2010年 03月 31日 ( 1 )

40年間 お疲れさまでした!

 本日、2010年3月31日をもって、私の両親のお店が閉店しました。
川越市役所の前にある、街の食堂という感じの小さなお店でしたが、中々の趣のある建物でひそかな人気の繁盛店でした。
特に評判だったのが、麻婆豆腐で辛さも適度な「優しいおふくろの味」と言う感じ、私が大好きだった味噌ラーメンは白みそ・赤みそにバターを練りこんだ濃厚な仕上がりでした。d0128354_2372934.jpg
(写真の上がニラレバ炒め・麻婆豆腐 下の写真が味噌ラーメンです。)
どちらも、両親が工夫を重ねて作り上げた味で、私の味覚を育ててくれた料理なのかもしれません。
お店が開店したのは1970年3月。
ですから、私がまだ幼い頃です。
父はいわゆる脱サラ組で、根っからの商人ではなかったので、手伝っていた母はとても大変だったと思います。
私が小学校の頃は、お店を始めて間もなくでしたから、彼らはお店を軌道に乗せるべく、必死に働いていました。春も夏もまとまった休みを取らなかったので、両親と長期旅行をした覚えはありません。
私がイタリア留学中は是非とも遊びに来て欲しかったのですが、「貧乏暇なし!」っと言って一度も来る事が出来ませんでした。
川越も今でこそ、日帰り観光で注目されていますが、以前はかなり静かな街。
そんな中で、市役所の役食のように大損もせず大儲けもせず、コツコツと正直にやってきたお店でした。
以前は昼夜の営業で忙しくしていましたが、子供達が独立した後は、ランチタイムのみのマイペース営業になりました。
そんな折、お店d0128354_2381333.jpgが都市計画地に当たり取り壊す事になった事に合わせて、年齢も考えて暖簾を降ろす事を決めたようです。
思い出一杯の昭和の建物がなくなるのはとても寂しい気持ちです。
お店も両親も40年間本当にお疲れさまでした!

ラフォンテは開校して、今年で13年目、両親のお店の半分にも満たないわけですね。
「目指せ40年!」とはいかないまでも、ふたりを見習って私もこれから頑張って行こうと思います。
両親にはこれからは、ゆっくりと第二の人生を楽しんでもらいたいです。
近年中にでも、両親のためにイタリアツアーを組まないといけないですね~。
by la-fonte | 2010-03-31 22:05 | 最近。。。