料理です。私が仕事をしていたお店の
ノンナ(おばあちゃん)の得意料理。スペシャリティでした。
ドルチェはクロスタータ
ジャムをたっぷり塗って焼き上げました。

この二つの地方には美味しい食材が溢れていて・・・
お料理に本当に贅沢ですね〜。
体脂肪数%上がってもしょうがないか・・・ってレッスンでした〜。

◆ラフォンテ公式サイト
◆ブログ「ラフォンテの風」
◆グルメブログ
◆ラフォンテFacebookページはこちらから

# by la-fonte | 2014-11-08 00:14 | お料理教室 | Comments(0)

マンマのフェスタ 2014 レポート 最終回

今回は マンマのフェスタ 2014 レポートの最終回
初日から最終日迄、私がフェスタ以外のアテンドもさせて頂いたので、
最後にマンマ達が日本で見せてくれた素顔を御報告したいと思います。
今回、来日したイタリア人はペッピー以外5名が初来日。
それも、10時間以上の飛行機の旅は初めてという人達でした。
26歳〜78歳まで、それぞれ日本をとても楽しんでくれて、
私達の国を大好きになってくれました。
初日に行った居酒屋さん,ジネッタマンマはお箸を上手に使いこなしていました。
(イタリア好き 松本編集長の指導が良かったのかな?)
エンツァマンマもリーナマンマもとても人懐こくって、
誰ともすぐに馴染んでお友達になっていました〜。
とにかく、居酒屋さんを気に入ってくれたご一行様。
何度行ったのでしょう?「日本食は美味しい!」と繰り返していました
ここは、新橋のお店。ビール片手にまるでオヤジの乗りですね〜。
フェスタの次の日には、築地にも繰り出しました。
築地から月島へ もんじゃ焼きを食べに行きました〜。
リーナの娘さん フェデリーカはとても上手にもんじゃを焼いていました!
味もスゴく気に入ってくれたみたいですよ!


最終日はあいにく雨〜、でも頑張って浅草観光もしました。
心残りなのは・・・おみくじを正確に訳してあげられなかった事かな〜
(和歌とか短歌とか日本人でも意味不明だも〜ん。イタリア語もっと勉強します!)
仕事の間に見せてくれたとても優しい笑顔、フェスタの仕事に関わった私達
には彼女達のお料理と共に、言葉を超えた温かさが伝わって来ました。
スーツケース一杯に思い出を詰めて帰国して行きました。
Grazie mille ! と何度も繰り返していたけれど・・・
私達もありがとうを1000回言いたいです。
素敵な思い出を本当にありがとう〜。
Ci vediamo a presto !!

◆ラフォンテ公式サイト
http://www.lafonte-cs.com/
◆ブログ「ラフォンテの風」
http://lafonte.exblog.jp/
◆グルメブログ
http://lagurume.exblog.jp/
◆ラフォンテFacebookページはこちらから
https://www.facebook.com/LaFonteCookingStudio


# by la-fonte | 2014-11-03 22:29 | イタリア | Comments(0)

マンマのフェスタ 2014 レポートその4 (シチリア料理)

最後に御紹介するのが、シチリア州
地中海に浮かぶ、一番大きな島で写真や絵のテーマになったり、
映画の舞台になったりと、とても魅力的な所です。
かつてこの島を征服したギリシャやローマ等の文化が見られます。
碧い海と温暖な気候に恵まれ雄大な風土に…。
州都は文明の交差点パレルモ、郷土料理はとい様を沢山浴び
濃厚な味の食材をエキゾチックに仕上げます。
マンマは「リーナ・ミリオーレ」さん
シチリアの南東部ノート郊外でワイナリーを家族で営んでいます。
お嬢さんのフェデリーカさんと来日
皆と協力して、沢山の生パスタを練り上げました〜。
出来上がったのはカバテッリ
イワシのソースと合わせました〜。
母と娘の息はピッタリ?
(時々、意見の食い違いはありましたが〜)
フェンネル・レーズン・松のみをたっぷり使った
「イワシのソース」シチリアらしい味わいでした。
奥のお鍋は有名なアンティパスト「カポナータ」です。
イタリア好きのカメラマン萬田氏もこの日はカメラを包丁に持ち替えて
リーナマンマのお手伝いをしてくださいました〜。
メニューにはなかったのですが、ボランティアの皆に
お疲れ様ドルチェを作ってくれました。
1kgのアーモンド&600gのグラニュー糖 出来上がったのは「トローネ」です。
キッチンカーでは手を振る余裕ぶり〜シチリア女性は
気まぐれな所もあるので、周りはちょっと大変だったかも〜。

フェデリーカはキッチンカーの前で売り子さんをしてくれました〜。
イワシのパスタには茶色く焼き上げた パン粉がたっぷり〜。

マンマのトークショーでは私が通訳を担当!
彼女のワイナリーのエプロンをお揃いで付けて、楽しいショータイムでした。
最後にお料理の紹介です!
カポナータ チェリートマトを使ってさっぱりした味わい
鶏レバー・黒オリーブ・ジャガイモの煮込み
オリーブとジャガイモの相性が抜群でした〜
こちらは、ナスのパスタ 
たっぷりのトマトソースで煮込みました。

太刀魚のアグロドルチェ
甘酸っぱいテイストががとても人気がありました。

いかがでしょうか?
シチリアの料理は本当にシンプルですね。
素材を大切に仕上げる所は、日本の家庭料理に似ているところがありました。
リーナマンマ 次回はファミーリーが作ったワインと是非合わせたいな!!
シチリアへ食べに&飲みにうかがいますね・・・。
Grazie arivederci !

◆ラフォンテ公式サイト
http://www.lafonte-cs.com/
◆ブログ「ラフォンテの風」
http://lafonte.exblog.jp/
◆グルメブログ
http://lagurume.exblog.jp/
◆ラフォンテFacebookページはこちらから
https://www.facebook.com/LaFonteCookingStudio


# by la-fonte | 2014-10-29 15:07 | イタリア | Comments(0)