リビエラへ行きたい~!!

もう8月ですね~。
本格的な夏です!皆さんはどこか出かけられますか?
私は山派と言うよりは海派なので「富士山登山」なんて全く考えず、どちらかと言うと冷えた白ワイン片手にビーチでのんびり過ごしたいって感じです。
d0128354_15535518.jpgなので、この季節「行きたいな~」っと思うイタリアの場所は何と言っても「リグーリア州」なんです。別名リビエラと呼ばれ南仏から海岸線が続いているところです。
もちろんシチリア島もサルデニア島も良いのですが…どうしてだろう?
たぶんトスカーナからもピエモンテからも電車でも車でも2時間位なので、どちらに住んでいた時にも時々行ったからだと思います。親しみもあり、懐かしいって感じです!
そんなリビエラは海沿いに個性的な小さな村が点在していて、洗練されたとても魅力的な所なのです。
初めて行った街は「ポルトフィーノ」まるで「おとぎの国」のようでした!
今は世界遺産になった5つの村「チンクエテッレ」を徒歩で回った時の景色は感動の連続でした。写真は一昨年行った、ポルトベーネレの街です。
お料理はお魚が中心で、ハーブとオリーブオイル主体の軽いものが多くとても食べやすいです。
そう言えば、先日の上級コースはリグーリア料理でした。
アンティパストは「フォカッチャ」プリモピアットが「トロフィエのジェノベーゼ」セコンドが「カッポンマグロ」そして、ドルチェが「ヘーゼルナッツのムース」でしした。
その中でも今日、ご紹介したいのがトロフィエというリグーリア独特のパスタです。
ねじれた形がトロフィーに似ているからこの名前と言う事ですが、粉と水だけの生地を丸めて手の平で転がして作ります。
d0128354_15542857.jpg
イタリアで作った事もあったのですが、だいぶ遠ざかっていたのでレッスン前に秘密の特訓をしました!(あっ、ばらしちゃった!)
その甲斐あって、写真の通り形が取れるようになりました。トロフィエは素朴な味わいでジェノベーゼ他、トマトソースや魚の煮込みソースなんかにもピッタリです。乾燥パスタでも売っていますが、手作りで作るとより美味しさが増します。
今頃、リビエラの海岸は太陽が降り注ぎ、バカンスの人々で溢れているのだろうな~。
あ~行きたい!
でもすぐには行けないので、リビエラの海岸を思い浮かべながら、リグーリアのワインを探して手作りトロフィエを楽しむことにします。
by la-fonte | 2010-07-31 16:01 | お料理
<< イタリアの土鍋料理 エキスパートコースの1期が終わ... >>