ソノマその2

さて、いよいよカリフォルニア特産のジンファンデルのティスティングです。
この品種、昔から栽培されてきただけあって、樹齢130年という木もあるそうです。(写真は約100年)
この品種の特徴はプラム・ジャム・モカ・カカオと言った強くて印象的な香りをもち、味は凝縮間があります。なので、飲み続けるには少々重いこと覚悟!
しかも、アルコール度は14%位・・・
酔いが回ってくるとその強いテイストに麻痺してゆく感もあります。
でも実はジンファンデル、イタリアのプーリア州のプリミティーボと同品種なんです。
なのでヘビーながらも、南イタリア好きの私には懐かしい味がしてついつい飲みすぎました。
そう言えば、ソノマのワインやワイナリーの名前ががイタリア語が比較的多かったです。
プリミティーボと共に、イタリアから移民した方が多かった場所なのかしら??
 そして、本日、最後に訪れたワイナリーBELL(イタリア語で美しいの意)は洞窟がティスティングルームになっていて、上がブドウ畑。ヨーロッパでも見たことのないスタイルのワイナリーでした。お金かかってますね~(写真で様子がわかるでしょうか?)
{午前のピノノアール、午後のジンフォンデル、今日は少し疲れたので早めに休むことにしょうっと・・・明日はロスへ移動だし・・・}
とテイスティング直後は決めていたのですが、実は、イタリアンのフルコースだったんです。合わせたワインはナパのサンジョベーゼでした。(カルフォルニアでサンジョベーゼなんて珍しいでしょ!)
このお話はレッスンの時にでもお話しますので、お楽しみに!
では、またロスからご報告します~!!
d0128354_15532411.jpgd0128354_15534371.jpg
by la-fonte | 2010-04-29 15:54 | 旅行
<< ロスサンゼルス 便り1 ソノマ便りその1 >>