六本木の信濃屋さん 閉店 (:_;)

2月の最終週は春の様な暖かさでしたね~。
そして今日から3月、最近は薄手の春色のコートで出かける日も多くなりました。
こんなふうに、春の気配を感じると、「今年も別れそして旅立ちの季節が来るな?」と感じるのは私だけでしょうか?
で、私の最近一番、悲しかった出来事が「信濃屋六本木店の2月末日の閉店」でした。d0128354_23491463.jpg
信濃屋さんはラフォンテに近い六本木通りにあった酒屋さんで、フランス風の赤く丸いテントが目印でした。(写真上)
レッスン中に信濃屋さんで手に入るお勧めワインをご紹介した事も多かったので、立ち寄った生徒さんも多いのでは?
私は週1~2回は通っていました。
(どうも、この近辺の顧客ベスト30に入っていたようです。)
お店では、天井まで積み上げられた8段の棚が壮観でした。(写真下)下段には2000~3000円前後のワインが赤・白別に売り上げ順に並んでいて週ごとに見るのが楽しみでした。ランキングではワイン市場の動向が良くわかったし、何よりとても買いやすかったのです。
他にも珍しいチーズ・食材・お菓子が置いてあって、いつも本当にお店に行くのが楽しみでした。d0128354_23494534.jpg

 思えば信濃屋さんが開店したのが2007年の春。この3年間、お店が主催するワイン会に何度か参加させていただきましたし、2年前にはコラボで「イタリア料理とワインの会」をラフォンテで開催しました。
以前ブログでも何度か紹介させて頂きましたが、ワインと料理を合わせて行く勉強会というよりは、食事会の様なものでした。会は各月で5回ほど続いたので参加された方は懐かしく思い出していただけるのでは!?
毎回講師で来てくださった、当時店長さんのダニエルさん、とてもお世話になりました。本当に楽しいイベントでした。他にも、いつも無理なお願いを聞いてくれた副店長の平さん、流暢な英語の元気印の佐藤さん、モルトに詳しい林さん、配達の香取君、レジの可愛い川口さん。
スタッフの方々との思い出は尽きないです。
皆さんは、お店を移られたり、フランスに勉強に行かれたりそれぞれの道を歩まれるようです。
そう、別れの季節は旅立ちの季節でもあるのですね~。
とにかく今は信濃屋六本木店の皆さんへ、「3年間たくさんの思い出をありがとう!」と申し上げたい気持ちでいっぱいです。
ただ、信濃屋さんがなくなるのではなくて新橋店と合併だそうなので、今度はバスに乗ってお買い物に行きたいと思います。
by la-fonte | 2010-03-01 22:30 | 最近。。。
<< 冬の名残と春のケーキ 二月大歌舞伎 >>