イタリア研修 思い出深い街 クルマイユール

 ヴァッレ・ダオスタ州 モンブランノ南東の麓の街、クールマイユール。
モンブラントンネルを抜けるとシャモニーというフランスと国境の街。
この街は私にとって、思い出深い街のひとつなんです〜。
 まずは、1993年にトリノに留学をしていたとき、当時の仲間4人で勉強の合間に日帰旅行をした所。山の空気が日々の忙しさ&緊張感を癒してくれました〜。
d0128354_13471620.jpg
数時間の短い滞在でしたが、モンブランを臨む可愛い街並は深く心に刻またのでした。
d0128354_13471016.jpg
どこからも、アルプスの壮大な山々が臨めるお洒落な街。
d0128354_13470629.jpg
街は綺麗に整備されていて掃除も行き届き、とっても居心地が良い。
d0128354_13512336.jpg
この地方はチーズのバリエーションが多くお店を覗いているだけでも楽しい!
また、壮大な山に育まれているからか?どのお店の方々も皆とても親切。
次に訪れたのが、2005年、その時滞在したHotel Berthod のファミリー
と仲良くなり、それから時々情報を交換する様になった。
d0128354_13505885.jpg
オーナーのアレッシオとモイラ御夫婦。
日本に遊びにきた時私が御案内をしたご縁もあり、
時々連絡を取り合って居ました〜。
今回久しぶりに逢ったのに時の流れがなかったみたい!
d0128354_13505339.jpg
アレッシオのマンマ。80歳を過ぎた今も矍鑠としていて、とても可愛い〜。
以前はホテルの仕事をしていましたが、今は笑顔その存在だけでお客様も安心!
d0128354_13520194.jpeg
今回ファミリーから記念に頂いた、伝統工芸品のグロッラ。
家のリビングに飾ってクールマイユールを思い出しています。
「今度会えるのは、日本かしら?イタリアかしら?近いうちにまたね!!」
日本に戻ってから受け取ったモイラからのメッセージがとても嬉しかった。

by la-fonte | 2014-04-28 14:12 | 旅行
<< ホワイトアスパラ(I aspa... イタリア研修 番外編 セリエA観戦 >>