御心配をおかけしました!!

 それは、火曜日の夜の出来事でした。
なんと!レッスン中、私の大好きな片手鍋に、これまた私の大好きなジノリのスープ皿がすっぽりはまって取れなくなってしまったのです。
その時、洗い物を担当していた、仲良し生徒のHさんとSさんが声をそろえて
「先生!大変な事が・・・」と叫ぶのです。とシンクを覗いた瞬間、「え~、信じられない!」と心が叫んでおりました。
d0128354_0225791.jpgたぶん、何気なく二つを重ねた結果だったと思います。まあ、その時はあまり大変な事と思わず遣り過ごしたのですが・・・
まさか、今日まで、ハマったままでいる結果になろうとは!!!
もちろん、この5日間、色々な方に意見を聞いて、色々な事を試みました。
竹串や金串を差し込んだり、針金を入れて引っ張ったり、お水を入れて火にかけたり、冷蔵庫で一晩冷やして逆さまにしてお湯をかけたり・・・最後にはお皿の下まで、お水を入れて氷の膨張する力で取ろうと冷凍庫で凍らせたり・・そんな中、「先生!インターネットで調べたら!」と言う意見に調べてもみました。
「http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1779340.html」結構困っている人が居た事に励まされました。
d0128354_0234481.jpgでも、その知恵袋に書いてある事もあまり役に立ちませんでした。
まあ、ハマり方も十人十色って感じで、あくまでも人の体験談でしかなかった訳です。
この際、お皿を割ってお鍋を取るしかないのかな~まで思っていました。でも~、ラフォンテと共に歩んできた大切なお皿、それは出来ない!と葛藤していました。
 それで、何故、取れかなのですが・・・

本日午後、ミーティングのために来てくださった写真家の楠堂亜希さんの技勝ちでした。
彼女、「これは界面活性剤と振動よ!」っと言って、洗剤を入れて、お鍋の裏からハンマーで細かい振動を与え続けたのです。
(音も結構大きく、たぶん、近所迷惑だったと思います。)叩き始めて5分!
「やった~!!取れた!!」って事になった訳です。
d0128354_0271838.jpgもちろん、大好きなお鍋もお皿も無事でした。
楠堂さんありがとうございました。
3月4月に行う「美しい料理写真の撮り方」イベント、是非成功させましょう!
お皿の取り方だけでなく、写真もとてもセンスの良い方なので御期待ください!
かなり疲れたので、彼女の心和む野菜の写真を最後にお届けします。

それにしても、レッスン中に御相談に乗って戴いた方々、心配して電話やメールをくださった方々、本当にありがとうございました。
皆さんも洗い物の時、お鍋の中にお皿を入れる時はくれぐれも御注意ください!
by la-fonte | 2011-02-05 21:22 | 最近。。。
<< ヴァッレ ダ アオスタの料理 もうすぐバレンタインですね! >>