私の名前のピッツェリァ

今夜、友達と以前から気になっていたお店に行って来ました。
ラフォンテから徒歩2分にある、「ピザカヤ」というお店です。
そう、なんと私の名前が付いたピッツェリァなのです。(*_*)
d0128354_051696.jpg開店は1996年だそうなので、ラフォンテ開校時にはもうあったお店です。
六本木通りに面していて、存在は知っていたし、何度、前を通ったかわからないのですが….
カリフォルニアンピザということで、デリバリーピザのイメージもあったし、ビルの2階で入りづらく12年目にして今日が初めてでした!
実は、行く切っ掛けとなったのは、ラフォンテにポスティングしてあったチラシ。
そこにあった、<ピザカヤ>の歴史を読んで、興味をそそられたのです。
どうも、創業者のブレンダン マフィー氏が東京のピザを食べ歩いても美味しいと思うピザ屋さんがみつからず、「きっと自分で美味しいピザが作れる」と思い、長いピザ作りの経験を生かして開店をしたのだとか…。彼がアメリカに帰国した後も、スタッフが味と伝統を引き継いでいるのだそうです。
お店は、雰囲気といい音楽といい、アメリカっぽく、お客さんの半分は外人さん、それも若者、皆、
「ちょっと立ち寄りました!」って感じでした。
お店のスタッフは全て外人さんで、ネイティブな英語で会話をしていました。
(もちろん日本語は通じますよ~!!)
d0128354_0515113.jpgメニューはというと、前菜にバッフォアローチキン・ガーリックポテト・トルティーア等 アメリカンにメキシカン、ピザはベジタリアンと肉類に分かれていました。
私達はハーフ&ハーフを頼みました。(下の写真)
ちょっと見かけはヘビーな感じでしたが、さすがに創業者の思いが込められた、長く続いているお店だけあって、ピザ生地は香ばしくて美味しかったです。
食べながら、なんだか、学生の頃によく行ったシェーキーズやピザハットの味を思い出していました。!(^^)!
イタリアンの薄い生地のピザも良いけれど、たまには食べ応えのあるアメリカンピザも良いかも~です。
値段は、お腹一杯食べて飲んで、3000円位、あと、15~20歳若かったら??通っていたかもしれません~。
皆さんも、アメリカンな若者気分になりたかったら、一度行ってみてください~。o(^-^)o
by la-fonte | 2009-02-21 11:20 | お料理
<< JAグループ「食と農のかけ橋」... スカイデッキで心はスペインへ >>