庭のオリーブ

11月に入りイタリアは今、オリーブの収穫時期を迎えています。そろそろ絞りたてのオリーブオイルが出回る頃ですね。
実は私はオリーブの淡いグリーンが大好きです。いつ見ても、そして長い間見ていても、厭きずに、心が落ち着くのです。
そんな癒しの色をいつも見ていたくて、自宅の庭にオリーブ木を植えて1年になります。
1m位の苗木、始めは育つか心配でした。でも、なんとか大地に根付いたようで、この夏辺りから元気に枝を広げ始めました。
そう言えば、先日、郊外にウオーキングに出た時、パテオ(中庭)に大きなオリーブのテラコッタが置いてある素敵なお宅を見つけました。枝が2階の窓まで伸びていました。
d0128354_18501512.jpg
その日はとても気持ちの良いお天気だったので、青空に向かって広がった枝にしばらく見とれてしまいました。ブルースカイに映えるグリーンオリーブ、なんだか南イタリアに思いを馳せていました。写真を撮らせて戴いたので、皆さんにもご紹介します。
下は自宅のオリーブです。
私の家のオリーブも、そのうち2階まで届くかしら??
植物にもきっと「人の心」が伝わるはず、
オリーブからたくさん癒しを戴いているのは私です。
愛情を込めて大切に育てたいと思います。
d0128354_18523591.jpg
# by la-fonte | 2007-11-18 19:13 | 最近。。。

ボージョレーヌボーの解禁日!

今日11月15日は第3木曜日、そうボージョレーヌボーの解禁日です。
「12時になったらいらっしゃい!」と今年は嬉しいご招待を戴き、12時の時報と共に始まったテイスティング会に参加してきました。フランスワインはあまり戴かないというか、知識の乏しい私ですが…..。今日は特別!! 1年に一度のお祭りですから~。
それにしても解禁日深夜のd0128354_1405412.jpgティスティング、こんな経験生まれて初めてです。
さすが、新酒、色は見とれてしまうような、美しい紫色。果実味がぎゅっと詰まっているフルーティーな飲み口。甘い香りを持つ、「ガメイ」という品種が使われているそうです。多少、酸味は強いけど、
2007年の出来は中々みたいですよ!
5種類程戴きましたが、印象に残ったのは、ミシェランの三ツ星レストラン「タイユバン」ブランドのヌーボー。
9000本しか作っていないそうです。(ブランドに弱い私??)
それと、ブルゴーニュ在住の日本人、中田さんという方が作った物、日本人の繊細な感性がワインに表現されているようでした。
ボージョレーヌボーは日付変更線の関係で日本は本場フランスより早く飲めるのは有名なお話….。今年は、パリの「タイユバン」のお客様より早くヌーボーを味わった私。
この秋は良いことあるかもネ!! 
皆さんも、「2007年のボージョレーヌーボー」楽しんでくださいね。
今日ご招待してくださったソムリエさんいわく、Kiriのクリームチーズが一番合うそうです。
# by la-fonte | 2007-11-15 01:44 | ワイン

最近のPrima Colazione(朝食)メニュー!

 一部ではちょっと有名な話ですが、私、朝にあまり強くないのです。
「先生って低血圧ですね!」と面と向かって言われたこともあります。
今日はそんな私を目覚めさせてくれる。最近お気に入りの「朝食メニュー」をご紹介します!それは、ヌッテラ&ゴルゴンゾーラをたっぷり乗せたフォカッチャです。それに、濃いカフェラッテがあれば完璧です。
ヌッテラはイタリアで人気のヘーゼルナッツのチョコレートペースト、ゴルゴンゾーラはイタリアのブルーチーズ。なんともミスマッチともいえる組み合せですが、ヌッテラの糖分とゴルゴンゾーラの塩分が私の体を芯から目覚めさせてくれるのです。
「味覚を疑う~!」なんて言わずに、だまされたと思って一度試してみてください!!
もしヌッテラに抵抗がある方は蜂蜜にしてみてください。
それと、ゴルゴンゾーラと柿もしくはラフランスも合いますよ。年代物のバルサミコをかければ、立派なアンティパスト(前菜)にもなります。
ゴルゴンゾーラは青カビが多い、ピカンテが私は好きです。
もしロックフォールなら、塩分が多いので少なめにして合わせてみてくださいね。 
d0128354_23503279.jpg
# by la-fonte | 2007-11-09 23:54 | 最近。。。

ローマでCarpisaに救われました!

 名古屋港イタリア村に日本で始めて出店したCarpisaはカメがシンボルのバックや小物のブランドです。イタリアの都市ならd0128354_21816.jpg結構ショップを見かけます。
私との出会いは2年前のローマでの「悲しい出来事」にさかのぼります。実はこの時、レストランで通訳に夢中になっていた隙に、置引きに遭いバックごと盗まれてしまったのです。一文なしの上にカードもなし…。カードを止めて、警察に被害届は出したのもの…..。手ぶらでローマを歩くってかなり惨めでしたよ~。せめてお財布とバックぐらいは買おうと友人にお金を借りて、入ったお店がスペイン階段近くのCarpisa でした。ウインドウの色とデザインに引かれたのです。
そして値段の安さに驚き!だって、ショルダーバックもお財布も10ユーロ(当時で1500円位)。しかもポケットが多くて機能性に感動!良い物に出逢うと心も明るくなるもので、「ローマでCarpisaに救われた!」って感じでした。ユーロ高もあって、イタリア村では3,000円~、それでも可愛くて軽いしお値打ちですよ。
この一件以来、私のお財布はず~っとCarpisaです。先日イタリア村で購入した物で3代目!お財布も新しくなったことだし、この秋、無駄遣いは慎しも~っと…..。
# by la-fonte | 2007-11-03 21:10 | 旅行

名古屋港イタリア村

 先日、名古屋の友人を訪ねた折、Villaggio italia(イタリア村)へ行ってきました。
いわいるテーマパークはあまり得意ではない私ですが、イタリアなら話は別だし、私の好きなブランドCarpisaが日本で唯一出店している所と聞いていたので、前から行ってみたかったのです。(もちろんお買い物もしました。この話は別の機会に...)
ベネチアがテーマとだけあって水路が張り巡らされ、ゴンドラにも乗ることが出来ます。ユラユラ揺られながらリストランテ・ピッツエリァ・ジェラッテリァが軒をつらねる街の景観は、しばし「水の都」に居る気持ちになります。
d0128354_16202252.jpg街を歩きながらジェラートを戴いたのですが、種類は少ないながらテイストは現地に近い物がありました。
ベネチアングラスのショップは中々の品揃えでしたが、私には手の届く値段ではありませんでした。(こういうとき現地の価格を知っていると購買意欲が湧かないんですよね。)
食材のマーケットは東京の百貨店並みかな~。
でもしばし、イタリアに行った気分になれるVillaggio italia、名古屋に行った折に立ち寄っても損はないかも....。
# by la-fonte | 2007-10-31 16:24 | 旅行