マンマのレッスン

 9月30日の夕方、バルセロナを後にして、バスで1時間程のGironellaと言う村に向かいました。増渕トモ子さんが働く、エルカサレスへ行くためです。

このレストラン、ミシュランの一つ星のオーベルジュ。
若手のシェフはカタルーニャ地方でも有名人だそうです。
3年前に大阪のリッツホテルと、東京のホテルオークラで、バルセロナ観光局がイベントを行った時にも来日されているそうです。
お料理を頂くのが楽しみです。

d0128354_10103784.jpg 30日までは、お店がバカンス中ということで、シェフの実家でお母さんから、お料理のレッスンを受ける事になりました。
カタルーニャ風野菜の煮込み・鳥のロースト・クレーマカタラナを教えていただきました。
有名なシェフの味覚を育てた、マンマの味は素晴らしかったです。
カタルーニャ料理って本当にナチュラルで素材の味が生きているんです。
しっかり、教えて頂いたので、今度、ラフォンテで披露させて頂きますね~。


 そして、家族の方々皆さん、素晴らしい御人柄でした。
私達にこんなに良くしてくださるなんて、トモ子さんが、今までいかに仕事を頑張って来たかが良くわかりました。
食事が終わり、最後にとった、写真をお送りします。
d0128354_1011155.jpg
右から二番目がトモ子さん・私・シェフです。シェフの隣の隣がマンマです。
マンマは76歳だそうですが、今でも農業を営む大家族の食事を作り続けているそうです。
たくましいですね。

本当に楽しいレッスンでした~。
by la-fonte | 2010-10-02 10:12
<< 感動しっぱなしのエルスカサレス! バルセロナ最後の日 >>