キャンティーへ行ってきました!

d0128354_0651.jpg先週、久しぶりに飯倉のキャンティーへ行ってきました。
シックな内装・・・そして昔ながらの赤いチェックのテーブルクロス・・・
相変わらず、老舗の風格を感じました~。
今回はワインスクールの友人4人で行ったのですが、私がシチリアのドナフガータ ミレ エ ウナ ノッテ
 1995年を持ちこませて戴きました。
普通、持ち込みは難しいようなのですが、キャンティーの常連さんの計らいで実現しました。
このワイン、日本語にすると「千夜一夜物語」つまり「アラビアンナイト」というロマンチックな名前です。
アズーロ(青)のエチケットも素敵でしょう!
あれは、確か1998年ごろ、シラクーザの「イオニコ」と言う知人のレストランで分けて戴き、持って帰って来た物です。オーナのロベルトに「10年は大丈夫だから、2005年頃に飲みなさい!」と言われ、ラフォンテに保管しておいたのですが・・・気が付いたら15年以上たっていました。(時の流れは速いものです。)
d0128354_032431.jpgシチリアの土着品種のネロダヴォラを
90%使ったワインなのですが、世界的に評価も高い上、イタリアでもたくさんの賞を取っていて、いつ開けようか楽しみにしていました~。
しかも、当日ソムリエさんがデキャンタをして良い状態にしてくださいました。
色は濃いルビーレッド、香りは完熟したフルーツや花、高貴なヴァニラと言った感じ

フルボディの凝縮味と完璧な余韻が素晴らしかったと思います~。
写真のグリルとローストのお肉にピッタリでした~。美味しかったです!
それにしても、1995年秋にシチリアで作られたワインが・・・・・
2011年1月に東京で飲まれるなんて・・・・・   誰が想像したでしょうね~。
あのボトルの運命だったのかな?  とても不思議です。d0128354_04329.jpg

 さて、キャンティーと言えば、名物になっているワゴンで運ばれてくるアンティパストの数々、20種類位あるでしょうか?
私は迷ったあげく、「カリフラワーのムース」・「牛蒡とワカサギのバルサミコマリネ」・「レンコンのアリオオーリオ」を盛り合わせにして戴きました。
d0128354_042758.jpg

ちょっと地味な色合いなのですが~。食材の組み合わせに和食のテイストも感じられて、とても興味を持ったのです。
そこそこ、舌で覚えて来ました。
そして、次の日、再現してみました~。
それが下の写真です。
d0128354_044521.jpgカリフラワーのムースにはさっぱりと野菜のピクルスを添えました。
バルサミコは鯵も合うかなと思い~そちらに変えてみました。レンコンは白い色を生かして仕上げてみました~。
まあまあ、近い物が出来たかな?
今度皆さんに御紹介しますね~。
by la-fonte | 2011-01-27 22:30 | 最近。。。
<< もうすぐバレンタインですね! 牡蠣が美味しい季節です! >>