懐かしい声

 地震や原発関連のニュースはまだまだ予断を許さない状況ですね。
でも、暗くなっても居られない!何事も前向きに取り組まなければ・・・

 そう言えば、昨日の夕方、イタリアの知人から突然電話を戴きました。
彼女と話すのは、10年ぶり?位かしら・・・
92年に私がボローニャで生活をしていた頃、間借りしていたアパートの大家さん。
彼女はシングル、広~い2LDKのアパートに住んでいました。
その一部屋を私が借りいたのでした・・・。
もちろんキッチンもバスルームも一緒に使いました。
半年ほどお世話になりました。
私より10歳以上年上で、当時、高校の数学の先生だった彼女は私にとっても良くしてくれました。
生活を共にしても、多くを干渉するわけでもなく、自立した本当に素敵な女性でした。
彼女から教えてもらったお料理もたくさんあります!
あの頃はまだまだ小娘だった私。彼女は憧れの女性でした~。
そんな、彼女が日本まで私に電話をくれたのは今回が2回目、1回目は神戸の震災の時、そして今回の地震。
イタリアのテレビで流れる映像にとても不安になったのだと思います。
「元気で本当に良かった!」と何度も何度も繰り返していました。

こんな非常時ではあるけれど・・・
「長く会っていなくても、私を思っていてくれる人が居るのだな~」っと懐かしい声.、私はとても嬉しかったです。
私の人生でとても大切な出逢いを噛みしめた瞬間でした。

毎日のニュースに何が出来るだろう!と自問自答していますが・・・
とにかく、1日も早い復興と平和な日々が戻りますよう、祈りながら・・・
「ラフォンテはこれからも心と体が元気になるような美味しいイタリアンで皆さんに幸せを届けよう!」と決意を新たにしています。
by la-fonte | 2011-03-17 17:06
<< 自分に出来る事 東北地方太平洋沖地震 >>